〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東北福祉大学・ベトナム・スタディツアー報告書から(2) | main | 東北福祉大学・ベトナム・スタディツアー報告書から(4)完 >>
# 東北福祉大学・ベトナム・スタディツアー報告書から(3)

昨日のアクセスは171でした。時間をかけて読んでくださったことに、感謝します。

 

今日は東北福祉大学の3人目、浦山裕佑さんです。

参加した去年は、一年生でした。一生懸命動いてくれました。何かを掴んでくれたと思っています。一年生から参加する人はすくないのですが、よく思い切って参加してくれたと感謝しています。

 

浦山裕佑 (写真下・左)

   

VAVA 本部(北村註:ベトナムの枯れ葉剤被害者の全国組織のことです)へ行き、リン会長との会談を行って枯れ葉剤被害者の方が抱いている気持ちや

置かれている現状、また、ベトナム政府として行っている支援や活動についても知ることができ枯れ葉剤や戦争などについて深く考えるためのきっかけとなりました。

 

これを機に私たちも枯れ葉剤について理解を深め風化させないために日本にいる人に伝えていかなくてはいけないと感じました。

 

また、リン会長の「枯れ葉剤投下国に対する気持ちは原爆の被害を受けた人と同じだろう」その言葉が重くも未来向いて歩き出しているように思えるものでした。ツアー全体を通して愛のベトナム支援隊の支援を涙を流し受け取ってくれる人がいたり、たくさんの人が支援を必要としている実態を知りました。

 

被害者の方との触れ合いが全くできていなく、迷惑をかけてしまった部分もあったので次回参加する時は積極的に触れ合おうと思いました。日常ではできない経験ができ、とても為になりました。

 

もう一つ、VAVA本部を訪問した時の記録も、浦山さんが記録してありましたので、掲載します。

 

VAVA 本部訪問(8 23 日)

浦山裕佑

ハノイ市内にある、枯れ葉剤被害者協会本部に予定していた時間よりも早く着き、VAVAのグエン・ヴァン・リン会長や職員の方との会談が始まった。部屋には私たちが訪問した日付と愛のベトナム支援隊の文字が映し出され、テーブルにはたくさんの竜眼があり、とても歓迎されているようだった。始めに会長の挨拶があり、次にツアーの団長である北村さんの挨拶があった。その後、私たち学生がリン会長にVAVA の活動や枯れ葉剤被害者のことなどの質問をする時間があり、3 人の学生が質問をした。

 

・学生「今私たちは愛のベトナム支援隊として枯れ葉剤被害者の方を支援させていただいてるのですが、ベトナムとして国としての支援はどのような状態なのでしょうか。」

・リン会長「今現在、ベトナムでは第4 世代まで影響がでています。特に2 世代と3 世代の障害がありました。なので、生活や心身、治療を行って医療的にも支援しています。また、いろいろな制度もあります。例えば、1 世代の方には毎月支援金を送っています。他にも社会保険や奨学金制度もあります。政府だけでなく国民や国外からも支援してくれています。」

 

・学生「ベトナム戦争時に枯れ葉剤を使用した国に対して何か怒りや憎悪などの特別な感情はありますか。」

・リン会長「ベトナムの枯れ葉剤被害者の人々は勇気を出して頑張って生活をしています。世界の戦争の被害者は、その国に対してあまりいい印象ではないでしょう。戦争を引き起こした国に対して皆は怒っている。ですが、戦争の結果についてはあまり考えないようにしていて、未来へ向かっています。失礼ですが、この質問は広島の人に聞いても同じようなことを言うと思います。」と笑みを浮かべながら答えた。

 

・学生「世界的に枯れ葉剤の理解が薄いと思っています。何世代も被害が出るという点で原爆の被害者と似ています。だんだん風化が進み記憶が薄くなっていると思いますが、政府として風化をさせないために行っていることはありますか。」

・リン会長「科学者がどうして何世代の被害が続くのかなど研究をしています。ベトナムでは戦争博物館などを建てて歴史を知ってもらうことをしています。」

 

全ての質問に対してリン会長は丁寧にゆっくりと答えてくださった。

会談は終始穏やかに進み2 時間ほどで終わり、支援のお礼にと額に入った感謝状とたくさんの竜眼をお土産に下さった。

   

   右から、リン会長 竹入さん 浦山さん

 

家庭訪問という現場を私たちは、大事にしています。奨学金を渡しているだけでは、ほとんどのことがみえていません。お宅に伺って、はじめて、かなりの部分が見えてきます。私たちが訪問している省の中では、ヴィンフック省が、本当に良く協力してくれます。

 

またほかにも、ハイフォン市のVAVAもよく家庭を把握していますので、家庭訪問はやりやすいです。

 

今年も、2〜3軒訪問したいと計画しています。

 

            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:42 | category: 東北福祉大学 |
# スポンサーサイト
| - | - | 08:42 | category: - |
コメント
コメントする









Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links