〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< −偽善と非妥協性−その1 | main | −偽善と非妥協性−その3 >>
# −偽善と非妥協性−その2

難しい内容ですが、大事なことが書かれていますが、ご興味のある方は読んでください。

北村 元


偽善と非妥協性−
エージェント・オレンジ論争を支えるもの(2)

環境科学者・ウェイン・ドゥワーニチュク博士 著

TCDD例外的に有毒で、「塩素ざ瘡または全身性の症状をもたらす相当潜在的可能性を秘めている」という認識は、除草剤固有の危険があるという点で、産業界に議論の余地なく認められたものだ。塩素ざ瘡は、塩素ダイオキシンのようなハロゲン化された芳香族化合物への過度の曝露と関連したにきびのような吹き出物だ。この状態は、1897年にドイツの産業労働者に初めて記述されている。

除草剤(すなわち、TCDDへの曝露に起因して、「全身性症状」も非常に高い率でありうるという記述は、事実上、重要器官に重い損傷の危険性があるとして、体全体のものと分類している。

直接、エージェント・オレンジに曝露したベトナム退役兵の弁護士を務めるガースン・スモーガー博士は、除草剤にの曝露によって起きた健康問題のため、直接化学会社を訴える許可を求めてアメリカ最高裁判所で陳述した20093月に、決定が言い渡されその中で、そのような訴訟権利は否定された。スモーガー博士は、関係者一同に書簡を送り、例えば2,4,5-Tの毒性についての知識を持っていたなど、化学会社の悪意のある行為を明らかにした。(http://www.agentorangelaw.net/).

上記のウェブサイトの中で、スモーガー博士の説明は、『第3項』で、自分が突き止める限り、アメリカ政府は2,4,5-Tエージェント・オレンジの毒性を知っていなかったという声明を載せている。しかし、他の文書では別のことを示している。

2,4,5-Tの製造と並行して生産されていたダイオキシンの毒性を知っていたとする事実関係を明らかに認めた化学会社側の説明は、それ自体が責任議論の中でほとんど些細な役目しか果たさなかったということを個人的に理解することができない。

1988日に、ジェームズR.クラリー博士は、トム・ダシュル上院議員に書簡を送った。クラリー博士は、1962-1965の間アメリカ空軍の化学兵器部門の研究者だった。上記の有名な書簡の中で、クラリー博士の文面はこう続く

私たち軍の科学者は、1960年代に除草剤計画を始めたとき、我々は除草剤の中のダイオキシン汚染により損害への潜在的可能性があることを認識していた。軍事用の製品が、製造の低コスト化と速度によって、市販のものより高いダイオキシン濃度を持つことに、私たちは気づいてさえいた。しかし、その物質が『敵』に用いられることになっていたので、我々の誰もあまりに心配しなかった。我々は、我々の軍隊が除草剤で汚染されるであろうなどというシナリオを決して考えていなかった。そして、もしそう考えていたならば、汚染された我が退役兵に援助与えられるものと我々は思ったであろう

ランチハンド計画の種々の面に関与していたアメリカ軍の元研究者によるこの断定は、この計画の責任者(すなわち、アメリカ政府)が、エージェント・オレンジ曝露による潜在的な結果に気づいていたという明確な証拠であり、アメリカは知らなかったという主張には根拠がなかったというはっきりした証拠である。クラリー博士の引用は、アメリカ復員軍人省長官への1990年5月のズムウォルト提督の報告に書かれていた。それは、エージェント・オレンジの負の健康効果と曝露関連に触れたものだった。

クラリー博士の声明は、エージェント・オレンジ毒性についての責任と知識を巡り継続中の談話の中に『埋もれてしまった』かのように見える。

ジェームズ・クラリー博士は、ベトナムにおけるエージェント・オレンジに関する私の仕事の結果として最近私にに連絡を取ってきた(201112月)。クラリー博士は自分自身がもっと多くんことをすることができなかったこと、そして、エージェント・オレンジ曝露したアメリカのベトナム退役兵士と、同じように曝露の結果苦しんでいるベトナム人を助けるために、もっと積極的な行動がとられなかったことを心から残念に思っていることが電話での話し中に明白になった。… 特にランチハンド計画で早くからダイオキシンの毒性について基本知識をしっていたのに。(つづく)

+++

次回は、少し中略して、先へ続けます。

                        愛のベトナム支援隊・ 北村 元
               Love & Support Vietnam
           <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

     © 2011-2012 Love & Support Vietnam All rights reserved.

| comments(0) | - | 09:36 | category: 枯れ葉剤関連・論文 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:36 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links