〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【エージェント・オレンジとは 1】 | main | 支援隊2016ツアー1・出発 >>
# 【エージェント・オレンジとは 2】

きょうも、枯れ葉剤・・・の記事を書きつるは、何のため。

 

種田山頭火の《この旅 果てもない旅の つくつくぼうし》をモットーに楽しんでやってるんだが。

 

生きるとは、単に生きながらえることばかりでなく、何かに命をかけることである。命をかけたとき夢は現実となる。・・・三頭火はいうが、まだ・・その・・夢は実現できていないんで。

 

勉強する人のため・・・だな。勉強しない人は、あまり好きではないんで。勉強する人がいれば、こちらもがんばれるし・・・。

 

今日から愛のベトナム支援隊2016年支援ツアーの報告を始めようと思ったが、写真の整理に手間取って、もしかしたら、明日から始められるか・・・と言う状況なんだよね。お許しを戴きたい。

 

【エージェント・オレンジとは 2】

エージェント・オレンジは、アメリカの化学メーカーが植物を枯らすために作ったもので、最高50倍の濃度で噴霧された。 それは、旧南ベトナムの領土の何百万エーカーという森と農地を枯らした。その土地は、今日も劣化したままで、農作物などを生産できないままの所が多い。

 

エージェント・オレンジの中に含まれている化学物質ダイオキシンは、何十年も有毒なままで、いまだベトナムの「ホットスポット」(重度汚染地)では、非常に高濃度で見つかっている。

 

オレンジ剤と他の化学製品が当時保管されて、撒布業務で飛行機への積み込みが行われた、有毒な残留ダイオキシンがある「ホットスポット」は、およそ二十数か所にもおよぶ。それが食物連鎖に入って、大人と子供たちに影響を及ぼすことからダイオキシンを除去するために、これらの化学的「ホットスポット」は除染されなければならない。

       

1960年代を通じてエージェント・オレンジは使用されてきたが、その後、1971年にアメリカは使用を禁止した、そして、残ったエージェント・オレンジは、ベトナムとアメリカからハワイの南東700マイルにある、アメリカの統治下にあるジョンストン環礁まで運ばれ、そこで、1978年に破壊された。この運搬作戦名をペーサー・アイヴィ作戦(Operation Pacer IVY)という。この作戦については、後日触れることにする。

 

今日、エージェント・オレンジとしては、ベトナムにも他のどこにも、保管も存在もしていないことになっている。それを信じたい。


          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:58 | category: 管理者の徒然日記 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:58 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links