〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 2017愛べト支援ツアー24 クアンガイ・ダナン24

昨日のアクセスは116でした。ありがとうございました。

 

8月16日 ダナン7

 

5人すべての奨学生への奨学金贈呈終わりました。

ライン副会長(写真下・左端)にうながされて、5人一人一人が、一言ずつ、挨拶をしてくれました。ダナン市枯れ葉剤被害者協会のこの配慮はありがたいです。

    

奨学生の情報を正確に把握するために、録音をとりました。ボイスレコーダーから、文字に起こしましたので、それをご紹介します。

    

 

1.アン君

   

「今年も奨学金を下さり、大変うれしく思っています。私は、この夏新しいアルバイトを見つけることが出来ました。一応、ある程度稼げるようになりました。

 

アルバイトはバイクで、物を運ぶしごとで、私たちはシクロと呼んでいます。私は、週に2〜3回お菓子を運んでいます。父は、いま御爺さんの面倒をみていますので、こちらに来れませんでした」

 

どの家も、それぞれ問題をかかえていますね。

 

2.クオック君は結局話さず、一緒に付いてきたお姉さんが話しました。

   

「家族を代表して、奨学金に対して、皆様に感謝の気持ちを申し上げます。弟のクオックは、発音はなかなか大変です。喉の所で音が詰まってしまっているようです。言いだすことがとても難しくて、学校ではあまり勉強できなくて、友だちもいないし、いじめられています。学校で話すことができず、家に帰ってからはずっと泣いています。

 

こういう状態が続くと弟もとても苦しいですから、(学校をやめて)おじいさんと一緒に、パンの作り方を勉強しています。学校では、先生に呼ばれて、テストを受けます。でも、声を出して、答えられないんです。発音ができないので、学校での勉強は、無理ではないかと思います。

 

今までずっとご支援下さり、本当に感謝しています。弟は、いま、仕事の勉強をしていますので、家族も応援したいと思います。一つの仕事をきめて、そのための勉強が出来ればいいのではないかと思っています。

 

彼は、いま、バインミーというフランスパンを作る勉強をしています。仕事は楽しいそうです。」

学校での勉強と、パン作りとどちらがたのしいか、私は聞きました。その答えには、驚きました。「学校の勉強の方が楽しいです」と答えました。小さい声で答えました。「学校の勉強は後回しにして、パン作りに励みましょう。パンを作っている限りは、いじめる人はいませんね」と質問しました。「いない」と、答えました。パン作りを頑張るようにと、私は激励しました。

 

3.トゥオン君

  

「今年も奨学金を頂いて、本当にうれしく思っています。いま、自分の生活にも、とても大きな励みになっています。」

この人の話も、手紙も、いつも短いです。でも、明るいです。早く収入が安定するといいなと、いつも思います。

 

4.リーさん

  

「今年も、私と、また私と同じ状況にある友達と一緒に奨学金をうけとり、とても嬉しいです。毎日学校で勉強していて、時々身体が痛くなったり、呼吸が苦しくなったりします。

 

母は、ずっと膝が痛み、最近病院にいって、膝の骨が老化していることがわかりましたので、これから1か月くらい薬を飲んで、それでよくならなければ、手から血をとって、膝に注入しなければならないそうです。

 

父の方は、まだ身体が痛みが続いていて、特に季節の変り目はひどいようです。

弟のムンは、元気です。この間、弟は、高校入学試験で25点満点で、40点とりました。(よくわからないですが、いろいろと優先順位の点を加味した点数だろうといいます)よく頑張ったと思います。私は、試験を受けずに、自動的に高校進学ができました。弟と同じ高校に進みます」

 

5.ヅエンさん

  

「今年も奨学金を頂いて、本当に感謝しています。この奨学金で、勉強や生活面で、いろいろと使うことが出来ます。

 

私はこの夏休みは、次兄のギアが退院しましたので、家で面倒をみました。でも姉のヅンが交通事故に遭い、腰の骨も折ました。お腹に空気がたまりましたので、肛門を外に出さなくてはならない状態です。

 

父も、もともとの病気(癲癇)が再発して、この夏は大変でした。いまは、大部、落ち着いています。

 

長兄のトアンは、もう2年半ほど入院中ですので、母はほとんど病院に詰めっきりです。それで姉のヅンが事故で入院しましたので、母は、長兄のトアンのところと、姉のヅンのところを行ったり来たりしています。」

成績の表彰状を持ってきてくれました。この懇談会を開かなければ、私たちは見ることのなかったものです。わざわざ、見せるためにもってきたのです。

 

私は、「今が一番大変な時かもしれないけど、歯を食いしばって、大学を目指してください。そして、次の手紙にお姉さんのことも書いてきて下さい」とお願いしました。

 

一番最後に、このヅエンさんのお母さん(チャン・ティ・ホア)が立ちあがって、涙ながらにお礼の言葉を述べました。

 

「毎年毎年皆様から奨学金を頂いており、本当にありがとうございます。今年は、娘のヅンの交通事故もあり、我が家にとっても大変でした。今年も、贈呈式に参加できて、感動しています。私たちだけではなくて、同じような状況にある他の4人にもご支援くださり、ほんとうにありがとうございます。言葉に表せないほどの気持ちをもっていることを、ここでお伝えしたいと思います。」

 

私からは、「ありがとうございました。私たちは、奨学生が書いてくれた手紙の情報を理解して、少しでも多くの支援をしたいと考えています。お米もその一環です」とお返事しました。

 

最後に、5キロ入りのお米を一人二袋ずつ贈呈して、お別れしました。

  

 

       愛のベトナム支援隊

           Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:56 | category: 愛のベトナム支援隊ツアー |
# 2017愛べト支援ツアー23 クアンガイ・ダナン23

昨日のアクセスは,、なんと・・なんと・・446でした。ありがとうございました。

すごいご訪問をいただきました。大型バス9台で、ご来場くださった感じです。

お茶も出さずに失礼しました。

 

8月16日 ダナン6

    

今日は、ダナンの蓮の花奨学生最後の一人、ドー・ドゥック・クオック君への奨学金贈呈です。

        

     蓮

        ドー  ドゥック   クォック

            ĐỖ   ĐỨC     QUỐC

 

        愛のベトナム支援隊は、ダナン市VAVAヒエン

       会長のご推薦で、クオック君に、奨学金20万

       VNDとお米を贈呈します。

 

       どんなことがっても、心は負けてはならない。

       あきらめてはならない。どんなに悔しくとも、

       朗らかに頭を上げて前を向くことだ。

 

  201年8月10日

     愛のベトナム支援隊

    奨学金寄贈者: 相 沢 暢 子

     立 会 人   北 村   元

      

      

以下は、8月16日に、ダナンでクオック君から受け取った手紙です。

   

アイザワ・ノブコ サマ 愛のベトナム支援隊の皆様

 

私はド・ドック・クオックです。今回の手紙を通じて、ぜひ皆さんに一言お話ししたいことがあります。

 

私は障害者の学生です。父無し子の二人の兄弟です。支援隊のご援助をいただき、私は学校に行くことができました。しかし、今年の学年で退学することを決心し、皆さんのご期待を応じることができなくなりました。

 

理由は私が普通の発音をすることが出来ないので、先生は私の話をちゃんと聞けません。そして、そのことで友達にいじめられて、友達がいません。ですから、悲しくて、退学することを決めました。

 

今、おじさんと一緒に暮らして、バインミー(パン)の販売を手伝っています。本当に申し訳ございません。お許しください。

 

実は自分が決定した退学を後悔しています。舌と喉の障害を治したいです。これを治せば、綺麗な発音が出来て、また学校に行けて、阻止江、卒業すれば良い仕事を見つけたいと思います。

 

ですから、またチャンスがあれば、その機会を捕まえて頑張りたいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

敬具

         ドー・ドゥック・クオック ĐỖ   ĐỨC     QUỐC

 

【北村から】

 

後悔をしている文面を読んで、自分の決定に忸怩たる思いがあったことがうかがえます。

奨学金を贈呈する前に、ダナン市枯れ葉剤被害者協会のライン副会長から、退学のことを聞きました。

一瞬、奨学金を渡すべきか、止める辞めるべきか躊躇しました。しかし、渡すべきだと、即断しました。

 

二つの問題があると思います。

彼が入っているのは、特殊学級です。一つは学校側に問題があると言えます。話しにくいという障害を持っているがゆえに、特殊学校に入ったわけです。話が聞きにくいからという理由で、おそらく学校・先生が適切に対応しきれていないのではないでしょうか。ここで受け入れられなければ、学校を辞めるか、他にいくか・・・他に行く場合なら、どこがあるのか。恐らく無いでしょう。先生の側に、話を聞いてあげる意思があったのかどうか。

そもそも、「発声」というのは、喉、声帯だけの問題ではありません。身体全体を使って声を出していることに、先生が留意すべきです。こういう生徒を迎えたら、聞く方も「全身で聞く」くらいの努力をしてほしいと、私はお願いしたいです。

 

そして、もう一つ。この問題は、組織としての一協会では解決できないでしょう。ならば、行政が主導して、対応すべき領域とおもいます。そしてさらには、社会的包摂へ広げていくべき問題ではないでしょうか。

文面を読むと、学ぶ意思は十分に残っています。しかし、父親が不明であるという点で、すでに家族関係の崩壊が見られること,クオック君自身も不十分な教育しかうけていません,これらの条件が揃えば、やがては社会から排除される人々の中にいれられてしまいます。

 

こういう問題は、またいつか、論じたいと思います。

 

ここで、5人すべての奨学生に奨学金を贈りました。

ライン会長にうながされて、5人一人一人が、一言ずつ、挨拶をしてくれました。これは明日、お届けします。

 

       愛のベトナム支援隊

       Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:07 | category: 愛のベトナム支援隊ツアー |
# 2017愛べト支援ツアー22 クアンガイ・ダナン22

昨日のアクセスは168でした。ありがとうございました。

 

8月16日 ダナン5

 

今日は、ダナンの短期大学で学ぶアン君です。生まれつき左目が失明状態でした。オーストラリアのお医者さんが手術をしてくれましたが、視力の回復は不可能でした。とても、残念でした。家は、VAVAが新築してくれました。お母さんは、レストランで働いています。

そういう状況の中で、いま。短期大学で、電子通信を学んでいます。

   

 

        

     

         ダ ン  ホ ン  ア ン

             Đng  Hng  Ân 君

 

   愛のベトナム支援隊は、ダナンVAVA

   ヒエン会長の推薦で、奨学280万VND

    とお米を贈呈します。

 

     きのうの自分より きょうの自分

    きょうの自分より あすの自分を見よ―

    そうやって生きぬく「向上の人」こそ、

    偉大なる人生の山を登り切れる人です。

    アン君 着実に一歩一歩山を登りましょう!

 

         201年8月10日

        愛のベトナム支援隊

           奨学金寄贈者:  山 本 邦 子

        立  会  人 :  生 田 目 学 文

   

8月16日にダナンで受け取ったアン君の手紙です。

 

ヤマモト ・クニコ(YAMAMOTO Kuniko)

 キタムラ・ハジメ

 愛のベトナム支援隊の皆様

 

私はダン・ホン・アンです。まず、山本さん、北村さん、そして愛のベトナム支援隊の皆さんに挨拶いたします。

 

現在、私と家族は元気です。今、ダナンテクノロジー短期大学の電子通信専攻で勉強しています。アルバイトもしています。そんな高い給料ではありませんが、生活費をちょっと補足することができます。

 

支援隊のご援助は本当にありがたくと思っています。

 

そろそろ新学期が始まりますので、良い成績がとれますように頑張ります。

 

感謝の気持ちを表すためにどんな言葉を使っていいかわかりませんが、本当にありがとうございます。

 

山本さん、北村さん、そして愛のベトナム支援隊の皆さんのご健康をお祈り申し上げます。

 

ダナン、2017年8月15日

ダン・ホン・アン(DANG HONG AN

 

お手紙ありがとうございました。8月16日にお手紙を受け取って、その場で読んで話ができるといいなと思うのですが、なかなか当日は忙しくて、来年は、頑張ってみます。

アン君の笑顔が見たいので、勉強を頑張ってください。

 

       愛のベトナム支援隊

       Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:32 | category: 愛のベトナム支援隊ツアー |
# 2017愛べト支援ツアー21 クアンガイ・ダナン21

昨日のアクセスは120でした。ありがとうございました。

 

8月16日 ダナン4

 

今日は、今年高校生になったリーちゃん(吉田玲子さんのご支援)への奨学金贈呈です。小学校への就学が遅れたリーちゃんは、今年弟と揃って高校に入学しました。

   

         

        蓮

          ン  ティ  リー

            Nguyễn  Thị  Lý ちゃん

 

      愛のベトナム支援隊は、ダナン市VAVA

      ヒエン会長の推薦で、奨学金180万VND

        とお米を贈ります。 

 

      こんなにすばらしい私!

        私には私にしか使えない宝がある/

        その宝をどんどん発見しよう!/

        その宝をどんどん伸ばそう!/

        そしてその宝を友のために/使える人になろう!

        リーちゃんは宝だ 宝の山だ!

      

      201年8月10日

     愛のベトナム支援隊

      奨学金寄贈者 :吉田 玲子

         立  人 :  北 村   元

    

 

       

 

8月16日に受け取ったNguyen Thi Lyさんからの手紙

       

 ホア・クゥイ(居住地の名前です) 2017年8月14日

 敬愛するおじさん、おばさん、

 

 時間はあっという間に過ぎますね。去年の奨学金を受け取ってから、皆さんにお会いするのは久しぶりですね。

 

 まず、皆さんにご挨拶したいと思います。最近は、お元気ですか?お仕事は順調ですか?

 

 私の家族ですが、変わりませんが、私は疲れた時には呼吸しづらくなります。父親の体調ですが、前も言いましたが、天気が変わると、父親は痛くなり、歩けなくなります。弟は元気です。

 

皆さんはもうご存知だと思いますが、父親は何年間もずっと身体が痛いですから、母親は苦労して、家族の生計を担当します。しかし、この間、母親は「退行性膝関節」にかかって、病院で治療していました。母親の負担はもっと重くなります。お医者さんは「1ヶ月ぐらい、薬を飲んで良くならなければ、手の血を取って、膝に入れないといけません」と言いました。父親も身体が痛いですが、今度母親の身体までも痛いということを考えたら、私はとても悲しくて、泣きたくなります。母親は痛いですが、仕事を頑張って、私たちを学校に行かせるために苦労しています。

 

 ちなみに、私たちから良いお知らせがあります。私たちの兄弟は高校の入学試験に合格しました。弟は40点で合格できて、私は試験無しで、直接入学できました。学校は1年前にできましたが、とても広く、快適です。学校の先生は生徒たちのことをいつも心配してくれます。とても楽しいです。

 

 皆さんのご援助をいつも感謝します。支援隊の奨学金のおかげで、学校に行けます。皆さんとスポンサーの皆さんのご期待を裏切らないように、勉強を頑張ります。近いうちにまた皆さんに会いたいです。

 

 最後に、皆さんのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。私と同じな状況の学生さんに助けてあげてください。

 本当にいつもありがとうございます。

 皆さんのお返事をお待ちしております。

 

 皆さんの子ども・ グエン・ティ・リー(NGUYEN THI LY)

 

お母さんの膝の病気が早くなおってほしいですね。お母さんは、一家のために、働きすぎているかもしれませんね。御大事に。

 

 退行性骨関節症  

関節の軟部骨組織と周囲の組織に変性が起こり、疼痛、関節のこわばり、機能障害を生じる慢性疾患です。 
変形性関節症は関節疾患の中で最も多い病気で、70歳までのあらゆる年齢の人に発症します。40
歳未満では、けがが原因で女性よりも男性に多く発症し、40〜70歳では男性よりも女性に多く発症します。70歳以降では発症による男女差はなくなります。 

 

【治療】

適度な運動(ストレッチ、筋肉の強化、姿勢訓練など)によって軟骨組織を健康な状態に維持し、関節可動域を広げて周囲の筋肉を鍛えると、関節が外部からの衝撃を吸収できるようになります。痛みがひどいときは関節を休ませるべきですが、何も運動をしないと変形性関節症は改善するどころかより悪化する傾向があります。 


患部の関節とその周囲のマッサージを行う(訓練を受けた理学療法士に実施してもらうことが望ましい)。 温熱パッドや温かいおしぼりを患部の関節にあてる。 適正体重を維持する(関節に過剰な負荷をかけない)。

 

       愛のベトナム支援隊

       Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:38 | category: 愛のベトナム支援隊ツアー |
# 2017愛べト支援ツアー20 クアンガイ・ダナン20

昨日のアクセスは167でした。

 

8月16日 ダナン市3

 

今日は、ファン・ミン・トゥオン君への労働奨学金です。

   

     蓮

           ファン   ミ ン  トゥオン

                   PHAN MINH THƯƠNG

 

   愛のベトナム支援隊は、ダナンVAVAヒエン

   会長の推薦で、トゥオン君に、職業訓練特別奨学

   金として230万VNDとお米を贈呈します。

    

障がい者のことを『チャレンジド

(Challenged)』と言いますが、私はこの言葉が

大好きです。

チャレンジドとは、自由を奪われた存在ではなく、むしろ

挑戦するチャンスを与えられた、選ばれた人という意が

込められています。
私たちは、トゥオン君のような障がいの方に寄り添い励まし

続けながら、日々、勇気と希望を送っています。

 

  2017年8月10日

     愛のベトナム支援隊

      奨学金寄贈者:小田 昭六・ヤイ

       立 会 人 : 生田目 学文

   

   

   

8月16日に受け取ったトゥオン君の手紙です。いつも短いです。

   

ファン・ミン・トゥオン(Phan Minh Thuong

 

 山本 邦子(YAMAMOTO Kuniko)様

 キタムラ(KITAMURA)様

 私はファン・ミン・トゥオンです。まず、山本さん、北村さん、そして愛のベトナム支援隊の皆さんに挨拶いたします。

 

最近、体調が良くないので、仕事も時々休みました。今、母親を手伝ったり、家で電化製品を修理したりしています。

山本さん、支援隊のご援助には本当にお礼を申し上げます。

もっと働いて、良い生活を送れるように頑張ります。

 

 最後に、もう一度、山本さん、支援隊のご援助に感謝いたします。

 

 ダナン、2017年8月16日

 THUONG(トゥオン)

   

彼のような障害者を、まだベトナム社会が受け入れていないと思います。何年か前に、彼は高校を中退しました。携帯で電話や電気製品の修理で食べていくといってもなかなか、仕事がきません。

 

高校時代も、学校の先生、クラスメートがもっと彼を温かく受け入れれば、卒業までいたと思います。学校前の坂を、大変な思いをして上り下りしながら、毎日登下校していたのですから。「僕の二歩が、彼らの一歩でした」と、ある時、私に話しています。

 

ベトナム経済は良くなったといっても、それが裾野まで広がったわけではありません。障害者のところまでその影響が及ぶ

ことはあるのでしょうか。むしろ、広がる格差社会の影響の方が、はるかに速く押し寄せてきているようにみえます。

 

彼は、高校で、経済的理由でおちこぼれをしたくはなかったろうと、思うのです。以前、東北学院大学名誉教授の

野崎明先生(現:宮城女子学院大学現代ビジネス学部)が仰っていたように、枯れ葉剤被害者のみならず、障害者に対する「社会的包摂」という大きな課題に行政が取り組み始めることがきわ重要だと思います。

今、労働奨学金として、私たちは、支援しています。

 

こういう社会の状況をどう思われますか?

 

       愛のベトナム支援隊

       Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:17 | category: 愛のベトナム支援隊ツアー |
# 2017愛べト支援ツアー19 クアンガイ・ダナン19

昨日のアクセスは、ちょうど230でした。

たくさん人が寄ってきてくださいます。ありがとうございました。

 

8月16日 ダナン市2

 

今日も暑い! 南国の太陽は少しも容赦なく照り付け、直射日光を避けるように、足早に協会の入っているビルに駆け込みました。

建物がきれいになっているのに、気づきました。一年来ないと、大きく変わるベトナム。進化の速さは、さすがベトナムです。

      

場所が分からないので、通訳のリンさんが、それともう場所をノックすると、若い女性が出てきて、「ここじゃないっ!」と吐き捨てるようにドアをピシャ。

オーこわっ! もっと親切でもいいんじゃないか・・リンさんが気の毒でした。

 

探し当てた場所に入りました。

おなじみの奨学生が5人、待っていました。保護者の方も待っていました。

    

この日、ヒエン会長は所用で、不在でした。

ライン副会長が待っていました。

 

日本からの学生が来ないので、こじんまりとした部屋が用意されていました。

 

いざ始めようとしたら、バサッと音がし、奨学金贈呈式と書かれたビニールのバナーがはがれそうになりました。

一番背の高いアン君と長身の通訳のリンさんが、うまく取り付けてくれました。

    

    

 

固い挨拶は抜きにして、最初は、緊張をほぐすために、近況を尋ねることから始めました。

  

  

  

 

そして、奨学金贈呈式は、家族的雰囲気で行いました。最初は、ラ・ティ・ミー・ヅエンさんです。

 

 

       

     蓮

        ラ  ティ    カム     ヅエン

         La Th Cm Duyênさん

 

       愛のベトナム支援隊は、ダナン市VA

       VAヒエン会長の推薦で、ヅエンさん

       に奨学金230万VNDとお米を贈ります。

       

       ユニセフの調査によれば、世界の子供の9人に1

              人が世界の紛争地域で生活しています。こんなに

       悲しいことはありません。

              子どもの笑顔が輝く世界を断じて作っていきましょう。

              ヅエンさんも、私たちに協力してください。

 

    201年8月10日

      愛のベトナム支援隊

       奨学金寄贈者:小田 昭六・ヤイ

      立  会  人 :  北 村   元

 

  

 

     

ダナンは、毎年、奨学金の贈呈の前に、手紙をくれます。ですから、ダナンだけが一年に3回の田神をいただくことになります。手紙が多い分だけ、奨学生の家のことや学校のことがわかります。

 

ことしも、8月16日に頂きましたので、この機会に、あまり遅れることなく手紙を掲載したいと思います。

でヅエンさんの家の悲しことがかかれています。

     

 

 La Th Cm Duyênより。

ダナン、2017年8月15日

小田昭六さま ヤイさま ベトナム支援隊の皆様、

 

 時間が経つのは本当にあっという間ですね。度々に皆さんに尋ねる手紙を書くことができず、申し訳ございません。来年(17年―18年)の学年は私にとって高校の最後の学年で、人生の大事な岐路です。今年の全学年の成績は可でしたが、来学期には成績のための勉強はしません。卒業試験と大学入学試験に向ける科目に集中したいと思います。

 

私の夢は医学を専攻出きる勉強をして、患者のために奉仕する看護師になることです。ですから、夏休みには塾にも行ってきました。今年のベトナムの夏はとても熱かったですよ。日本の夏は寒いですか?暑いですか? どうしても、皆さんはぜひお体にお気をつけてほしいです。実は私の家族にはいろいろなことがあったので、皆さんに気をつけていただきたいです。

 

私の二人の兄を覚えていすか?長兄 トアンは変らずにまだ入院中ですが、次兄のギアの体調が悪くなってきています。私は家族の負担を軽くするために、通学しながら、病院で長兄トアンの面倒を見て、次兄ギアの面倒も見ています。母親は元気ですが、気分はかなり落ち込んできます。

 

最近の何ヶ月の間に、私の家族はたくさんの恐ろしいことに遭ってしまいました。父親はやけどを負ってしまいましたが、癲癇が再発してしまい、重症の病室に1週間入院しました。そして、何年間母親代わりに家族の面倒を見ている姉も交通事故に遭って、まだ動けません。お医者さんは背骨が折れて、腰部にひびが入っているといいました。しかも、お腹で液体が出ていたので、まず肛門を出して、お腹の救急手術をしました。骨の方はまだ手術できません。3ヶ月後に再検査をして、肛門の位置を戻す手術も必要です。

 

母親は姉の面倒を見なければならないので、負担は重くなります。母に何も手伝えることがないとわかっているので、勉強とギア兄の面倒を頑張ります。

 

皆さんに報告したい嬉しいニュースは一つもなくて、大変すみません。ですが、今の私の家族は本当に嬉しいことなど一切ありません。家族が今の困難を早く乗り越えられるようにと私は願い、皆さんも素敵な日々を送りますようにと祈っています。

 

まだ話したいことがありますが、時間がありません。もう一度申し上げますが、皆さんこそはどうぞお元気でお過ごしてください。

                              皆さんの子供

                              La Thi Cam Duyen

 

       愛のベトナム支援隊

       Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:23 | category: 愛のベトナム支援隊ツアー |
# 2017愛べト支援ツアー18 クアンガイ・ダナン18

昨日のアクセスは、209でした。ありがとうございました。

 

8月16日 ダナン市 1

 

今日から、ダナンに移ります。一つ問題が起きています。

どうやって解決するか・・・知恵を絞らなければなりません。

    

この日の朝のダナンは、すごい朝焼け。

    

天気が悪いのかと思いましたが、少なくとも昼過ぎまでは快晴で、高温多湿でした。

 

朝食をたべてから、出発です。ダナン市の枯れ葉剤被害者協会まで車で15分。こういうツアーで8時過ぎに出れば十分なので、比較的のんびりとした朝でした。

 

      愛のベトナム支援隊

      Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 12:42 | category: 愛のベトナム支援隊ツアー |
# 2017愛べト支援ツアー17 クアンガイ・ダナン17

驚き! 驚異! 昨日のアクセスは、何と343でした。

古い歌詞ですが、ラッキー カム カム です。

 

8月15日 ダナン市

 

ダナンに戻り、ホテルにチェックインしました。

生田目先生は、お客さんとのミーテイングで、私は、通訳のリンさんと、夕食のために街に出ました。

    

   

竜の頭が海を眺めるドラゴン橋の素晴らしい眺めを楽しみました。このドラゴン橋はダナン市の新しいシンボルです。遠くに目をやると、他にもたくさんの橋が見えますね。その中に若いカップルたちが付けた南京錠でいっぱいのラブ ブリッジ(Love Bridge)があります。

暮れなずむ夕方からは、ハン川とその周辺はイルミネーションでとても、まぶしくなります。

   

昼間は、バイクによるダナン食べ歩きツワーなども出てきました。

夕食が入らないほど食べられるようです。飽食の時代に入っているようです。

 

ダナンは、すばらしい変貌を遂げています。ベトナムで一番住みたい都市になっているそうです。その評価は、わかります。

 

しかし、明日は、私たちのダナンの蓮の花奨学生は、私たちが奨学金を贈っているグループの中で一番障害の重い人たちです。

ダイオキシンにまみれたダナン空港の北端も近いです。

明るい街並みの中に、そういう人たちが埋もれているのです。

   

明日もがんばります。あしたも頑張ろう!

 

いつもは、生田目先生に写真を撮っていただいていますが、今日だけは、私のカメラで撮りました。

 

       愛のベトナム支援隊

      Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:59 | category: - |
# 2017愛べト支援ツアー16 クアンガイ・ダナン16

8月15日 クアンガイ市 奨学金贈呈式後の懇談会 下

 

昨年、闘病生活を続ける仙台の詩人、岩崎航さんの五行詩を、御許可を頂いて、蓮の花奨学金証書に使わせていただきました。全員で29名に、別々の詩を証書に載せました。今、東京大学大学院にいる、トゥイ・リンさんに訳していただきました。それは、すでに昨年、御報告の通りです。

 

年齢のこともありますが、大学生が一番多かったクアンガイ省の蓮の花奨学生7名がお便りの中で、航さんの詩を真正面から受けてくださり、取り上げてくださいました。クアンガイ省にいる蓮の花奨学生は全員で9名ですが、一人が小学生ですので、理解できそうな詩を選びましたが、少々難しかったかもしれません。

結局8名の大学生のうち、7名が詩に対する自分の考えを書いてくれました。その内容は、昨年のブログでご紹介しましたとおり、なかなか素晴らしい内容でした。

 

今までで、本当に珍しいことです。それだけ、航さんの詩と翻訳が見事にコラボして学生さんを動かしたということです。

 

詩にインパクトがあったのです。詩が、奨学生の心の琴線にふれたのだと思います。

 

そのお手紙に対して、兄で画家の健一さん、弟で詩人の航さんに代わって、お父さんの岩崎武宏さまが、奨学生の心にお応えになり、真心あふれる返信を書いてくださいました。

 

この8月に、そのお手紙を携えて、私はクアンガイ市に行きました。

そして、奨学金贈呈式が終わった後の懇談会で、7名一人一人に丁寧に認められたお手紙を代読し、リンさんの通訳で、お伝えしました。

 

ここで、このブログで最長の長さになりますが、ほんの一部ずつ、画家の岩崎健一さん、詩人の航(わたる)さんのおとうさん岩崎武宏さんの7人の奨学生への返信を、ごく一部ずつご紹介します。

 

++++

  1. キムフォックさんへのお返事

     

    キムフォックさん、こんにちは。私はパソコンで花の絵を書いている岩崎健一と行行詩を書いている詩人、岩崎航の兄弟の父親、岩崎武弘と申します。この度は、フォックさんから、子どもたちの絵と詩についての素晴らし感想のお手紙を頂き、ありがとうございました。

     

    まずフォックさんは、ヒマワリの絵をご覧になって、フォックさんは、ヒマワリはいつも太陽の方に向かっている。岩崎さんも、いつも、「生きる」方に向かっている、その強い希望に感動しましたと仰ってくださいました。命に係わる人は、フォックさんのように、すべからく人の生命は、常に生きようとしているという根本的な認識をもち、そこの生命の尊厳と希望を漢字らえる人であってほしいと私は思っています。

        

        いろりの火も燠火ですね。

     

    また、フォックさんは、航(わたる)の詩、

    誰もがある

    命の奥底の燠火は

    吹き消せない

    消えたと思うのは

    心の錯覚

     

    で、「心にある残り火は絶対消えないということですね」と仰り、「私は力をもらったように感じました」と感想を述べてくださいました。以下略

     

  2. グエン・ティ・ホン・トットさん宛

    こんにちは、私は、詩人、岩崎 航の父で、岩崎武弘と申します。

    航のことをお手紙に書いてくださってありがとう。

    トットさんは、フエの農林大学で学んでいらっしゃるのですね。

    北村さまが紹介してくださったベトナムの農学博士のことば・・「土に親しむ人は信用が出きる」は、素晴らしい言葉だと私は思いました。

        

    なぜでしょうか。

    私は一緒懸命に考えました。土は農産物を喜んでくれますね。私は農業のことはよくわかりませんが、農業の基本は土づくりだと聞いたことがあります。手をかけて愛情を注いで作った肥沃な農土からは、豊かな農作物が収穫できます。土は、人がかけてくれた労苦に応えてくれます。そして、土に親しみ、土を大切にする人間もまた、人の信頼や恩を裏切らない。だから信用が出きる、私はそんな風に考えました。

     

    (中略)

    私はトットさんもまた、素晴らしい忍耐の人、意思強気糸で絵あると思っています。それはあなたが学んでいらっしゃる空手道のゆえでしょうか。

     

    私が一番感心したのは、あなたが真実の勝利とは、他人に勝つことではなく、自分に勝つことだと知っていらっしゃることでした。

     

    (中略)

     

    どうか、お身体を大切に、一所憲明勉強に励んで、叡智の利剣を磨き、力をつけて、世のため人のために尽くす立派な人材に成長されますことを祈っています。

     

     

  3. グエン・ティ・カム・ヴァンさん宛

    てこんにちは。私は、詩人、岩崎 航の父で岩崎武弘と申します。

    この度は、航の人生の生き方について、率直な感想を寄せて頂き、ありがとうございました。

    カムヴァンさンが引用された「成功の道には、怠ける人の足跡がつかない・・」には、ほんとうにその通りだと思いました。

        

    航の人生の生き方から、将来どんな困難があっても諦めない、転んだらまた立ち上がりたいと決意してくださったことを、とても嬉しく思います。

     

    カム・ヴァンさん・・どうか前期の決意を大切にして、素晴らしい人生を勝ち開いて行って下さるように祈っています。

     

  4. グエン・ティ・キム・サーさん宛

    グエン・ティ・キム・サーさん、こんにちは。私は、パソコンで絵を描く岩崎健一の父で、岩崎武弘と申します。

     

    キム・サーさんが寄せてくださったお手紙の中で、「希望は、財政銀行を専攻したい」とありました。そして愛のベトナム支援隊があなたを支援して下さったように、今度は自分が一所懸命勉強して成功し、自分のように困っている人を助けていきたいと、決意を述べられていました。

        

    これは大変素晴らしいことです。日本では困っている自分を助けてくれた恩人の思いをしっかり受け止め、立派に成長し力をつけて、今度は自分が困っている人を助けていく・・・そういう行為を報恩と言います。恩返しとも言います。

     

    恩を知り、恩に徹する、報ずることは、人間の最も崇高な行為であると言われます。キム・サーさんの決意は、人として最も尊いことで、深く感動いたしました。

    キム・サーさんが健一のことを困難の壁に向かって立つ人・・と言い、身ならタイトまで仰ってくださったことを健一はとても喜んでいました。(以下略)

     

  5. ファン・ティ・タイン・トゥイさん宛

     

    ファン・ティ・タイン・トゥイさん こんにちは、私は、詩人岩崎 航の父で、岩崎武宏と申します。

    トゥイさんが下さったお手紙を、航と一緒に読みました。あなたが18歳の頃に、航と同じように、追い詰められて苦しく、自分などいない方がよいといった悲観的な考え方に囚われていたことを知って、大変に驚きました。

     

    しかし、あなたも航と同じように、自分を否定する考え方の誘惑に負けませんでしたね。それは、自分にしかできない使命があることを知ったからなのですね。

    (中略)

     

    障害者だから不幸なのではありません。私もあなたの下に障害を持ち、うまれてきた。だからこそ、綴れるたくさんの物語・・と詩に読んでいます。

        

    障害を持っているからこそ、見えてくるものがあるのではないでしょうか。それは当たり前と思うことが、実は当たり前ではないということに対する気づきであり、そこに芽生える深い感謝の心ではないかと、私は思っています。トゥイさんの言葉で、改めて、そのことを大切に思いを致すことが出来ました。ありがとう。(後略)

     

  6. マン・チエウさん宛

     

    こんにちは。私は、詩人・岩崎航の父で、岩崎武宏と申します。

    チエウさんが息子の航のことを、「ですから、岩崎さんは生きている証しの旗を風邪になびかせている人」と、「旗をなびかせために、その風を起こしながら」と、延べて下さったことに感動致しました。これは、もう、これは名文です。

        

    確かに旗は風がなければ、なびきません。だらっと垂れ下がったままです。しかsも、その旗をなびかせる風は、他人によって起こされたものでもなく、自ら起こした風なのだという風に、チエウさんは気づかれたのです。

    (中略)

    あなたの勝利と、ご家族の幸せを日本から祈っております。

    ご両親を御大事に。妹さん、弟さんを大切に。

     

  7. ミー・ハインさん宛

    私は、詩人・岩崎 航の父、岩崎武宏と申します。

    この度は、息子・航に対して、真心のお手紙を下さり、ありがとうございました。

    あなたの手紙を航といっしょに読みながら、私は涙があふれて止まりませんでした。

     

    あなたが航の生き方にここまで深く感動して下さった背景には、あなたの大切な弟・ヒエウ君の存在があったのですね。よくぞここまで書いてくださいましたね。

     

    生まれた時から、自分では何ひとつ出来ず、生きることのすべてに介助を必要としてこられたヒエウ君。突然起きる痙攣。自分で痛みを感じているのかさえ分からず、食後にはたくさんの薬をのまなければならないヒエウ君。

        

    この世のすべての不幸を背負っているのではないかと、弟を可愛そうに思い、心を痛めるミー・ハインさん。

    あなたの気持ちは、私にも痛いほど真っ直ぐに伝わってまいります。

    (中略)

    ミー・ハインさんの長い人生の途中では、まだまだ困難や試練に遭遇することがあるかもしれません。もう、これ以上は無理だ、がんばれないと思うことがあるかもしれません。しかし、そんな時でも、あなたの命の奥底には、決して消えることのない希望の光が種火のように輝いていることを忘れないでください。

    これさえ忘れなければ、どんな困難も乗り越えて行けます。

    そして、最後の勝利の女神が、ミー・ハインさんに微笑んでくれることは間違いありません。

     

    最後に、ミー・ハインさんと弟のヒエウ君、そしてあなたのご両親の幸せを遠く日本よりお祈りしています。

++++

 

そして、お手紙のオリジナルを7人全員にお渡ししました。

     

「そうだ、もっと頑張ろう」という気が湧いてきたと思います。皆さんは、真剣に聞いてくれました。とても、大事な支援だったと思います。

勝てる心を作ろう、闘っている人の気持ちをわかろう、自分の壁を破るには? 平和の心を学ぼう・・・そういう種が植えられたと思います。

 

かつてない有意義な懇談会になりました。

 

最後に、皆で、記念写真をとり、再会を訳しました。

もう、来年は卒業する学生さんもいます。

   

 

写真は、7名の大学生と、最前列は小学生の奨学生、一番右端は、女子大生の代理で来られたお父さん、あとは、VAVAの役員の方、そして生田目先生です。

 

もう一度、ニューちゃんとご両親。

      

 

残されたスイカ・・・と・・・・ランブータン・・・

   

私たちは、この後、一路ダナンを目指して、車を飛ばしました。

 

写真提供:東北福祉大学教授 生田目 学文さん

 

        愛のベトナム支援隊

       Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 16:34 | category: 愛のベトナム支援隊ツアー |
# 2017愛べト支援ツアー15 クアンガイ・ダナン15

昨日のアクセスは193でした。

昨日は、どういう方が見てくださったのだろう。新しい方がみてくださったのだろうか。

朝、数字を見る時に、考えを巡らせます。

毎日変化する数字を楽しみにしています。

 

8月15日 クアンガイ市 奨学金贈呈後の懇談会 上

 

懇談会が始まります。大げさなものではありません。一年に一回しかあえない数少ないチャンスを生かして、私たちの考えを伝えるためのものであり、様子をきくためのものです。

 

蓮の花奨学生の中では、一番若い小3のニューちゃんは、お父さんが足も不自由ですから、帰ってもいいですよ・・とお母さんに言いましたら、残るといってくれましたので、最後までお付き合い願うことにしました。

    

お姉さんとは10歳くらい違います。短大に入っていましたが、入学して3か月ほどで、中退しました。理由は、大学の授業料の支払いも含めて家計が厳しく、また、お母さんが病気を発症したこともあって、長女のタオさんは、工場勤めを始めました。

 

お父さんとお母さんと一緒に3人で会場まで来てくれましたので、着席していただいて記念写真を撮りました。

     

 

次は、クアンガイ省の蓮の花奨学生、キム・フォックさんの表彰です。「頑張ります」と口でいうことは簡単ですが、実際ほんとうにがんばっても目に見える成績をあげることは、誰しもが大変苦労をします。

地元の看護短期大学で「優」を取ったキムフォックさんを、表彰することになり、表彰状と金一封をさしあげました。

        

    蓮

       ドアン ティ キム フォック  

   Đoàn Th Kim Phướcさん

 

あなたは、2016-2017年で、Đng Thùy Trâm

看護短期大学において「優」の成績を獲得しま

した。多くの蓮の花奨学生に模範の成績を収め

ましたので、ここに表彰状と金一封を贈り、表彰

いたします。

 

親孝行することは、時として照れくさいものです。

しかし、どんな人も笑顔になる猖睨,梁り物瓩

あります。それは「ありがとう」の言葉です。こ

表彰状にアリガトウの言葉を添えて、お母さんに

見せてください。卒業まで全力で走りましょう。

 

 2017年8月10日

       愛のベトナム支援隊             

    立  会  人 

         北  村   元(愛のベトナム支援隊責任者)

     生田目 学文(東北福祉大学教授)

         Nguyn Th Thùy Linh(東京大学大学院留学生)

 

短期大学名の「ダン・トゥイー・チャム」は、ハノイ医科大学を卒業の女医さんの名前です。1942年11月26日ハノイに5人姉弟の長女として生まれる。1966年ハノイ医科大学卒業。眼科を専攻する。その後すぐに、自らベトナム戦争に志願し、クアンガイ省に向かい、傷病兵を助けるかたわら、地元の人に教育を施した若き女医でした。

 

一所懸命勉強して、11968年9月27日共産党に入党します。

 

その2年後の1970年6月22日、アメリカ兵の、確か、アメリカルという軍団に、クアンガイ省の山中で射殺されてしまいました。享年27歳。若かすぎる死ですね。持っていた携帯ラジオの音が、アメリ兵に察知され、背後から撃たれた聞きました。

 

亡くなった彼女の名前を付けた短期大学が、ゆかりの地クアンガイ省にできました。

キムフォックさんは、そこで学んでいます。

 

写真提供:東北福祉大学教授 生田目 学文さん

 

       愛のベトナム支援隊

       Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:47 | category: 愛のベトナム支援隊ツアー |
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links