〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【エージェント・オレンジとは 8】 | main | 【エージェント・オレンジとは 9】 >>
# 支援隊2016ツアー7・友好村6

8月18日友好村6

 

たくさんのブログ訪問者のご声援を受けながら、今日も、ベトナム友好村での奨学金贈呈式の模様をお伝えします。

         

グイ・ティ・ゴック・トゥーサンに奨学金です。立会人は、岩田和子さんです。

      

   蓮

         グイ ティ ゴック  トゥー

        Ngy  Th  Ngc  Thuさん

 

    愛のベトナム支援隊は、ベトナム友好村

    トゥエン理事長の推薦で、奨学金XXX

    VNDを贈ります。

 

          岩崎 航(わたる)さんの詩を贈ります。

        春の温かさを

      知るための

            冬であったと

            言い切ることに

            臆するな

 

      支援隊の激励の言葉:冬の寒さを知った人だけが、春の

       ほんとうの温かさを感じる。頑張った分だけ春の喜びを

    大きく感じられるのです。

 

       2016年8月10日

     愛のベトナム支援隊

    奨 :小田 昭六 ヤイ

    立  会  人  :  岩 田  和 子

         

和子さんに贈られたのは、トゥーちゃんの自画像でしょうか?

 

トゥーちゃんは、去年、口の周辺の手術をすることになっていました。今年は、きれいになったかなと楽しみにしていました。友好村の方にききましたら、去年は手術をしなかったということです。多分、彼女は生まれながらの口蓋裂だったと思います。その時の手術はまだ、ベトナム医療の手術が発達していないときだったんでしょう。見た目はそれほどひどくはないんですが、今年辺りは、本人が気にし始めて、口の周辺に紙をあてて、みえないように・・と恥ずかしさを自覚し始めたようです。

 

整形外科と形成外科はごっちゃにされるケースがありますが、整形外科は身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢が主な治療対象です。

 

これに対し形成外科は、生まれながらの異常や、病気や怪我などによってできた身体表面が見目のよくない状態になったのを改善する(治療する)外科で、頭や顔面を含めたからだ全体を治療対象としています。

 

日本でまだ「形成外科学」が確立していなかった時代には、整形外科で口唇裂や熱傷の治療が行われていました。

トゥーちゃんも、早いうちに、治療を受けておいた方がいいと思います。

 

勉強はがんばっているようです。幸せを祈っています。

 

          写真提供:東北福祉大学 生田目学文教授

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:26 | category: 支援隊ツアー |
# スポンサーサイト
| - | - | 08:26 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links