〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 支援ツアーHand-in-Hand(63)フート省21・在宅訪問3 | main | 支援ツアーHnad-in-Hand(65)ニンビン省31・ソンタイン小学校からの手紙 >>
# 支援ツアーHand-in-Hand(64)フート省22・在宅訪問その4

2012年8月20日:

この日、二軒目の在宅訪問です。
お宅は、フート町内にあります。

枯れ葉剤の被害者は、ホアン・カイン・リンさんといいます。1983年生まれの29歳(当時)です。

お宅は、装飾品を販売するお店で中流家庭と見受けました。お母さんが、お店を切り盛りする社長主婦です。お子さんは二人で、二人共男子です。出して下さったお茶のおいしかったこと・・・。

お母さんは、ドー・ティ・ヴァンさんといい、1957年生まれの55歳です。お父さんは、ホアン・ヴァン・タインさんで、故人となられています。

主人は、南部の戦場(戦場は奥さんは知らない)に行って怪我をして傷病兵で戻って来ました。そして、枯れ葉剤の影響を受けました。傷病兵のセンターに入所しました。そこで、20年ほど前に亡くなりました。「戦争での直接の怪我が元で、脳に影響を与え、亡くなりました」(ヴァンさんの話)

リンは二番目の子で、第二世代として影響を受けています。先天的に全身麻痺です。
リンさんの症状は、自律歩行は無理で、移動は手押しの車椅子のようでした。

リンさんは、枯れ葉剤の被害の認定を受け、月110万ドンの手当を受けています。リンさんは、動けないだけで、会話はできます。

お母さんのヴァンさんにとっていいことは、リンさんのお兄さんが健在なことです。
岩田さんの足浴を受けながら、私たちはリンさんと話をしました。

リンさんは、比較的快活に話しました。

インターネットで・・・若い女性とメールのやりとりをしていると話していました。

日本の女性ともメールを交換したいと言っていました。女子大生参加の今年(2012年)、リンさんは文通の希望を述べました。

日本とベトナム・・・やはり言語のバリアーがあります。

30歳近いリンさんを車椅子に乗せたり、寝ているリンさんの体を起こしたり・・・するのは、母親のヴァンさんではもう無理が伴います。上のお兄さんがいるだけでも、大いなる助っ人です。

お兄さんは、気持よく協力してくれました。

若い女性と文通したいということで、記念写真は、まず女性軍だけで撮りました。ちょっと緊張しているリンさんです。

そして、男性陣が入りました。

ここでは、お米の支援をして、再会を約しました。

(フート省・完)

            愛のベトナム支援隊・北村 元
         Love & Support Vietnam

       <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

       © 2011-2013 Love & Support Vietnam All rights reserve.

| comments(0) | - | 09:32 | category: 在宅訪問 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:32 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links