〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ご寄付を頂きました! | main | 17蓮の花奨学生からの手紙後期27 クアンガイ省8 >>
# 17蓮の花奨学生からの手紙後期26 クアンガイ省7

 

きょうの名言・格言・箴言

 

「一日一生」という言葉がありますよね。私の人生も、この言葉通りに歩んできました。一瞬一瞬を、がむしゃらに生きて、努力すれば、必ず報われます。

 

 大事なのは今”です。さらに、今を変えれば、明日が変わる。未来は明日を変えることで変わるし、明日を変えれば1年後も、10年後も変えていくことができる。だからこそ、過去にとらわれるのではなく、今日をどう生きるかなんです。

 

(「ジャパネットたかた」創業者 眦通澄

―――――――――――――――――――――――――――――

 

クアンガイ省の蓮の花奨学生7人目は、クアンガイ市内に住むマン・チエウさんです。手紙を読みますと、自宅が区画整理の対象地域ととなり、引っ越しをしなくてはならないそうです。ダナンでも、蓮の花奨学生の家がその対象になり、遠くへ引っ越しました。住まいを変えるということは、とても大変なことです。通学路もおおきくかわりますし・・。マン・チエウさんは、東京の江原ヒロ子さんの奨学金で勉強しています。

   

 

クアンガイ省201835

         エハラ・ヒロコさん 静岡県の愛のベトナム支援隊の皆様へ

        

         昨年が終って、新年がやって来て、お手紙の最初に、皆さんへいつも健康で、幸せなことがいっぱい、いいことが良くくる一年になりますように・・とお祈りします。

 

昨年は皆さん元気でしたか。お仕事は順調でしたか。日本のお正月はやはりベトナムと違いますよね。最近、私は家族と楽しい正月元旦を迎えました。旧正月が近づく辺り、遠いところに住んでいる親戚、家族の皆が家に帰って来て、一緒に買い物をしたり、お掃除をしたり、とても賑やかな雰囲気でした。

 

道に出たら、車やバイクで混んでいて、飾りがいっぱいで、いろいろな種類の明かりが街をキラキラと輝かせていました。美容院も、いつもより人がたくさん入って込んでいます。

 

         正月が近づく時、私たちは

・町の行政府からお米がもらえて

・市の枯れ葉剤被害者協会からプレゼントと現金がもらえて

・石油・ガス奨学金からプレゼントと現金がもらえて

・ボランティア団体からプレゼントがもらえて

全部をあわせて、十分な正月が過ごせました。

 

         (旧暦)(12月)26日に、【送神】(*)式をするために、果物と食べ物をお盆に供えました。今年はQuang Ngaiではなく、母の地元のDa Nangで、旧正月を過ごしました。父の地元より、ここのほうが賑やかでした。お祖母さんの家で、子供、孫、親戚が集まったのですが、旧正月の元日が一番人が多くきました。

 

除夜の時に式(*)を行ってから、皆でお寺参りに行きました。朝になると、皆がまた集まって、お墓参りに行きました。その次の日に、叔母さん達の家やら、お母さんの家やらを訪ねました。

 

母の友達がアジア・パーク遊園地へ誘ってくれました。(旧暦の1月)5日にQuang Ngaiへ戻りました。残りのわずかな時間で、今度は父の親戚、お祖母さんなどの家へ訪ねて、お祝いをしました。

 

旧正月って短いですが、とても有意義な期間です。孫が、お祖母さんやお祖父さんに会えて、子供が親に会えて、遠いところに働きに出た人たちが、仕事の苦労を一時期忘れて、故郷に戻って親友に会えるからです。きっとお祖母さんやお祖父さん役の人は旧正月に一番幸せでしょう。

 

         去年、私の家族の健康はいつも通りです。父は年ですから、軽い仕事しかが出来ないので、家にずっといます。たまにお願いことがあったら、村のなかでは十分に対応出来ないので、ちょっと面倒です。

 

月収は全然安定していません。家族の生活費は全て母の収入に期待するしかありません。母は今年にもうすぐ60歳です。近所の子供の面倒を見る仕事をやっています。月給が3.000.000VNDで(約15000円)少ないですが、なんとかやっています。「寒い日には骨疾患で体がだるく、痛い」と言っていました。

 

         私の下の子(妹)は、ダナン大学付属経済大学の学生です。入学試験で高い点数を取れたので、石油・ガス奨学金から奨学金を受けられて、学費が免除になり良かったのです。大学内では、大学から生活奨励金がもらえています。ですが、学生生活はおカネがかかりますので、あの子はアルバイトをしています。

 

実家ですが、もうすぐ引っ越さなくてはなりません。国が道路を引くためです。最近貧困家族ということで家族全員が保険カードが無料でもらえました。

 

         私のことですが、勉強が順調ですが、体育は一番苦手で、成績はあまり良くないです。中学の時に、体育もう少しやばくなったら、上のクラスに昇級できなくなるかもしれない・・と言われたことがありました。体育の男の先生は優しいので、私に必要な成績にあげてくれたお陰で、ようやく合格したのです。それで、今の学績が【良】です。

 

現在私のクラスの中で女子ばかりです。皆がお互いに家族みたいな雰囲気ですので良かったです。科目の中で、聴解が一番好きです。コミュニケーションに役に立って、特に自信がついたからです。女の先生が、いつもテーマを挙げて、私達はグループに分かれて発表を行います。このやり方で、皆が自信を持つようになり、主体的に自分の意見を発揮出来ます。

 

イベントの時、ハーロウイン、ベトナム教師の日には文芸活動を行って、皆が楽しんで参加しています。

 

         手紙が長くなりました。こんなところで筆を止めさせてもらいます。皆さんがいつもお元気で幸せでいらっしゃいますように。皆さんととてもお会いしたいです。

         敬具

ホアン・グエン・マン・チエウ(Hoang Nguyen Man Chieu

 

注釈:翻訳のホーさんが書いてくれました説明は、分かりやすいです。

【送神】(*)、また送神式、旧暦1223日に行う。台所の神様を天国へ見送る。

・なんで台所の神様?台所は家族のメインの生活場所で(由来)、家族の全てのことは台所の神様がしている。

・天国:道教の天国。天国の王朝。

・天国で何を:それぞれの家族はそれぞれの台所の神様がいて、年中1日のみ、天国へ出張、住んでいる家族のこと全て、玉皇上帝へ報告し、次の年に報酬か罰かが決められる。

・同じ日に出迎える式を行う。

 

【除夜の時に式】(*):除夜になると、お菓子などを備えて、お線香をあげ、ご祖先達を誘い、一緒にお正月を過ごしませんか?という式。

・いつ:旧暦1230日の除夜

・旧暦の13日に送別式を行い、今度は肉料理などで行う。(精進料理でも可)


【北村から一言】

 

お手紙ありがとうございました。

ベトナムの社会から、いろいろな越年のための資金や物資をもらえてよかったですね。ベトナム社会も少しずつ充実してきていますね。たとえ頂いたものが少なくても、感謝することです。

 

マン・チエウさんのお宅の旧正月の過ごし方がよく分かりました。私の知らないこともずいぶんあり、楽しいお手紙でした。

 

妹さんの優秀なことは、マン・チエウさんからきいていましたが、よくわかりました。授業料免除はすばらしいですね。大学から生活支援金もでているんですね。お母さんもお喜びでしょう。

 

姉妹揃って、是非頑張り、ご両親を喜ばせてあげてください。

2018年19年度・・・自分の目標に向かって頑張りましょう。

 

           愛のベトナム支援隊

                   Love & Support Vietnam


            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:55 | category: 奨学生からのお便り |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:55 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links