〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第二回枯れ葉剤被害者国際会議報告書から(27) | main | 第二回枯れ葉剤被害者国際会議報告書から(29) >>
# 第二回枯れ葉剤被害者国際会議報告書から(28)

本日は、私達支援隊が支援活動に入っていたハイフォン市の実情について、ハイフォン市枯れ葉剤協会のリー副会長がはなしていますので、そのスピーチを掲載します。

+++

ハイフォン市枯れ葉剤被害者協会副会長 ホアン・ヴァン・リー 
 

国際会議関係者の皆さま ゲストの皆さま

 

ハイフォン市枯れ葉剤被害者協会を代表して、国際会議ご参加のすべての皆様のご健康と団結、ご成功をお祈り申し上げます。これから、私達支部の過去数年の活動の発展と展開と結果について、簡単に概要を申し上げます

 

ハイフォン市枯れ葉剤被害者協会は、2005年12月に設立されました。その時は、この支部は、わずか100名の会員しかいませんでした。その人たちは、エージェント・オレンジの被害者、人民軍の退役軍人、そして、公務員です。皆が皆、エージェント・オレンジの影響を受けた同胞を助けたいという強い希望を持っていました

 

彼らはすぐ、9人の執行委員を選びました。ハイフォン市で活動する170の機関の中で最も若いチームの一つでした。草創期に私たちが遭遇した困難というのは、他の方がスピーチしたのと同じように、全国の他の枯れ葉剤協会支部が遭遇した問題と似通っています。ですから、ここでは、そのことに触れる必要はありません

 

しかしながら、私は、次のことを申し上げたいと思います。「私たちは、それらの困難を克服しました。それは、いかに地元の人たちの支援にいかに深く依存するかを知っていたからです」と。

 

我々の支部が設立された時に、ハイフォン市当局が集計した数字は、エージェント・オレンジの被害者1万7千人、そのほとんどが、1975年以前に南部戦場でかつて暮らしていた人とその子どもです。この人たちのうち、およそ1万3千人が第一世代に属します。6千6百人が第二世代です

これらの被害者は、現在ハイフォン市内のほぼいたるところにいます。それらの中で、二人の子どもがいるのは22世帯。3人の子どもがいるのは4世帯、4人の子持ちが5世帯となっています。その子供たちは先天性欠損症で、そのうち数百人が第三世代に属しています

 

ここ数年、ハイフォン市役所や市民が真剣に心配してくれましたが、被害者の大多数、特に深刻な障害をもつ人々が、みな肉体的な痛み、情緒障害、そして厳しい生活状況に追い込まれて、失望のどん底に落ちました

 

私たちが成し遂げた結果について、少し申し上げます

 

+エージェント・オレンジの災難、被害者が抱えている苦悩と困難、そして被害者には、共産党と政府による被害者対策が必要であることの知識、そしてどうやって被害者を守るかに関する知識などに関する教育キャンペーンとして、新聞、地元のラジオ、出版物などのマス・メディアなどすべての手段を活用しました。(つづく)

              愛のベトナム支援隊・北村 元          
          Love & Support Vietnam
 
          <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>
 
       ◎2011-2013 Love & Support Vietnam All rights reserve.

| comments(0) | - | 12:39 | category: 枯れ葉剤被害者情報 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:39 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links