〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 地球幸福度指数、ベトナムは世界第5位へ

地球幸福度指数、ベトナムはアジア最高位の140か国中5

 

 英シンクタンクのニューエコノミクス財団)が先日発表した「地球幸福度指数(Happy Planet Index=HPI)」2016年版によると、ベトナムは世界140か国・地域中5位で、アジアで最高位となりました。

 

 HPIは、◇平均寿命、◇生活の満足度、◇収入の不平等、◇環境への負荷(エコロジカル・フットプリント)の4つの要素に基づいて算出したものです。

 

 ベトナムのHPIは40.3ポイントで、平均寿命が75.5歳、生活の満足度が5.5ポイント、収入の不平等が19%、環境への負荷が1.7gha/人。日本は28.3ポイントで58位でした。日本の平均寿命は83.2歳、生活の満足度は6.0ポイント、収入の不平等は9%、環境への負荷は5.0gha/人。

 

ghaは、グローバル・ヘクタールのことで、地球の生態系のリソースについて、生産量・消費量を表す単位。標準的な生産力を持つ地表1ヘクタールが生み出すリソースに当たるものです。

 

 同ランキングのトップ10は、◇1位:コスタリカ、◇2位:メキシコ、◇3位:コロンビア、◇4位:バヌアツ、◇5位:ベトナム、◇6位:パナマ、◇7位:ニカラグア、◇8位:バングラデシュ、◇9位:タイ、◇10位:エクアドルの順。

 

 ワースト10は、省きました。それにしても、かつて上位にいたブータンはどうしたのでしょうか。

 

 私たちが支援してきたベトナムが地球幸福度で最上位のグループに入ったことはたいへんうれしいことには違いありません。しかし、この数字には、合点がいきません。最底辺の人たちを長年見てきた私たちには、この順位は????というクエッションマーク以外の何物でもありません。

        

  精神障害をもった娘さんの面倒を見るディン・ティ・ビンさん(ニンビン省で)

      

 世界は今、戦後70年にして最悪の人道危機を迎えています。難民・国内避難民は6000万人をゆうに超えています。イギリス6410万 イタリア5980万の総人口にも匹敵します。 また、自然災害で被災される人は、毎年2億人を超えます。
 

自然災害や戦争や紛争で被害に遭った人が、本当の意味で、苦難や危機から回復する過程で必要なのは「カネ」や「モノ」だけではありません。「激励」「対話」がいかに、大ききな影響を与えるかを、身を持って感じるのです。

 

 

 私たちの支援ツアーは、8月17日からです。

 

    愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 19:04 | category: 管理者の徒然日記 |
# ベトナム・ジャングル・サガ:米軍の空爆を逃れて41年

アメリカ軍の空爆を逃れて

 

41年暮らしていた父と息子

 

自分の村を壊滅させたアメリカ軍の殺りく爆撃を生き抜き、「ベトナム戦争はまだ終わっていない。人間の住居の近くにいることは安全ではない」と判断し、ジャングルの中に40年以上身を隠していたベトナム人親子2人が2013年に見つかったが、このほど、一応のリハビリを終えて文明社会に戻って来た。その記事を見つけたので、翻訳してアップすることにした。(出典:RTニュース)

 

2013年に見つかった「ターザン」たちは、地元メディアによれば、父親のホー・ヴァン・タインさん(現在85歳)と息子ホー・ヴァン・ランさん(現在44才)だ。40年以上の間、彼らはベトナムのクアンガイ省のタイ・チャー地区の遠隔地で隠遁者として生きてきた。

       

父は、北ベトナム軍に従軍した。1972年に、アメリカ空軍が自分の村を爆撃し、ホー・ヴァン・タインさんの妻と子供たち2人を含む村人全員が死亡した。 ホー・ヴァン・タインさんは、生き残った2才の息子とジャングルへ逃げる決心をした。以来 41年間一度も、彼らを見た者はいなかった。

 

ジャングルに逃げてからの40年間、彼らはジャングルに入ってきた人々を避けて、木で作った地上5メートルの小屋に住んでいた。そして、腰巻をつけ、必要な道具を作り、未開の森で採取できるもの、摘めるもの、狩猟できるものは何でも食べた。

 

最終的には、彼らは、馬糧徴発隊員によって発見され、「ジャングル男」について当局に報告された。 遠い親類が見つかり、彼らを文明社会に戻るよう説得してきた。

       

だが、最初は、戦争がまだ進行中だと信じていて、彼らは森から出ることを拒否した。しかし、年齢が判明し、結局、ホー・ヴァン・タインさんには治療が必要と判断されたため、父と息子はジャングルを後にせざるを得なくなった。

 

その後3年の間、彼らは村に住み、文明社会への適応に努力した。

       

彼らの話は、去年の11月、香港のDocastaway旅行社常務アルヴァーロ・セレソ氏の注目を引き、アジアの無人地域へのツアーが実現した。

 

セレソ氏は、なんとか息子のホー・ヴァン・ランさんを説得して、親子が完全な隔離生活の中でどのようにして長い期間生きることができたかを知りたくて、彼のクルーとジャングルに戻ってもらうことに成功した。

 

息子は、「自分と父がターザン生活を送っていたわけではない」と言った。 彼らはとうもろこし、カッサバを栽培して、火は、一日24時間、365日絶やさないようにしたという。

 

実際、親子が森で見つけたものはほとんど消費したので、隠遁者2人の食生活はとても変化に富んでいた。 そこで栽培していた植物や果物の大半は、食べられるものだった。(おわり)

 

記事はここで終っています。この話は、まさにベトナム版 横井正一さんであり、小野田寛朗(ひろお)さんですね。

元日本兵で戦争終結から28年もの間、グアムで生活していた横井庄一さん

戦争が続いていると信じ、フィリピン・ルバング島で30年間任務を続けた元陸軍少尉小野田 寛朗(おのだ ひろお)さん

 

息子のヴァン・ランさんの結婚などどうなるんでしょうか。

平和で落ち着いた普通の生活がおくられれば・・と祈らざるをえませんね。

 

    愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:36 | category: 管理者の徒然日記 |
# 今日は七夕 一人の日本人が間もなく宇宙に向かいます!

今日は、七夕。きょう、また一人、日本人が宇宙に向かいます。大西卓哉さんです。

       

これまで多くの宇宙飛行士が、宇宙の独特な匂いについて語っています。

 

宇宙飛行士のトニー・アントネッリ氏によると「宇宙は何とも違う匂いがする」のだそうです。そして、宇宙飛行士のドナルド・ベティ氏も、仲間の飛行士が船外活動を終えて船内に戻ってきたとき、宇宙服から独特の甘い匂いを感じるといいます。

 

宇宙飛行士のドン・ペティット氏は

「匂いを言葉で表現するのはすごく難しいけど、甘い金属の匂いかな。重機を溶接で修理していた大学生の夏を思いだす匂いだよ。それが、宇宙の匂いなんだ」と語っています。

 

NASAの研究者によると、“溶接”と感じる金属的な匂いは、イオンのエネルギー振動によるものだろうとのこと。

そして、“甘い匂い”の正体とは、なんとラズベリーやラム酒の匂いと同じ化合物だというのです。

 

ラズベリーの香りがする!

 

研究者たちは、天の川銀河の中心に「ギ酸エチル」と呼ばれる化合物の存在を見つけました。ギ酸エチルは、ラズベリーやパイナップルから発せられる甘い果実臭。ギ酸エチルは別の化合物と合わさることでラムのような深い香りも発します。

 

チキン料理やステーキのような匂いを感じる人も

 

「この匂いを表現するのは大変難しいが、チキン料理の匂い?一言で表現するなら、甘い金属の匂い。それを嗅ぐことはむしろ心地よく、大学時代、重機を修理する為に、アーク溶接した時のことを思い出した。金属の匂いなんだけどフルーティーな甘い香りもする。それが宇宙の香りなんだ。」

 

その宇宙の匂いは、宇宙服のスーツ、ヘルメット、手袋、そして機材すべてに染みつく。これらの匂いは、真空の近い宇宙空間の中の原子酸素であると考えられる。原子酸素は粘着性の粒子で、それは、焼いたステーキや、あるいは熱せられた金属や、溶接の際に出る煙のような強烈な香りを持つ。

 

NASAは宇宙の香りを地上で再現しようとしているようですが、はやく匂いをかいでみたいですね。

 

大西卓哉さんたち3人の宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船(47S/MS-01)の打ち上げが、七夕である7月7日の午前10時36分(日本時間)、カザフスタン・バイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーション(ISS)へ向かい、第48/49次長期滞在クルーとして約4か月間ISSに滞在します。

 

大西さんは、どんな香りを感じるでしょうか。

 

    愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:22 | category: 管理者の徒然日記 |
# 愛のベトナム支援隊ニュース

支援隊ニュース

 

今年も、愛のベトナム支援隊は、8月17日からベトナム北部・中部の2市・4省で、支援活動を行います。

今年の奨学金贈呈は30名。

        

奨学金証書も一新しました。左下に、蓮の花奨学金を表す蓮の花を配しました。

 

そして、今年は、仙台在住で創作活動をされている詩人・岩崎 航さんの詩を、ご承諾を頂いて、奨学金証書に使わせていただきました。岩崎 航さんは、100%の介護がないと生活ができません。

 

そういう状態の中で、詩を詠まれています。蓮の花奨学生にも、元気を出してもらおうと、ご協力を頂いたのです。

 

また、岩崎 航さんのお兄さんの健一さんも、絵筆がもてなくなってから始めたパソコンで絵を描く創作活動をされていますが、御父上が10枚の絵を写真にして送ってきてくださいました。

いずれも素晴らしい絵です。

一部を焼き増しして、ベトナムの奨学生に贈るとともに、参加者にも記念としてお配りしようと思っています。

 

岩崎さんが出版された本「点滴ボール 生き抜くという旗印」の前書きのベトナム語訳も終わりました。

そして、詩のベトナム語訳も、同じ若い訳者にお願いをし、いま、奨学金証書をしあげつつあるところです。

 

ところが、驚いたことに、翻訳料をうけていただけないのです。

「これで、アルバイトをするわけにはいきません」

純真な気持ちには頭が下がりますが、しかし、一方で、ひとさまの犠牲の上に、私たちは安住してはいけません。困っていますが、いずれは受け取って頂こうと考えています。ベトナムには、こういう方がいらっしゃるんです。すごい国です。学ばなくてはいけません。

 

    愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 19:59 | category: 管理者の徒然日記 |
# 居眠り運転のトラック横転

居眠り運転のトラック横転

 

荷台から蜂の大群が逃げ出す

 

 南中部沿岸地方クアンガイ省トゥーギア郡を通過する国道1号線で6月21日午前4時頃、生きた蜂の入った木箱270箱を載せたトラックが中央分離帯に衝突して横転し、荷台から蜂の大群が逃げ出す事故が起きた。

       

 運転手は、南中部高原地方ザライ省から北中部地方トゥアティエン・フエ省まで蜂を輸送する途中、居眠り運転をして事故を起こした。運転手は手足に軽傷を負ったが、

事故発生時は早朝で交通量が少なかったため、幸い通行人に負傷者は出なかった。

 

 木箱には1箱当たり約9000匹の蜂が入っていた。事故により、多数の箱が道路に散乱し、壊れた箱から数千匹の蜂が逃げ出したほか、蜂蜜や燃料が路上に流れ出した。散乱した箱を片付けていた作業員や通行人の中には、逃げ出した蜂に刺された人もいるという。

 

ベトナムを走っていますと、こういう横転事故に結構出くわします。ほんとうに、気をつけないといけません。ツアー中も油断はできません。

 

    愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:32 | category: 管理者の徒然日記 |
# 日陰での信号待ちは違反行為

日陰での信号待ちは違反行為

 

       

 上の写真をみてください。

なぜ、空間があるか?

それは、日陰で信号待ちをしているからです。

 

しかし、これは、ベトナムでは交通違反となり、罰金の対象になります。オーストラリアではこんなに極端な例はないですが、日陰の信号待ちをする運転手は、結構います。

ただ、写真の例は、かなり集団違反になるのでしょうね。

 

 道路交通に関する行政処罰を定めた政令第171号/2013/ND-CPに代わる政令第46号/2016/ND-CP(8月1日施行)の公布をきっかけに、「日陰での信号待ち」は違反だということが改めて指摘されている。

 

 猛暑が続く中、強い日差しを避けるためバイクや自動車の運転手が信号待ちの間に指定場所(路面を横切る白線)ではなく日陰に停車する様子がしばしば見られる。しかしこの行為は違反で、バイクの場合10万〜20万VND(約469〜939円)、自動車の場合60万〜80万VND(約2800〜3760円)の罰金が科される。新政令でも旧規定と同じ罰金額を適用している。

 

 日陰で信号待ちをする行為は、他の車両の通行を妨げ、交通事故を引き起こす可能性がある。交通警察がこの行為を発見した場合、運転手は罰金を科されるため、注意する必要がある。

 

     愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:30 | category: 管理者の徒然日記 |
# 少ないベトナムの観光広告宣伝費

少なすぎる外国での越観光広告宣伝費

 米経済誌フォーブス(Forbes)によると、ベトナムの観光業は外国人に対する広告宣伝費が驚くほど少ないために、周辺諸国に比べ発展スピードが遅くなっている。東南アジア諸国で外国人観光客が多いのはタイ、シンガポール、マレーシアの3か国だが、彼らは外国での広告宣伝に大量の資金を投じている。

       

 ベトナム観光総局の観光促進予算は年間わずか200万USD(約2億0800万円)で、タイの2.9%、シンガポールの2.5%、マレーシアの1.9%にすぎない。これでは外国のメディアで常に広告宣伝を打つことはできず、競争に勝てない。

 観光業はベトナムの主要産業で、世界銀行から2016〜2020年に同国の経済成長に重要な貢献をする産業とのお墨付きを得ている。過去5年間の観光業の成長率は年平均+6.5%で、今後も成長すると見込まれている。

 ただし同じ期間にタイは+12%、シンガポールは+10%、ラオスに至っては+15%成長している。フォーブスは、ベトナムが外国で観光の広告宣伝をより積極的に行わなければ、周辺諸国との差は拡大すると指摘している。

        愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:28 | category: 管理者の徒然日記 |
# ベトナムの「父の愛 / Tình Cha」という歌

父の日を祝ってくれることもなく?寂しく通り過ぎましたが、ベトナムの「父の愛 / Tình

Cha」という歌をご紹介します。

この曲の作詞作曲は、1970年、ハイフォン生まれのゴック・ソンという歌手です。

 

父の愛は太陽のようにあたたかい

 

愛は太陽のようにあたたかい
 
水源に漂う水のように甘く優しい
 
子供のために困難を乗り越えた一生
 
恩情はどこまでも深い
 
父さん!年老いた愛する父さん
 
 
 
過ぎさりし月日をいつまでも覚えている
 
いつの年の思い出も心の中で薄らぎがたい
 
父のそばにいた幼少の頃を懐かしく思い出す
 
昼も夜も苦労して面倒を見て
 
子供たちが大きく賢くなりますようにと願う
 
 
寒い夜長のあの日々をまだ覚えている
 
父さんは寝そべり長い時間僕を抱いて温めた
 
優しく僕を抱いて、父さんはこう言った
 
「愛する子よ!覚えておきなさい。
 
父さんの言葉を覚えて、誠の人となりなさい。
 
息子よ、決して嘘をついたり騙してはいけない。
 
貧しくても清く、赤貧でも気高く」
 
 
昔父さんが言った言葉
 
僕は心に深く刻む
 
父さん!年老いた愛する父さん
 
 
セリフが入ります)


(愛する父さん
 
父の功はタイソン山の如く
 
母の儀は湧き出す水の如し
 
僕は飢えて凍えた月日をいつまでも覚えている
 
父が僕を大きく育ててくれた

 
雨の寒い夜
 
父さんは愛しい手で僕を温めてくれた
 
父さんが僕にたくさんのことを教えてくれた
 
今僕は、大きくなった
 
父の愛、母の義
 
一生忘れることはない)

 

雨の日の父の日・・・雨足の音を聞きながら・・・何事もなく一日が終わりました。母の日と比べると、なんと大きな差。

でも、もくもくと、ベトナムツアーの準備をしていました。

 

         愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 04:43 | category: 管理者の徒然日記 |
# 杉良太郎氏「日越特別大使」に

杉良太郎氏「日越特別大使」に

                                    

 

 日本の外務省は、俳優で歌手の杉良太郎氏に対し、同氏の過去約11年間に及ぶ日ベトナム特別大使などとしての活動と功績を評価して、日ベトナム友好親善のための広報業務を引き続き委嘱することを決定した。岸田文雄外務大臣は16日、杉氏に委嘱状を交付した。

 

 杉氏は日ベトナム特別大使として、ベトナムの孤児院や盲学校の慰問などの活動を通じて両国の草の根レベルでの友好親善に貢献している。また、アジア国際子ども映画祭などの文化交流事業を通じて日ベトナム両国民の相互理解及び友好親善に寄与してきた。

 

 特に2015年は、ベトナム国営テレビ(VTV)が放映した日ベトナム文化交流番組に協力し、日本の文化や技術をベトナム国民に広く紹介した。今回の再委嘱により、杉氏が引き続き両国国民間の交流の活性化に貢献していくことが期待される。

 

 なお、杉氏は外務省の委嘱により、2005年5月25日から2008年3月31日まで「日ベトナム親善大使」を、2008年4月1日から2016年3月31日まで「日ベトナム特別大使」としての広報業務を務めている。(vietjoより引用)

 

 

++++

私たち「愛のベトナム支援隊」も、一人一人が「日越特別大使」の精神で支援を続けていきたい。

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 13:15 | category: 管理者の徒然日記 |
# 4月21日は「ベトナム読書の日」
4月21日は「ベトナム読書の日」

4月21日は「ベトナム読書の日」これ合わせて、ハノイ市にあるトンニャット公園で読書の日に合わせて、読書に関するイベントが開催されました。
        
 今回のイベントは、「書籍と生活」をテーマとして、情報通信省が開催するもの。出版社など計87社が百万冊を展示・販売するほか、作家との交流や新作の紹介など数々の催しが企画されました。

 また、ホーチミン市1区グエンヴァンビン通りには、1月に書店専門街「本通り」がオープンしました。

 教育訓練省のファム・マイン・フン次官によると、ベトナム人の1年間の読書数は平均4冊で、うち教科書が2.8冊、他の書籍が1.2冊だという。

 教育訓練省のファム・マイン・フン次官によると、ベトナム人の1年間の読書数は平均4冊で、うち教科書が2.8冊、他の書籍が1.2冊だという。ユネスコによると日本人の識字率は91パーセント。一人、年間46冊もの本を読む計算になり、これは世界一といわれ、また漫画の読書数も世界一でしたが。でも、活字離れは著しいです。イスラエルやフランス、などの先進国の年間読書数は平均20冊で、周辺諸国ではシンガポールが14冊、マレーシアが10冊とされています。

 ベトナム人の活字離れが進んでいるため、グエン・タン・ズン前首相が、在任中に2014年、人材育成や道徳教育における読書の重要性についての認識を高め、国民に読書を奨励すべく、毎年4月21日を「ベトナム読書の日」とすることを決定をしました。(Vietjoから引用)

私たちも、学校に図書を寄付したいと考えていますが、なにせ図書館というものがほとんどなく、寄贈本の保存が校内で確保できない状態です。地方では鍵のかかる教室が少ないですので、本の贈呈を躊躇しています。
 
          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>
| comments(0) | - | 09:59 | category: 管理者の徒然日記 |
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links