〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サッカールーズの不思議な”勝利“(中)                 | main | 17蓮の花奨学生からの手紙後期 1 ヴィンフック省1 >>
# サッカールーズの不思議な”勝利“(下)

今日の名言・格言・箴言

 

小さい夢は見るな。

それには人の心を動かす力がないからだ。

 

 (ゲーテ)

――――――――――――――――――――――

 

サッカールーズの不思議な”勝利“ 今日は最終回です。

 

サッカールーズの不思議な”勝利“(下)

 

ウォレンは、オーストラリアのベトナム戦争関与に、国内で反対の声が強くなって行く中、遠征目的はプロパガンダであると、長い間主張していた。

 

ギャリ―・ウィルキンズは、1967年にサイゴンの練習前に、ブーツを履いた。

 

「オーストラリアがサッカーチームとしてのそのような強力な宣伝力と親善武器を所有していたなんて、彼は一度も気づいていなかった」と、ヘイは言った。

 

芸能人が、ベトナムでの公演に対してベトナム兵站・支援メダルを受けるだけでなく。一般民衆からの認知も受ける一方で、オーストラリアのフットボールチームは利益になる物は何もなかった。2005年に、政府は、政府あるいは軍の管轄下にあった個人だけが、慰問で公的な貢献認知を受ける資格があると言った。オーストラリアのサッカーチームは、トラックスーツしかもらっていない。

 

コリーは、軍慰問をした有名人や音楽家について、「私が思うに、おそらく、私達は、そう言った芸能人などより誰よりもより危険な場所にいたと思う」と言った。

 

「エンタテイナーが、だいたい保護された軍隊ベースに外出している間、私達はそれにすぐいた。誰かが、私達がメダルを得るべきであると言ったけれども、私は知らない。それは危険であったかもしれないけれども、私達はそれを冒険のより多くと考えた。」

 

ヘイは、サッカールーズが北朝鮮と試合をした1965年に、駐カンボジア・オーストラリア大使のノエル・セント・クレア・デシャンプ氏が言った話を引き合いに出した。「オーストラリアチームがここに来たことは、少なく見積もっても1億ポンド以上の価値がある」と。同大使は、サッカールーズは毎年東南アジアを回るべきだ」と勧めた。

 

オーストラリア初の国際大会でのサッカー優勝ロフィーが、南ベトナムのグエン・ヴァン・チエウ大統領からサッカールーズに渡された。

 

このトーナメント後の数ヶ月で、情勢が大きく変わった。オーストラリアの総理大臣ハロルド・ホルト首相が逝去した。テト攻勢が進行し、反戦行動が盛り上がってきた。

 

しかしながら、サッカー選手にとって、ベトナム建国記念日カップは、生き続けた。

 

ウォレンは、自分が死ぬ年まで毎年、チームメイトだったアティラ・アボニーからクリスマスカードを受け取った。「ベトナムのトンネルを忘れるな」と書かれていた。

 

この言葉は、1967年の決勝戦で、大観衆の前でオーストラリアチームが競技場に入る時のことを示している。

 

ウォレンはあの時のことを思い出した。「私は、未だに、首の後ろの身の毛がよだったのを覚えている」と。(おわり)

 

出典:シドニー・モーニング・ヘラルド(2017年11月12日付け記事)

 

          愛のベトナム支援隊

            Love & Support Vietnam
          <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 18:16 | category: ベトナム戦争 |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:16 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links