〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 枯れ葉剤被害者に寄り添って・・・8月10日 | main | ダイオキシン被害・国際シンポジウム ハノイで開幕 >>
# 科学者ら 未だ枯れ葉剤の有害性を明かす

科学者ら 未だ枯れ葉剤の有害性を明かす

 

ベトナムの声放送のニュースとベトナムテレビの画像を使って、第三回枯れ葉剤被害国際シンポジウムのニュースを報告します。

 

VOV.VN−アメリカ軍がベトナム戦争中に撒布したエージェント・オレンジの影響が続いている問題について話し合うために、ハノイで開かれた国際シンポジウムに、世界中からの何百人もの科学者が集った。

 

ヴ^−・ドゥック・ダム副首相(写真・下右端)は、開会のスピーチで、過去の抗戦から生じたAO被害者を支援して発言するために出席した人々に感謝の気持ちを表した。

      

副首相はさらに、ベトナムの枯れ葉剤惨禍から55周年にあたって開かれた国際シンポジウムは、枯れ葉剤被害者の救済策を促進するとともに、将来の戦争で化学兵器または他の大量破壊兵器の使用を防止するための連帯の呼びかけを出すことを念頭に置いたものであると、語った。

 

ダム副首相は、また、「ベトナム政府と国民がすべての戦争犠牲者、特に枯れ葉剤被害者がより良い生活が送れるように支援を受けることを望んでいる。

 

政府と社会機関は、枯れ葉剤被害者を助けるために、多くの実用的な行ってきた。また、恐ろしい結果に手をつないで対処するために、国際社会や機関に呼び掛けてきた」と語った。

      

シンポジウムは8月8日から10日まで開かれ、エージェント・オレンジについて継続して行われている研究とエージェントオレンジの影響の評価も関して、出席した科学者からおよそ30の報告が行われると発表された。

 

以上ここまでがVOVのニュースです。

 

私たち(生田目教授=東北福祉大学、野崎 明教授=東北学院大学、トゥアン・アイン准教授=ハノイ国家大学 と私北村)は、昨年9月下旬にハイフォン市で行った15世帯の枯れ葉剤被害者宅の訪問調査の結果を、生田目教授が代表して、今回のシンポジウムの開会初日(8月8日)に参加者に報告しました。関係者から、称賛の声を戴きました。

 

   愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 15:24 | category: 管理者の徒然日記 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:24 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links