〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 22年も行方不明の女性が記憶喪失状態で発見

22年も行方不明の女性が

 

記憶喪失状態で発見

 

中国に売り飛ばされた可能性も

 

2019/07/05 13:58 JST配信

 

 メコンデルタ地方バクリエウ省ドンハイ郡ロンディエンドン村で22年前に行方不明になったグエン・キム・ホンさん(女性・当時21歳)が、中国に隣接する東北部地方ランソン省で家族と涙の再会を果たした。ホンさんは43歳になっていた。
      
 ホンさんは以前結婚していたが、1年後に離婚。経済的に余裕がなかったため、1997年にメコンデルタ地方カントー市へ出稼ぎに行って以降、家族と連絡が取れず行方不明になっていた。

 家族は奔走して彼女の行方を調べたが、長い月日をかけても、なんの手掛かりもつかめなかったことから、生存の可能性を諦め、忌日を定めて毎年供養を続けていた。今年4月に始まった国勢調査を機に、地元当局にホンさんの死亡届を出したばかりだった。

 22年も行方不明で、死亡したとばかり思われていたホンさんだったが、6月30日に中国国境付近のランソン省で、パニック状態に陥って道を徘徊していたところを発見され、同省社会保護センターに保護された。


 保護された彼女は、片言のベトナム語で「私はベトナム人」「中国に住んでいた」「実家までの道を覚えていない」としか話さなかった。彼女がずっと携帯していたという家族に関するメモの内容と、彼女を撮影した動画をフェイスブック(Facebook)に投稿すると、3時間後にバクリエウ省の家族から連絡が入った。

 ホンさんの兄は、早速ランソン省に足を運んで妹を迎えに来た。しかし、ホンさんは身分証明書がなく、航空券を購入することができなかったため、2人は長距離バスで2日かけて、今年80歳になった母が待つ故郷に帰ることにした。

 発見されたホンさんは記憶喪失になっており、中国に渡った理由や同国での生活についても証言することができず、事件なのか事故なのか詳細は不明だが、人身売買の被害に遭った可能性も指摘されている。(Vietjoから転載)

 

             愛のベトナム支援隊

                  Love & Support Vietnam 

           北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

 

| comments(0) | - | 19:02 | category: ベトナム・ニュース |
# ダナン国際花火大会、英国とフィンランドが決勝へ

ダナン国際花火大会

 

英国とフィンランドが決勝へ

 

2019/06/25 06:12 JST配信

 

 南中部沿岸地方ダナン市で1日から開催されているアジア最大規模の花火大会「ダナン国際花火大会2019(DIFF 2019)」の開催委員会は23日、英国とフィンランドの2チームが決勝に進むことを発表した。決勝は最終日の7月6日に行われる。
    

     イギリスチーム

     

     フィンランドチーム

 

 10回目を迎える今回のテーマは「物語る川」。大会にはベトナムのほか、ロシア、ブラジル、ベルギー、フィンランド、イタリア、英国、中国の8チームが参加し、6月1日、6月8日、6月15日、6月22日の4日間に2チームずつが花火を打ち上げた。

 ダナン国際花火大会は2008年に初めて開催され、第1回の成功を受けてグエン・タン・ズン前首相が毎年開催することに同意したが、2013年からは隔年での開催となっていた。2017年からは再び毎年の開催となり、開催期間もこれまでの2日間から1〜2か月間(うち花火の打ち上げは5日間)に延長された。(Vietjoからの転載)


             愛のベトナム支援隊

                  Love & Support Vietnam 

           北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:46 | category: - |
# トラック横転、アヒル1700羽が大脱走

トラック横転、

 

アヒル1700が大脱走

 

2019/06/13 06:25 JST配信

 

 北中部地方クアンビン省クアンニン郡クアンハウ町を通過する国道1号線バイパス道路で10日、アヒル約1700羽を載せたトラックが横転し、荷台からアヒルが脱走する事故が発生した。

        

 運転手は北中部地方タインホア省ハーチュン郡ハーティエン村在住のタ・ホン・ズンさん(男性・32歳)。事故発生時は交通量が少なかったため、運転手も含めて幸い負傷者は出なかった。


 この事故により、一部のアヒルは死亡し、荷台から投げ出されたアヒルたちは四散し逃走した。さらに、事故の混乱に乗じて多くの近隣住民がアヒルを捕獲して持ち帰るねこばば行為に出た。

 運転手は地元警察と地元住民の協力を得て、逃げたアヒルのうち400羽を捕獲したが、残りは現場から走り去り行方をくらませてしまった。(Vietjoより転載)

 

             愛のベトナム支援隊

                  Love & Support Vietnam 

           北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

 

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 12:47 | category: ベトナム・ニュース |
# クアンチ省:米軍投下の340kgの不発弾 爆破処理

クアンチ省:

 

米軍投下の340kg不発弾を爆破処理

 

2019/06/10 06:35 JST配信

 

 地雷・不発弾処理を専門に行うNGO(非政府組織)「RENEW」と「ノルウェー人民援助(NPA)」は4日、北中部地方クアンチ省ゾーリン郡ゾーベト村からの緊急要請を受けて、重量340kgの不発弾Mの爆破処理に成功した。

 

    

 不発弾は航空機搭載爆弾のM117で米軍が投下したとされるもの。同村の人民委員会主席と幹部がプロジェクト引き渡しに向けて測量をしていたところ、同村ホアンハー集落の森で発見した。不発弾は底蓋の一部と周囲に取り付けられていたダイナマイトが取り外されていた。

 爆破処理班は3日から不発弾の移動作業に取り掛かり、4日午後にチエウフォン郡チエウチャック村の爆破処理場で、爆薬40kgを使って爆破処理を行った。

 不発弾がどのような経緯でいつからその地にあったかは不明だが、住民からは10日ほど前に不審者の目撃情報も出ている。
 
 ゾーリン郡の西側は1954〜1972年にかけて北ベトナムと南ベトナムの暫定的な軍事境界線だった北緯17度線にかかっており、米軍から激しい爆撃を受けた地域として知られる。

 戦後40年が経ち、同省では地雷で汚染された土地のうち10%に相当する4万haでおよそ60万基の地雷や爆発物の処理が完了している。このうち4%に相当する1万6000haは国際組織やNGOの支援を受けて実施された。RENEWとNPAは4月にも同省ハイラン郡の森林で発見された同型の不発弾の処理に成功している。

 不発弾の爆破処理が進められる一方で、同省では一部の住民が廃材の収集転売で収入を得ており、不発弾などの危険物を解体したことによる爆破事故も起きている。

 

(vietjoより転載:[06:22 05/06/2019 / 17:34 4/6/2019, T])

話が忘れられることはない。(vietjoから引用)

 

 

                          愛のベトナム支援隊

                    Love & Support Vietnam 

             北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

 

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 05:13 | category: ベトナム・ニュース |
# 行方不明の娘を探して中国へ

行方不明の娘を探して中国へ、

 

魔の売春宿に潜入した父親

 

2019/06/09 05:45 JST配信

 

「もう10年前のことになりますが、娘を探しに行ったあの旅を決して忘れることはありません」。ハノイ市メーリン郡にある古いアパートに住む60歳を超えたタンさんは、硬い表情でゆっくりと話した。

     
 

 2007年、大人に近づいてきた多くの子供たちと同じように、タンさんの三女であるルオンさんは勉強のために携帯電話が欲しいと父親にお願いした。しかしその後、当時16歳だったルオンさんは見知らぬ人からメッセージを受け取り、遊びに誘われて出かけた際に麻酔を打たれ、中国に売られてしまった。

 娘が行方不明になり、家族はパニックに陥った。皆で東北部地方のフート省クアンニン省ランソン省、紅河デルタ地方のフンイエン省など北部11省・市のあちこちに赴き、洞窟や路地裏まで捜索した。父親のタンさんは毎日娘を探して通りを歩き続け、インターネットカフェ、バス乗り場、床屋、カラオケまであらゆる場所を探しまわった。警察にも通報したが、何日経っても音沙汰がなかった。

 絶望的な状況の中、タンさんは娘が騙されて中国に売られたのではないかと推測した。人づてに情報を聞き、タンさんはある男性に会いにフート省に行った。この男性もかつて自身の娘が行方不明になり、探し当てたことがあったため、彼の経験から学ばせてもらうおうとしたのだった。ここから、タンさんの娘を探す旅が始まった。

 2007年11月、タンさんは中国広西チワン族自治区の憑祥市にある浦寨バスターミナル行きの電車に乗った。異国の地で一人、中国語も全くわからず、バスターミナルに人がごった返しているのを見ながら「この果てしない人々の海の中、一体どこで子供を探せばよいのか」と涙を流した。

 

 幸いなことに、タンさんはフウという名前のベトナム語が堪能な中国人と知り合い、助けてもらった。フウさんはタンさんを警察署に連れて行き、事情を説明した後、ベトナム人が多く住んでいる町までの地図を描いてくれた。「私は中国語がわからないので、私が道に迷わないよう、彼はコミュニケーションをとるための文章も書いてくれました」とタンさんは振り返る。

 この紙とともに、タンさんは広西チワン族自治区のいくつかの町を巡った。このとき、タンさんは地元に住む少女の助けを借り、ベトナム領事館に届を提出するため南寧市まで連れて行ってもらった。しかし、数日間探しても結果は出ず、お金も底を尽きたためベトナムに帰った。

 最初の2
回の捜索の結果、タンさんはいつまでも人の助けに頼ることはできないと気づいた。なぜなら捜索は丸1年、もしくは数年にも及ぶかもしれなかったからだ。

 2008年3月、タンさんはハノイ市で中国語を学ぶことに決めた。毎週月・水・金曜日の夜に、家から7〜8km離れたセンターに自転車で通った。

 「タンさんはいつも一番早く教室に来て、一番遅くまで残っていました。タンさんは、中国のいくつかの地名の読み方や書き方を尋ねました。最初は驚きましたが、タンさんの置かれている状況を知って、心を動かされました」とタンさんの中国語の先生であるチャン・タイン・ホアさんは教えてくれた。

 「タンさんは何日も授業を休むことがありました。戻ってくると、娘さんを探しに中国まで行ったが見つからなかった、という話を打ち明けてくれました」とホアさんは回想した。

 4か月後、少しばかりの中国語と、土地の一部を売ったお金とともに、タンさんは再び広西チワン族自治区に向かった。このときは5000万VND(約23万5000円)の報酬を出すと書いたチラシを数千部印刷したが、依然として結果は出なかった。

 

 その後何度かの捜索では、色々な場所を訪ねるのではなく、客を装って娘がいる可能性のある売春宿を訪ねてまわった。広西チワン族自治区から雲南省に行き、そして広東省に行った。

 「私が旅した総距離は約3万kmですが、1日に1000km移動した日もあります。遠くに行く場合は電車かバスで、近い距離は徒歩かタクシーに乗りました」とタンさん。しかしながら、タンさんが疲れを感じることはなかった。横になると娘の顔が浮かび、心が痛んだからだ。「あの子はまだ幼く、売春宿に売られるなど地獄以外の何物でもありません」。

 雲南省のある村を通っていた時、タンさんは強盗に間違われ、青年たちにナイフで襲われたことがあった。タンさんが事情を説明すると、彼らは道を通し、タンさんが早く娘を見つけられるようにと祈ってくれた。

 タンさんはタクシーに乗る時、女性の運転手を選んだ。「私が知っている中国語には限りがあり、何度も言うことでようやく意味が伝わります。もし、悪意ある男性ドライバーにあたって娘を探しているなどと話してしまえば、お金ばかりか命すら失ってしまう恐れがあったのです」とタンさん。

 娘を探すため、タンさんは1年あまりの間に15回中国に渡った。そして2008年の年末、嬉しい知らせが入った。いなくなった娘からYahooメッセンジャーで姉に突然連絡が入ったのだ。現在、広西チワン族自治区の崇左市にいるという短いメッセージだった。娘は油断した監視グループの隙をついて一度だけ抜け出し、メッセージを送ることができたのだと後からタンさんは知った。

 その知らせを受けて、タンさんは食べることも眠ることも忘れ、急ぎ崇左市に向かった。そこに売春宿を見つけると、フウさんに電話して助けを求めた。

 

 2人は客のふりをしてこの売春宿に入り、「ベトナム人の女の子はいますか?」と女主人に聞いた。女主人は頷くと、若い女の子が現れた。「ああ、娘よ!」タンさんは一言叫び、口を固く結んで涙を堪えた。タンさんの娘も息を飲んだが、何も言わなかった。「もしあのとき、2人が感情を抑えていなかったら、そこで死んでいたかもしれません」とタンさんは思い出す。

 タンさんはどきどき鳴る心臓と震える手足を落ち着かせ、少女が気に入らないからという理由をつけてその場を去った。外に出ると、すぐに中国の警察当局に電話をかけた。そして、買春宿の主がこれに気づいて彼女を遠くへ連れ去ってしまわないか心配しながら、落ち着かない様子で待った。

 しばらくして警察が到着し、この売春宿を摘発した。タンさんの娘のほか、10人のベトナム人女性が警察署に連れて行かれた。

 2009年のテト(旧正月)の前に、中国の警察当局はタンさんの娘をベトナムのクアンニン省のモンカイ国境警備隊に引き渡し、1年以上に及んだ娘の中国での日々は幕を閉じた。

 ベトナムに戻り、タンさんの娘は途中だった学業を続けた。10年が過ぎ、悲しい過去を抱えながらも結婚し、過去についても理解のある夫と2人の子供に恵まれた。

 タンさんは「なぜそんなに忍耐強くいられたのか、とたくさんの人に聞かれました。でも、私と同じような状況になれば、どんな父親も皆同じようにすると思います。それはただ、私が1人の父親だからです」と語った。

 この事件を担当した公安省C14局の幹部によると、タンさんのように自身で外国に渡って行方不明になった子供を発見し、連れ帰ったケースは異例だという。事件が起きてから長い年月が過ぎたが、いまだにタンさんの話が忘れられることはない。(vietjoから引用)

 

 

           愛のベトナム支援隊

                   Love & Support Vietnam 

           北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

 

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 19:41 | category: ベトナム・ニュース |
# 女子高生が「神の目」発明―視覚障がい者の一助に

女子高生が「神の目」発明―

 

視覚障がい者の一助に

2019/06/10 06:47 JST配信

 

                             

 

 メコンデルタ地方の女子高生2人が視覚障がい者にとって画期的なスマートメガネ「神の目」を発明した。発明したのは、メコンデルタ地方ハウザン省ロンミー郡ルオンタム高校1年生のチャン・マイ・スアンさんとティ・ビック・ニャンさん。

 視覚障がいを持つ人々が日常生活で多くの困難に面していることに気づいた2人は、中学生だった2018年から視覚障がい者の生活に役に立つ補助具の研究開発を始めた。

 いざ研究を始めると、補助具の開発に適した設備を見つけられず苦労し、さらには学んだ経験がないプログラミング言語C++やコマンドに四苦八苦した。それでも先生たちの熱心な指導を受けながら、なんと5か月後には初めての製品が完成した。一見すると普通のサングラスだが、2人が開発したメガネは様々な機能を備えた軽量の電子メガネだ。

 メガネは一定距離内に障害物を認識すると、センサーが振動し使用者に伝達することで、障害物を避けて進行することが可能になる。また、搭載された全地球測位システム(Global Positioning System=GPS)により、使用者が自分の位置を把握でき、さらには使用者の位置情報を親族の携帯電話にメッセージとして送ることも可能。このほか、色判別センサーにより使用者は紙幣の色や額面の判別が容易になる。

 メガネを試着した視覚障がい者の男性は、視覚障がいになってから30年以上にわたって困難な生活を強いられてきたが、メガネをかけると障害物や紙幣の額面を振動で教えてくれてとても助かるとコメントした。

 スアンさんとニャンさんは、視覚障がい者が生活するうえでの障害や困難を少しでも軽減できるよう、今後も新しい機能の搭載を目指して研究を続けるつもりだ。(vietjoニュースから転用)

 

++++

 

素晴らしい社会貢献の心をもった女子高生ですね。


           愛のベトナム支援隊

                   Love & Support Vietnam 

           北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

 

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:20 | category: ベトナム・ニュース |
# サッカーベトナム代表監督、賞金10万USDを寄付

天晴れ!サッカーベトナム代表のパク監督

 

賞金10USDを寄付

2018/12/18 16:47 JST配信

 

 南中部沿岸地方クアンナム省で16日、チューライ経済区設立15周年記念式典が開催され、グエン・スアン・フック首相やサッカーベトナム代表チームの韓国人監督パク・ハンソ氏らが出席した。
    
 パク氏が監督を務めるサッカーベトナム代表チームは、これに先立つ15日、東南アジアサッカー選手権「AFFスズキカップ2018」で10年ぶりの優勝を果たした。フック首相は式典の場を借りてパク監督に祝辞と謝辞を述べた。

 同経済区で工場を展開する自動車地場最大手のチュオンハイ自動車[THACO](Truong Hai Automobile)は、サッカーベトナム代表チームに20億VND(約990万円)、パク監督個人に10万USD(約1130万円)の賞金をそれぞれ授与した。

 しかし、パク監督は謝辞を述べた上で、貧困層の支援とサッカー普及のために賞金の全てを寄付すると発表した。

 パク監督率いるサッカーベトナム代表チームがAFFスズキカップ2018で優れたプレーを見せたことから、韓国のテレビチャンネル「SBS」と「SBS Sport」では15日、通常番組の放送を延期して決勝第2試合のベトナム対マレーシア戦を生中継した。

 ニールセン・コリア(Nielsen Korea)によると、決勝第2試合の平均視聴率はそれぞれ19.0%、3.8%で、SBSでの瞬間最高視聴率は25.3%に達した。この試合では、決勝第1試合でマレーシアと2対2で引き分けたベトナムが1対

0でマレーシアを下し、10年ぶりに優勝した。


           愛のベトナム支援隊

                   Love & Support Vietnam 

           北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

 

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 05:36 | category: ベトナム・ニュース |
# 愛のベトナム支援隊18年ツアー(1) 忘れ物の連続

愛のベトナム支援隊18年ツアー(1) 忘れ物の連続

 

今年の愛のベトナム支援隊ツアーは、8月25日にハノイで解散して、無事に終わりました。

今年も、いろいろとありましたが、参加者全員の努力で、困難を乗り越えました。今年も、日本の大学生10名、教員3人、私を含めて成人3人の合計16人で、ベトナム中部・北部の合計5省1施設を回りました。

 

少しずつ振り返りたいと思います。

 

今年は、訪問先での忘れ物が多かったのですが、良心のベトナム人のオア陰で、全部戻りました。

 

今年のツアーの降り帰りは、この忘れ物のはなしからです。

 

 

訪問先で野忘れ物には、気が気でありませんでした。一つは、ニンビン省でスマホを忘れました。いろいろと調べた結果、観光地タムコックの船乗り場の近くのレストランが保管してくれていたことがわかりました。それだけでも、うれしかったのですが、なんと、我々の通訳氏の友人が、一つ返事で、ハノイまでバイクで運んでくれたのです。受け取ったのが忘れ物をした翌日の夕方遅くなってからという速さです。お礼も出来ませんでした。そして、運んでくれた人の帰りは、深夜近くになっていたと思います。

 

もう一つは、ハイフォンに置き忘れたモーバイルのスピーカーです。品物はすぐ見つかりましたが、ニンビン省よりさらに距離があるハイフォンです。これも、通訳氏の別の友人が運んでくれました。最終日のホテルを出る2時間前に届きました。この方にも、お礼ができませんでした。夕方の6時にホテルに届いたので、ハイフォンに戻る頃には、夜の10時頃になっていたのではないかと思います。

 

通訳氏の友人だということですが、どうしてこんなに親切に運んでいただけるのでしょうか?時間とガソリンを無駄にしても、困った時の友人の友人まで助ける、素晴らしい文化に感動致しました。

名前も教えてもらえず、無償の行為にどのようにしてお礼をしたらいいのか、困っています。

 

 

この二つの出来事で、私たちは、いっそうベトナムが好きになりました。私は、ベトナムの新聞のデジタル版に感謝とお礼の気持ちを表そうと、原稿を書きました。忘れ物を届けて来てくれた方が、どこかで、この記事を読んで頂けることを願い、さらに、こういうすばらしいベトナムの青年がいたことを、広く知っていただこうと思って、投稿の準備を進めています。

 

今年の6月、日本・ベトナム首脳会談の晩さん会。安倍晋三首相はあいさつで宇都宮市在住のベトナム人留学生の名を挙げました。栃木県の作新学院大経営学部の学生レ・タン・チュンさん(26が、自宅アパートそばの田川で入水自殺しようとした女性を救助したエピソードを紹介し、両国の友好関係を強調しました。「勇気をたたえ、感謝したい」と述べた安倍首相。私も、そういう気持ちです。

 

           愛のベトナム支援隊

                     Love & Support Vietnam 

           北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

 

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 17:20 | category: 支援隊ツアー |
# ご寄付を頂きました!

ご寄付を頂きました。

 

8月14日 生田目学文さま 名取市 寄付金

 

2018年支援隊ツアーが終わり、参加者全員16人が、無事に、宮城県と豪州シドニー市に戻りました。

ツアー中に、生田目学文さまから、寄付金を頂きました。

来年の奨学金として、ホアビン省のハーさん用に保管させていただきます。

 

    

今年の家庭訪問で・・・ハーさん(右)と東北福祉大の大内先生(8月21日:東北福祉大学 石野莞司先生撮影)

 

ご寄付をありがとうございました。

来年が、又たのしみです。

 

           愛のベトナム支援隊

                   Love & Support Vietnam

 

            櫻井 恵美子(会計担当)

                   北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

 

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 13:12 | category: 寄付金 |
# ご寄付を頂きました!

ご寄付を頂きました!

 

7月10日 小林健人さま 登和子さま 町田市 寄付金

 

確認がおくれましたことをお詫びします。

 

雰囲気が、小林さんに似ていませんか?

        

 

頂いたご寄付を、ベトナム友好村のグイ・ティ・ゴック・トゥさんに贈らせていただきます。

 

彼女は、今、中学1年生。9月から中学2年生になります。

ご両親は、ハノイの東にあるバクザン省のご出身です。

中学校でも、勉強のできるクラスに配属されて、遺憾なく

トップクラスの成績をとっているようです。

      

8月23日にベトナム友好村を訪問しますが、今年はしっかりと、最優秀手紙賞を贈らせてもらいます。

写真を楽しみにしていてください。

 

今年の日本の夏の暑さは、生命に影響の出る暑さときいています。十分にお身体を御大事になさってください。

大きなお気持ちを、ほんとうにありがとうございました。

 

           愛のベトナム支援隊

                   Love & Support Vietnam

 

            櫻井 恵美子(会計担当)

                   北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)

 

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:46 | category: 寄付金 |
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links