〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ダナン空港を上からみると・・ | main | 絵画で見るホーチミン・トレイル(1) >>
# 報告書が届きました!

報告書が届きました。

 

昨年12月中旬から下旬にかけて、私は東北学院大学のフィールドワークに同行させていただきました。

 

経済学部共生社会経済学科では、2016年度に、AからFまで六つのフィールドワークを行いましたが、ベトナムでのフィールドワークは「C」です。

 

担当の野崎教授が送って下さった報告書は、写真の通りです。

        

全75ページにわたる報告書の中で、C参加の九名の学生さん執筆の報告は、16ページから52ページまでにわたっています。

 

ある意味で、参加した学生さんにとって、世代を超えた枯れ葉剤の被害はここまでひどかったのかという、戦争の脅威をまじかにみた強烈な印象が、報告書の半分弱という占有率にまで突き動かしたとも言えます。

 

そして、はしがきで野崎教授が「しかし、そうしたあまりにも過酷な生活環境の中でさえも難病の子どもたちや孫たちを必死に守り、世話をしている母親や父親の生き抜く姿に接する度に、いつも彼ら/彼女らの中に人間の崇高さと強靭な生命力に気づかされる」と書かれているように、その生き抜く姿に多くを学んだ学生さんが、このまま黙ってはいられなくなったこともたしかだと思います。

 

9名の学生代表を務めた渡邊佳奈子さんは、「現地でしか味わえないこと、被害者に会ってみて初めて分かったこと、さまざまな発見ができた」と記し、「この経験は忘れることはないだろう。たくさんの人たちに敬意をひょうすためにも、ベトナムの現状を伝えていき、支援の輪が広がっていくことを願っている」と締めくくっています。

 

まさに、フィールドワークの大切さが記されています。

 

野崎教授は、この3月に定年退職されました。長い間、たいへんにご苦労さまでした。学生さんも、第6回のフィールドワークCでよく頑張ってくれたと思います。これからも、皆様、御健康で、ご活躍ください。

 

            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 12:42 | category: 東北学院大学 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:42 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links