〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2015支援隊ツアー32・いざヴィンフック省へ9 | main | 2015支援隊ツアー33・いざヴィンフック省へ10 >>
# 南部訛りのニュースキャスター
国営放送に、南部訛りの

男性キャスターが登場


 ベトナム国営テレビ(VTV)のニュース番組で、南部訛りのベトナム語を話す男性ニュースキャスターが初めて起用され、話題となっています。ホーチミンテレビ(HTV)やVTVホーチミン市事務所でニュースキャスターやリポーター、エディターとして勤務していたメコンデルタ地方カマウ省出身のベト・フォン(Viet Phong)さんです。
      http://www.viet-jo.com/home/magick_img.php/151029075100.jpg?part(300)
 VTVはハノイ市を本拠地としており、数年前まで北部訛りのニュースキャスターのみを起用していました。しかし、情報の享受において各地方の国民の平等性を確保する必要があり、地方訛りでも発音と声調さえ正しく話すことができれば問題ないとの考え方から、VTVでは近年ニュース番組に南部訛りや中部訛りのニュースキャスターを起用するようになりました。

 日本で言ってみれば、関西弁や東北弁の全国放送のアナウンサー 登場というわけです。

 フォンさんはVTVにおける南部訛りの男性ニュースキャスター第1号。南部訛りや中部訛りの女性ニュースキャスターとして、ホアイ・アインさん、トゥイ・ハンさん、アイン・フオンさんなどが以前から起用されています。フォンさんも含めて、いずれも美男美女ばかりです。

 ベトナム語は北部訛り、中部訛り、南部訛りに大別さますが、文字表記と照らし合わせると、首都ハノイ市のベトナム語は発音及び声調の誤差が最も少なく、いわゆる「標準語」とされています。一方、発音は大きく異なるが、最大の経済都市ホーチミン市のベトナム語も標準語とされており、多くの地方出身者が地方訛りを矯正し2大都市の標準語を見に付けようと、クラスに通っている人もいます。

 何年か前に、ベトナム外務省新聞局の日本語を話す女性が通訳として私たちに中部まで同行しました。通訳の流れが悪いので、聞くと、「中部訛りで、まるでわかんなあい・・・」と言いました。
     
http://www.viet-jo.com/home/magick_img.php/151029075100_2.jpg?part(300)
 行き先が分かっているんだから、もっと勉強しろ! と思ったものです。カネをとるなら、わかる通訳をしなさい・・昨日、今日できた方言ではないだろ! できないなら、出来る通訳と最初から交代しなさい ということです。ベトナム外務省の通訳は、概して甘ったれている者が多いです。親方日の丸の精神がちがちですから。ま、彼女に肩を持つ気はさらさらないですが、そのくらい違うのです。

                   愛のベトナム支援隊・北村 元
                                 Love & Suport Vietnam
               <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>
| comments(0) | - | 12:04 | category: ベトナム文化 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:04 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links