〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 支援ツアーHand-in-Hand(71)ダナン市5・奨学金贈呈 | main | 支援ツアーHand-in-Hand(73)ダナン市7・在宅訪問 >>
# 支援ツアーHand-in-Hand(72)ダナン市6・奨学生在宅訪問
2012年8月21日:

昼食を終えて、私たちは、今朝ハノイから戻ったという大学生のグエン・トゥイ・ハン(
NGUYỄN THÚY HẰNG)さんのお宅を、枯れ葉剤被害者協会の職員の案内で訪問しました。

第三の大都会ダナン郊外の新開地に建つ高級マンション群。ハンさんのマンションは、新しくはありませんが、その一角にありました。職員の方が、ハンさんと携帯で連絡をとりながら、たどりつきました。マンションの二階にハンさんの住むユニットがありました。初めて会えることになりました。

予定外の行動なので、早速お話を伺いました。彼女は、このマンションで、お母さんと一緒に暮らしています。

枯葉剤被害者協会からは午前9時に奨学金の贈呈ときいていたそうですが、その時は、まだハノイにいて戻っていなかったそうです。


シンガポールのことを質問しました。

「シンガポールでは、入院していたわけではありません。検査のために、二週間通院しました。ここに(と言って後頭部をゆび指す)に6センチほどの腫瘍があります。」と言いました。通訳のせいか、ハンさんのせいか、腫瘍の位置がどうもつかめない。

「8月から大学4年に進級しました。専攻はマーケティングです。来年(2013年)卒業の予定です。私の考えでは、大学卒業後二年間ほど仕事に就きたいです。それから奨学金を探して、出来れば留学してマーケティングの勉強をしたいと考えています。でも、大学院の専門はまだ最終的に決めていません。」



彼女は腫瘍をもっていることがわかりましたが、ハンさんは後頭部のあたりをゆび指すので、首なのか、頭の中なのか、正確な場所を知りたく、質問を考えていました。

頚部に出来る癌といっても診断名は様々です。 代表的なのは、喉頭がんや食道がん、甲状腺がんなどです。あとは頸部リンパに転移があったり、リンパ腫、脊髄腫になることもあります。
髪も黒黒とふさふさしているので、抗癌剤は服用はしていないのではないかと推測していました。

と、その時です。通訳のホアさんが、「えっ?」と、大声を上げました。
「今日は大学の試験の日で、二時から始まるそうです」と、ホアさんが通訳してくれました。
私は、「われわれより試験が大事だ」と言いました。
ハンさんは、半べそをかき始めました。

通訳は大きな声で「ディー・ディー・ディー(行きなさい、行きなさい、行きなさい」と大きな声を出し、彼女を急き立てました。



私は、インタビューを中止しました。
彼女は、階下においてあったスクーターで飛ぶように出かけて行きました。

枯れ葉剤被害者協会から言われたので、我慢していたのかもしれません。
家には、前年に奨学金贈呈会場に来てくれたというお母さんもいませんでした。私たちは、本日に至るまで、誰にも一回もお会いしていませんでした。

私たちの結論としては、とても残念ですが、奨学金の支給は停止です。その旨、ヒエン会長と、ライン副会長に連絡しました。

病を持っていることは十分承知しましたが、支援の優先順位としては彼女は上の方ではないと判断しました。

2012年7月にはシンガポールで海外治療を受け、訪問日までハノイで治療を受けている彼女の家の財政的状況を考えると、学業を続けたい希望を持ちながら、治療も受けられない、学業継続が困難な家庭を優先してきた私たちの対象とはならない家庭だからです。

それにしても、母一人、娘一人の家庭で、私たちには見えない部分が多々あります。枯れ葉剤被害者協会の女性職員も、とても連絡のとりにくい家庭だと言っていました。ですから、協会もどの程度、家庭の事情を把握しているかわかりません。きちんと把握できて、困難な状態に置かれている人を推薦して欲しいと願っています。

という結果になりましたが、作文は書いてくれましたので、下に掲載させてもらいます。その作文から、少し家庭の状況がみえてきました。

大学院への進学の希望も強いようなので、ぜひ夢を実現してほしいと願っています。

+++

私の母

 私と母は、小さな路地にある20平方メートルほどの家に住んでいます。でも、その家に住んでいる親子とても幸せを感じています。なぜかというと、母は私のそばに居て、一緒に過ごせることを無上の喜びと思っているからです。母親は私のためにたくさんの犠牲を払っています。

 母の人生は他の多くの女性のように幸せではありません。夫に支えてもらえないので、家庭のすべて母親一人で背負って、働くことの大変さを今噛みしめていす。ですから、母親は、娘の私だけが頼りで期待の星です。私を産み一人前になるまで育てている母親には色々大変な苦労や悲しみがあり、あっと言う間に母親は晩年を迎えてしまいます。

 ただ、私の母はまだ40歳未満ですが、苦労が顔に出るて、母の実年齢よりも老けて見えます。そして、母の口周りのホウレイ線や目元シワがあります。母の目の奥には、何か寂しげなものが揺れています。私のために色々苦労しているからこそ、母の手にタコ出来ています。でも、その母の手が一番大好きです。母の指細く長い指ではありませんが、私の目から見ると、いつも母の手が最も美しいです。

 私病気になって発熱したときにその手は私の世話をしてくれました。そんな時に徹夜している母の目の下にクマが出てきたに、私はきました。健康状態が思わしくないって、私はいつもなまけぐせがあり、病気になると、やはり母親に色々面倒を掛けるので、母に申し訳ない気持ちになります。

 だから、自分は、病気にならないように頑張って体を大事にしています。私は、母の心の底からすべての愛を受けて育っています。私は友達と肩を並べられるように母は自分の食事や着物などを倹約して育ててくれました。母は嬉し時もあり、寂し時もありますが、いつも笑顔でいてくれます。

 私が良い成績を得るたびに、母はとても嬉しくて心から笑顔を見せてくれます。母の顔は愛情と誇りに満ちていて、それを照れ笑いで隠していたなぁと思い返します。しかし、私は低い点数をもらった時、母は怒らずに微笑んで、慰め励ましてくれます。その笑顔は、本当に寂しすだと分かります。だから、母のために頑張るので、いつも笑顔でいて欲しいと願っています。

 私は父親の愛なくても、いつもそばにいる母親から愛をいっぱい受けて、いろいろ教えてもらい、心から感謝しています。家では、母一人、一人で一緒に住んでいるので、私はとても母を愛しています。母は、「私が素直にしていたら、お母さん永遠に生きている。」と言ってくれました。私は、そんなことは出来ないと分かっていますが、そんな気持ちで母を見た時、母の頭に白髪が出てきたと気付きました。母はずっと私と一緒に幸せに暮らしたいために、すべてを頑張りぬく決意しています

 
でも、時間が完全に止まってしまうことはありません。やはり、自然の法則を変えようと考える愚かなことだと気づきました。時間を止めてしまうのではなく、母の白髪が無くなるのではなく、ただ昔のように健康で幸せそうな若い母親戻って欲しい、私は
願っているだけです。

 “母は私の人生を照らしてくれる大型ランプのようなです。そして、私はそのランプを最も明るくるためすべての事に全力で頑張ります。”

NGUYEN THUY HANGより

          愛のベトナム支援隊・北村 元
        Love & Support Vietnam

     <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

    © 2011-2013 Love & Support Vietnam All rights reserve.

| comments(0) | - | 07:36 | category: 在宅訪問 |
# スポンサーサイト
| - | - | 07:36 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links