〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サッカールーズの不思議な”勝利“(上) | main | サッカールーズの不思議な”勝利“(下) >>
# サッカールーズの不思議な”勝利“(中)                

今日の名言・格言・箴言

 

嫉妬に御用心なさいまし。

嫉妬は緑色の目をした怪物で、

人の心を餌食にしてもてあそびます。

 (シェイクスピア)

 

――――――――――――――――――――――

 

サッカールーズの不思議な”勝利“((中) 今日は、二回目です。

 

試合中に、ベトコン兵士の爆弾持ち込みに備えて、観客は、スタンドに近づく子供たちに用心した。2年前に、スタジアムが攻撃され、4人の子供を含むベトナム人11人が死亡し、42 人が負傷した。

 

ゴールキーパーだったコリー〈現在76歳〉は、空港でオーストラリア人の友人と会い、友人がサイゴンのオーストラリア軍施設へ行けるよう手配してくれたことを思い起こした。

 

コリーは言った。

 

「私の友人は徴兵されて、サイゴンに送られたんだ。

 

彼は、私達が慌ただしい軍隊の中に入り、ビール付きのきちんとした食事をし、映画見られるように手配してくれた。オーストラリア兵たちは、一回銃撃音なら、心配しなくてもいいと。もし2つの銃撃音を聞いたなら、少し心配しろと。もし3発の銃撃音なら、床に伏せろ・・と言った。ベトコンは、バイクできて、爆弾を置いていくんだ」 と。

 

1968年から1988年までオーストラリア・オリンピック選手団の首席の医師だったチサッカー・チーム・ドクターのブライアン・コリガンから、サイゴンの水は飲まないようにとの警告を受け、代わりに、水分の補給にはビールを飲むようにとアドバイスされた。

 

「私達はそれほど確信があったわけではなかった」と冗談まじりにコリーは言った。

 

チームに同行していたカンタス航空の職員が、アメリカ軍施設へ入れるように道を開き、騒然とした食堂で、選手はアメリカ兵とオーストラリア兵と一緒の所で食事をした。そこには、しばしば不適当な違和感があった。サッカー選手は、サッカーをするために、一つの方向に向けて進み、兵士は戦争するために別の道を歩むのだ。

 

トーナメント中に、オーストラリア代表チームが、サイゴン南東のオーストラリア軍の兵站基地であるヴン・タウまで飛行した。オーストラリア軍兵士と会うことと、オーストラリア軍チームと対戦するためだった。チームはオーストラリア空軍のRAAF「トナカイ」号に乗って行った。当時のシドニー・モーニング・ヘラルドリポートの記事によると、選手達は、輸送機に空いている銃弾の穴は気にしないで欲しいと言われた。

 

「トナカイ号機後方には、ドア無しの口があり、私達は水上約10フィートの海面上を飛んだ」と、コリーは言った。

ウォレンは、時々サイゴン遠征旅行が、ハリウッド戦争映画のどこかに似た「シェイラ、ウォッグズそして男の同性愛者」という自叙伝を著した。

 

「おはよう、ベトナムは、私に、私達が放り込まれた場面を思い出させるね」と彼は言った。

 

五つ星の現在の華やかなオーストラリアのスポーツ選手とはほど遠く、部屋割りされた彼らは、ひと部屋に4人押し込まれ、バンク・ベッドを共有した。2人の選手は、ホテルの電気の基本配線からショックを受けた。

 

「私達はこのツアーで、大きな仲間意識を築きあげた」とコリーは語った。彼は、その後、ナショナルサッカーリーグ・クラブのウーロンゴン・ウールブズの監督を務め、そして、Aリーグが誕生してからは、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズでも、アシスタント・コーチを務めた。

 

「ウーロンゴン・ウールブズはたくさんのオーストラリアチームの誕生と共に姿を消した。誰もが現在では、傭兵より実力を持っている。もしオーストラリア代表選手としてプレーして敗れたなら、週1万ドルを得るために、彼らは飛行機に乗ってすぐ次の日、本国に戻らなければならない。

 

「私達のチームの選手は、今では見たことのない我が国への情熱をもってプレーした。今日、情熱をもってプレーしない選手がいる。彼らはちょうど別のゲームのプレーをしているに過ぎない」

 

ヘイによれば、たくさんの金をもらっているわけではなかった。ベトナムフットボール連盟は、ツアー中のオーストラリアチームの航空運賃と宿泊費用を支払っただけだった。オーストラリアサッカー連盟は、費用の一部を賄うために、政府に補助金として1万ドルを要請した。しかし、そのお金が支払われたかどうかは分かっていない。

 

ベトナム滞在中に、選手たち〈そのほとんどは家で仕事を持っていた〉には、週50ドルの賃金と週10ドルの手当が支給された。トーナメントに優勝した時の報酬として、チームのトラックスーツをもらうことができると、選手たちは告げられていた。(つづく)

 

出典:シドニー・モーニング・ヘラルド(2017年11月12日付け記事)

 

          愛のベトナム支援隊

            Love & Support Vietnam
          <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:41 | category: ベトナム戦争 |
# スポンサーサイト
| - | - | 08:41 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links