〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ツアー(54)夏のツアーの思い出〜友好村〜 | main | ツアー(56)蓮の花奨学金〜ハノイの女子大生  >>
# ツアー(55)ツアーの締めくくりVAVA訪問
 8月23日、私たちはハノイ・ドンダー区の枯れ葉剤被害者協会の本部にうかがって、グエン・ヴァン・リン会長と海外担当のハ・ティマックさん(写真:右から2人目)と会談しました。

最初に、愛のベトナム支援隊の参加者全員を紹介した後、正義の闘争のために、6年連続になる支援金金一封を宮尾和宏さんからリン会長(右端)に贈呈しました。↓

次に、愛のベトナム支援隊のブログ1年分のコピーを2冊リン会長に贈呈しました。私たちの会の記録と枯れ葉剤被害情報、世界のマスコミ報道を丹念にカーバーしたものです。↓

リン会長からご挨拶がありました。

「皆様を熱烈に歓迎申し上げます。愛のベトナム支援隊のベトナムへの援助に対して、厚くお礼を申し上げます。毎年いらして下さり、当協会への寄付をして頂いて、感謝申し上げます。今年は枯れ葉剤散布50周年の行事が催されました。記念ぎゅ常時のフォーラムにも、日本の日田が参加していました。今年のフォーラムのテーマは、『世界中の枯れ葉剤被害者が団結して、正義の為に闘おう』でした。24日カ国からきた30のNGO団体の人々が、核戦争・化学戦争にも反対を表明しました。

日本からは、原水爆禁止の団体も来ました。イラン、イラクの代表団は、化学兵器に反対するグループです。カナダの代表団の中には、昔、アメリカの枯れ葉剤をテストした人が入っていました。

アメリカ、、韓国、ソースとラリア、NZからも、代表団が来た。その人達は、昔ベトナム戦争に従軍した旧兵士でした。インド代表団が来たところは、アメリカ軍の枯れ葉剤を製造して利益をあげたところから来ました。ドイツやイタリアからも代表団が来ました。

会議は大成功でした。会議後、アピールを発表しました。主な点を申し上げます。

1)枯れ葉剤と原爆の被害者は団結して、正義の為に闘う。
2)科学者も、戦争被害を公表しなければならない。
3)アメリカ政府もアメリカの化学企業も、枯れ葉剤被害者を治療の補償をせよ。

などというものです。(詳細は、当ブログのカテゴリーの中のVAVAのアピールを参照してください

今年2011年は、アジア、ヨーロッパ、そしてラテンアメリカ諸国で、種々の(枯れ葉剤被害に関する)活動がありました。この会議のアピールは世界中に伝わるはずです。

今日いらして下さった皆さんにお願いがあります。
皆さんは、団結して、化学兵器に反対してほしいのです。

戦争が終わって40年近く経ちますが、その後の被害は深刻なものです。環境と人体が受けた被害は多大なものです。いま、生存している被害者は300万人います。被害者派第3世代まで出ています。環境面では、汚染地があるので、その土地を使えなくなっています。そういう汚染地周辺に住む人々は寿州影響を受けており、奇形児が生まれています。

これら被害者のための闘いは、まだまだ長く続きますし、困難も予想されます。日本でも、原爆の被害者がでていますが、アメリカは原爆被害者に補償をしていません。ベトナムでも、戦争が終わって40年近く経ちますが、アメリカは何もしてくれず、解決できていません。

世界の皆様の力で、2008年から、アメリカ政府はベトナムに様々の援助をしてきました。いま、ダナン空港の汚染地対策費として、4000万ドルの援助を受けました。被害からみれば、これは少額ですが、アメリカ政府の意識がだんだんと変化してきて、今後援助のカネは増えていくでしょう。

世界中の様々な団体が団結いていけば、この闘いは勝利すると想います。

本日いらして下さった皆様に、国際的団結という精神で、ベトナムを助けてくださったことに、お礼を申し上げます。そして、日本の大震災に対しても、非常に残念な気持ち込めて、お見舞い申し上げます。そして、日本の皆様も、震災に対して効果的な活動をなさっていると聞きます。ベトナム政府、ベトナム国民も、金額は少ないですが、日本の人々に寄付致しました。日本が早く復興できるように祈っています。

今日はいらして下さり、ありがとうございました」

これに対して、私からは、日本へ寄付をしてくださったこと、またお見舞いの気持ちを表してくださったことに厚くお礼を申し上げました。

そして、

「枯れ葉剤の第二世代の若い人達からも、私たち愛のベトナム支援隊に手紙を下さり、心配をしてくれました。ダナンにいる被害者で、私どもの蓮の花奨学生の女子大生は、お祈りの会まで開いてくれました。大変に感動しております」と、ご報告しました。

ここで、質疑に移り、以下のQ&Aをしました。

Q:ダナン空港のダイオキシンの除染は、来年のいつ頃から始まりますか?
A:アメリカ政府とベトナム政府の協定で、今年から除染作業が始まります。2〜3年はかかります。遅くとも2015年までには除染作業は終わると想う。そのあとは、ビエンホア、フーカットの除染作業に移る。降下があがるかどうかは、まだやってみないとわからない。これはアメリカの技術で、土壌を高温処理して、ダイオキシンを蒸発させ、それを吸収するものだ。

Q:被害者の第4世代がでたという話がありますが、それはほんとうですか?
A:
第4世代はでました。まだ数は少ないですが・・・コントゥム省で、出ています。第4世代がでたのは、コントゥム省北部の森林地帯ですが、昔、枯れ葉剤の被害を深刻に受けた所です。

震災のチャリティ用に友人が作った日本伝統の室内履き(女性用)を会長に贈呈しました。

「この会議室のショーケースの中に入れて、来客にお見せします。将来世界中の記念品を展示する場所を作る予定なので、そこに収めます」と、リン会長。
リン会長(右から2人目) マットさん(左端)↓

ここで、記念撮影をしてお別れしました。

               愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love & Support Vietnam
           <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

       © 2011 Love & Support Vietnam All rights reserved.

| comments(0) | - | 09:23 | category: VAVA(枯れ葉剤被害者協会) |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:23 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links