〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 17蓮の花奨学生からの手紙後期26 クアンガイ省7 | main | 17蓮の花奨学生からの手紙後期28完 クアンガイ省9完 >>
# 17蓮の花奨学生からの手紙後期27 クアンガイ省8

昨日のヘンリー王子の結婚式をテレビでご覧になった方も多いでしょう。不良少年が見事に成人して、ウィンザー城に歓喜の声が響きましたね。質素な結婚式でよかったと思います。ヘンリー王子も、ダイアナ妃に昨日の姿を見てもらいたかった  そういう気持ちが心のどこかにあったのではないでしょうか。

 

ダイアナ妃の結婚式の時には、私は数少ない日本人の中に入りまして、セント・ポール大聖堂で、結婚式で一応参列者の片隅に席ぶ座る機会に恵まれました。レンタルで有名なロンドンのモス・ブラザーズでフォーマルな衣装と山高帽を借り…お笑いだったと思います。そういうカチッとした衣装を着て、運転手付きの車ではなくて、タクシーでいったのが忘れられません。

 

蓮の花奨学生からの手紙は、クアンガイ省の学生さんの手紙を紹介していますが、クアンガイ省8人目のタイン・トゥイさんは、静岡の宮尾和宏さんと兵庫の薄木久瑠実さんの奨学金で勉強しています。

   

 

ミヤオ・カズヒロさん ウスキ・クルミさん、愛のベトナム支援隊へ

 

まず最初に、2.800.000 VNDの蓮の花奨学金を贈って下さり、心からお二人へ感謝を申し上げます。愛のベトナム支援隊の皆さんにもありがとうございます。クアンガイ省の枯れ葉剤障害者の家族へご感心や応援をしてくださって、感謝しています。有り難いです。最初から今まで、皆さんの気持ちはとても貴重で、私達は大事にしています。

 

また一年が立ちましたね。皆さんはお元気ですか。楽しんでお正月を過ごしたのでしょうか。新年(註:旧正月)ということで、皆さんへご健康、仕事のご成功、人生の幸運がめぐり来ます様に祈っています。

 

私と家族は元気です。いつもより、今年のお正月は暖かく、円満に過ごせたので、嬉しかったです。ベトナムで元旦正月(旧正月)を過ごしていますが、日本は陽暦のお正月を過ごすのでしょうか。まぁお正月ということですから、どこ国でも、同じ様に、家族と一緒に過ごすのが基本ではないでしょうか。

 

この前、2ヶ月でアルバイトをして、2.000.000 VND(約1万円)ももらいましたよ。2ヶ月の家賃である1.000.000 VNDを引いて、残りで自分のお正月用の服、母と弟に一人ずつ靴が買えました。小さなプレゼントですが、それは自分のちからで稼いたお金ですから、嬉しかったです。

 

年末に父は忙しかったです。仕立て屋の仕事ですが、ジーンズ、ズボンや服などを縫い直したりする仕事です。僅かな収入ですが、私にとって父の仕事は偉業です。父は片手ですが、スーツまで綺麗に作れる匠の仕立て屋です。これは、私の自慢です。私は、逆に裁縫が苦手です。父には、ほんのお手伝いくらいしできません。父は優れた腕をもっている上、安い仕立て料で仕事をしますので、注文してくれる人が多いのです。父が「年末ですから仕事がたくさん増えたけど、それは愛しているトゥイのために、頑張ったんだ。正月は店を開けても注文はないので送金出来ないから、今の分の金を送るからなんとでも使いなさい」と言ってくれました。

 

母の方は他の人の家事のお手伝いで、年末は掃除などの仕事の依頼が多くて、夜遅くにならないと戻らない日々が多かったです。それで、私が数日代理でやってあげました。母より仕事に慣れていませんでしたが、母の手伝いが出来て嬉しかったです。

 

ある日、母と一緒にお客さんの家へ行って、午後いっぱいお料理を手伝って、その後に三階の床拭きをしましたが、すぐ飽きてしまいました。

 

一方母は食器洗いやら、下の床拭きやら、洗濯物やら、家具拭きやらを黙々とやりました。母を尊敬しています。お手伝いの種類が多くて、結構大変ですが、私は家にいる間にしか手伝いが出来ません。父と母の仕事をみていると、一回不満を言えませんでした。逆に、自分の家族を誇りに感じています。

 

親は最近健康が昔より弱ってきました。私が早く卒業し、安定した仕事を見つけたいと自分に期待しています。それで、自分の収入で親の負担を一部分カバーしてあげたいです。一生子供のために働いてきたのですから、もうすぐ十分ではないでしょうか。

 

何時も願うことは、両親がいつも元気でいてくれて、私達とずっと楽しんで生活することです。現在私はダナンに戻って、勉強を続けています。中間テストの勉強や振り替え休日中も学校に通いましたので、この手紙を出すのが遅くなりました。この手紙を遠いところで私達のことを待っている皆さんへ書きます。

 

皆さんは安心して下さいね、私はもうハタチ、成長しましたので、遊びに夢中になることはせず、もっと頑張ることを約束します。

 

皆さんへ話したいことが沢山ありますが、手紙が長くなりました。復習もしなければならなくて、今度は許して下さいね。皆さんのご健康で、ご幸福、人生のご成功を祈っています。

 

皆さんのご都合が良い時に、旅行でもいいですから、是非クアンガイ省を尋ねて来てくださいね!

 

ダナン市、201833

クアンガイの

ファン・ティ・タイン・トゥイ(Phan Thi Thanh Thuy

 

【北村から一言】

 

お手紙ありがとうございました。

心を開いてくれて、いろいろとご家族の話を聞かせてくれたことに感謝します。

奨学金贈呈の後のわずかな時間では、なかなか一人一人のお話しを聞く時間はありません。

 

お父さんは、片手を失っていらしたことはしりませんでした。戦地でうしなわれたのでしょうか?

立派なお父さんですね。両手が揃っている人に負けない技術をもっていらっしゃんですね。すばらしいです。

 

何をするにせよ、“ひとごと”と思えば力は湧きません。“家族の生活を支えるのは自分の問題”と捉えればこそ、知恵や力が生まれ、仕立ての技術も磨き、活路も開ける・・・ということを、お父さんは証明してくれましたね。

 

そして、アルバイトで、お母さんと弟さんに靴を買ってあげて・・・喜んだお二人の顔が想像できます。育ててくれたお母さんと可愛い弟さんに笑顔をつくることは、立派な生業です。清々しい心がけです。

 

楽しかった旧正月をすごして、また次の一年、勉強で自信を磨き、目標に近づいてください。

 

今年も8月に会えますね。去年は二人で行きましたが、今年は、4人で訪問します。去年と同じ笑顔を見せてください。ああいう笑顔は、遠くから来た者には、すばらしい贈り物です。

 

           愛のベトナム支援隊

                   Love & Support Vietnam


            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:38 | category: 奨学生からのお便り |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:38 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links