〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ご寄付を頂きました!  | main | ご寄付を頂きました! >>
# 新刊紹介です。画詩集 いのちの花、希望のうた

新刊紹介です。

でも、ただの新刊のご紹介ではありません。

    

    コスモスの優しさが表紙を飾ります。(絵:岩崎健一さん)

 

一昨年の蓮の花奨学金証書に使わせていただいた五行詩人・岩崎 航さん(仙台在住)の詩を覚えていらっしゃる方も多いでしょう。

蓮の花奨学生の中には、未だに返信の手紙の中に、航さんの詩を書いてくる生徒がいます。

いえ、それほど、若い人の心の中に染み込んだ詩だったのです。

 

その岩崎航さんが研ぎ澄まされた間性で紡がれた詩と、お兄さんの岩崎健一さんの見事な画を合わせて、「いのちの花、希望のうた (単行本)という本が、ナナロク社から出版されました。平成の「兄弟抄」とも言える本です。

    

帯には、

兄の絵と

弟の詩 

あなたへの

花束

 

と書かれています。

 

まえがきには、こう綴られています。

 

岩崎健一と、岩崎航、ふたりは兄弟です。

健一は絵を描き、弟の私は詩を書いています。

互いに筋ジストロフィーによる障害で人工呼吸器を使い、生涯のすべてに介助を得ながら暮らしています。日々の創作ではふたりともパソコンを仕事の道具にしています。

 

基本的に、右頁に岩崎航さんの詩 左の頁にお兄さんの健一さんの絵が配されています。

 

第1章は「母」というタイトルです。

 

雪が

降っていて

手鏡を

そっと差し出す

母がいて

 

この素晴らしい詩の左の頁に藪椿の鮮やかな朱色の花びらが目に飛びこんで来て、お母さんへの感謝、お母さんの温かさ、母の気遣いに触れる画詩で、この本はスタートします。朱色の濃さは、お母さんの心の温度を示しているようでもあります。いや、お母さんの心は燃えているのです。この詩とこの藪椿で、お母さんのイメージが、ぐっと宇宙大に広がります。

    

多くの人に「生きる力」「心の栄養剤」を存分に染み込ませてくれる本です。

 

ぜひ多くの人に手に取ってもらいたい作品です。

 

両頁が対となって、読む人に生きる糧をくれます。時には、美しい涙もくれます。今日も明日も・・そしてその次の日も、詩と絵が、読む人の心のpolisherとなって元気をくれます。

 

岩崎健一さん 岩崎 航さん ご出版おめでとうございました。

とても、うれしいです。

 

           愛のベトナム支援隊

                   Love & Support Vietnam

 

                  北村 元(愛のベトナム支援隊責任者)
          <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 11:25 | category: 新刊紹介 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:25 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links