〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東北学院大学経済学部FW・10・完 | main | 世界で一番安全な都市は東京 >>
# 一写一言9
2月10日(火)一写一言
 
昨日のアクセスは101でした。ご訪問感謝します。
 
昨日で、東北学院大学経済学部共生社会経済学科のフィールド・ワークの報告を終えました。
 
最後は、ホアビン省カオフォン郡バックフォン村の枯れ葉剤被害者宅でした。子ども5人のうち3人が先天性盲目であることを考えれば、ご両親の歩んでこられた日々は、想像を絶する辛さではなかったと思います。
 
にも拘わらず、ご一家の雰囲気にとげとげしさを感じませんでした。荒立った言葉も、人を突き放すような孤独感をみせることもなく、私たちは落ち着いて話をすることができました。
盲目の3人が口をそろえたように、「他の人に頼らず生活したい」と言っていたことが、今も頭に残っています。そこに強い自立性を感じるわけですが、ベトナム社会の現状が、それを阻んでいるようにみえます。そして、そこに、何か支援のヒントがあるようにも思うのです。


人は職場、地域、家庭で、何役も果たしながら生きている。背負うものが多いほど、苦労も多いが、その分、喜びも多く、心の器も大きくなる。私たちがあった三人の盲目の成人は、何らかの役目を果たしたがっています。それぞれの役割を見事に果たし、人生を豊かに、味わい深いものにするには、やはり社会の中に組み込んで言ってはじめてそういう喜びが得られるのではないでしょうか。
          
その日、ホテルに戻ってシャワーを浴びている時でした。
何時も使っているホテルのシャンプーのミニボトルの凹凸が妙に気にかかったのです。
 
シャワーを終えて出てみると、なんと、やはりミニボトルに点字がついているではないですか?

この盲人用の点字付きシャンプー・ミニボトルを、私は初めてみました。私たちが泊まったホテルは、去年の5月にオープンして、新品同様でした。しかし、単に新築のホテルだから置かれていたのではないようにも思いました。
 
シャンプーのミニボトルにはホテル名がはいっています。経営者の誰かが意図して作ったに違いありません。
このホテルの若いGMがイギリスに長く滞在していたこととも関係しているのではないかと思ってもいます。
 
シャンプーとリンス、そしてボディー・ジェル・・・シャワールームに入れば、弱視や盲目の方にはごっちゃになります。なんで、こういうものを早く考えらえなかったのか・・不思議です。貴重なので、ホテルからワンセット頂いてきました。
 
弱視や盲目の宿泊者には大いなる助けになります。ベトナムのホテルさん お主もなかなかやるわいのぉ・・と言う感じです。

 
                       愛のベトナム支援隊・北村 元
                            Love & Suport Vietnam
               <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>
 2011-2014 Love & Support Vietnam All rights reserved.
| comments(0) | - | 09:57 | category: 一写一言 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:57 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links