〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 14蓮の花奨学生からの手紙供檻汽縫鵐咼鷯福Υ | main | 14蓮の花奨学生からの手紙供檻競瀬淵鷸 >>
# ベトナム戦争終結40年 報道ぶり4
今回は、産経新聞の記事をご紹介します。

+++

【サイゴン陥落40年(上)】
世界を変えた「テト攻勢」 

ニクソン訪中でベトナム戦争は終局 

「昨日の敵」は「今日の友」に 

友田錫 元本紙サイゴン特派員

        http://www.sankei.com/images/news/150429/prm1504290029-n1.jpg
1975年4月29日、脱出する人々を乗せてサイゴンの米国大使館から飛び立つヘリコプター (AP)

 1975年4月30日、旧南ベトナムの首都、サイゴン(現ホーチミン)の大統領官邸に白旗が掲げられた。この瞬間、ほぼ15年にわたって世界の耳目を集めたベトナム戦争が終わりを告げた。それから40年。あらためてこの戦争の流れを振り返ってみる。

 歳月を隔てて国際情勢の流れを振り返ってみると、必ず何がしかの、しかも思いもかけぬ発見がある。この15年戦争にあっては、68年1月の解放戦線による「テト攻勢」が、実は最大の分岐点だった。

 米国民に衝撃

 テト攻勢。それは、米軍の本格介入で劣勢に追い込まれた解放戦線側が、巻き返しを図って展開した乾坤一擲(けんこんいってき)の作戦だった。解放戦線はテト(旧正月)の休戦の隙をついて、首都サイゴンをはじめ「南」全土の主要都市と基地に一斉攻撃を仕掛けた。あまつさえ、サイゴンの米大使館も一時、占領されかけた。

 この光景がテレビで全米に放映されると、「勝利は近い」と信じこまされていた米国民は衝撃を受けた。これをきっかけに、全国にベトナム反戦の炎が燃え広がった。翌69年1月に登場したニクソン政権は、ついにベトナム戦争からの離脱に踏み切った。

 だが世界の超大国、米国が、「大国の名誉」を保ちながらベトナムから足を抜くにはどうしたらよいのか。

 当時、中国と旧ソ連の対立が戦争一歩手前のところまで険悪になっていた。大統領のニクソンとその右腕で安全保障担当の特別補佐官だったキッシンジャーは、これを好機と捉えた。

中国はベトナム戦争では物心ともに北ベトナムの最大の支援者だった。米国がその中国と手を握れば、ハノイの立場は決定的に弱まる。同時に、東西冷戦で米国の最大のライバルであるソ連も大きな打撃を受けるはずだ。一石二鳥の妙手だった。

 中国もソ連の脅威への対抗策を探していた。こうした米中両国の思惑が合致して、72年2月、ニクソンの訪中が実現した。このニクソン訪中を境にベトナム戦争は一挙に終局へと突き進む。翌年1月、難航していたパリ和平交渉が妥結して協定が成立。3月、一時54万人を超えていた米軍の全面撤退が完了した。

 一言つけ加えておこう。この時点では、北ベトナムの指導部には武力による「南」の統合を急ぐつもりはなかった。ところが、ワシントンで繰り広げられた政治ドラマ、ウォーターゲート事件が、ハノイに対「南」戦略を転換させることになった。

 ニクソンの大統領辞任騒動を見て、米国にベトナム再介入の余地なしと見極めたハノイは、「南」の武力統合の方針を決定したのだ。74年末、南全土の征服作戦の火ぶたが切られ、半年足らず後、サイゴンは陥落した。

 三極構造の出現

 ベトナム戦争の流れという点では、確かにテト攻勢は決定的な転機となった。だが、その産み落とした米中接近は、単にベトナム戦争終結に道を開いただけでなく、国際政治全体の骨組みを一変させることになった。すなわち、第二次世界大戦後から続いていた「米ソ」の二極構造に代わって、新たに「米中ソ」の三極構造が出現したのだ。

 さて、目を「ベトナム戦争後」に転じる。ベトナムを取り巻く情勢も、国際政治の枠組みも、再び様変わりした。米国とベトナムの関係は、「昨日の敵」から「今日の友」に転じた。対照的に、中国とベトナムは南シナ海の領有権をめぐって激しく対立している。

ベトナム戦争がその誕生の一端を担った国際政治の三極構造も、80年代末からの冷戦と中ソ対立の解消、ソ連邦の解体によって消滅した。代わって、抜きんでた指導的な国のない「Gゼロ」の世界が生まれつつある。その中では、台頭著しい中国と、既存のパワー、米国とが、アジア全域で覇を競っている。

 ベトナム戦争は重要なことを教えてくれた。それは、このような国際的広がりを持つ戦争にあっては、ある一つの現象が、戦争そのものの行方にも、また世界の政治の骨組みにも、甚大な影響を及ぼし得るということだ。そのことを心に留めながら、私たちはこの新しい国際情勢の展開を見ていく必要がある。(敬称略)
 ◇
 ともだ・せき 早大卒。東京新聞を経て産経新聞でサイゴン特派員、パリ支局長、外信部長。その後亜細亜大学教授、日本国際問題研究所所長を歴任。


                         愛のベトナム支援隊・北村 元
                            Love & Suport Vietnam
            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>
| comments(0) | - | 13:43 | category: ベトナム戦争 |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:43 | category: - |
コメント
コメントする









Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links