〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 写真でつづる冬のベトナム10

12月のハノイ 10(おまけ)

 

東北学院大学の学生さんのフィールドワークの報告のおかげでしょうか、アクセスが168になりました。ご訪問ありがとうございました。

 

ベトナムを1週間にわたってフィールドワークの場所として調査・聞き取りをした東北学院大学(仙台市)の学生さんから、メールが来ました。

 


Aさん:内容が濃すぎる一周間でとても、メールでは語りきれないような日々でした

 

Bさん:実際にベトナムに行き、被害者の方のお話を聞けたこと、触れ合うことができたことで、今までどれだけ自分が何不自由なく平和で幸せな生活ができている、ということを深く感じることができました。

Cさん:親には反対されましたが、本当にベトナムへ行ってよかったです。私のかけがえのない経験になりました。

 

Dさん:今回のフィールドワークの計画などありがとうございました。インターネットや本では決して知ることのできない貴重な体験をさせていただきました。 今回の体験を自分だけにとどめないように報告会では頑張りたいと思います。

 

現場での実体験ほど強いものはありません。これからの長い人生をどう表現していくか。人生をどう描いていくか・・・人への奉仕という重い課題があります。

 

私も、昨日、ハノイを離れて、シンガポールに来ました。

 

シンガポール航空機のハノイ・ノイバイ空港への着陸です。この飛行機で、折り返しシンガポールに向かいます。正面に、ソクソンの山並みが見えますね。

      

ハノイのノイバイ空港も、国際線就航の数が増えました。機内から取りました。

      

私の乗った飛行機が離陸を始めました。ベトナム人民空軍機が、格納庫でやすんでいます。対中国用の軍用機でしょうか。

      

8月に訪問したダナン市上空です。左上の方に、ソンチャー半島がかすかに見えますね。

      

 

            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:31 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
# 写真でつづる冬のベトナム9

12月のハノイ 9

 

冬のベトナム・シリーズは最終回です。

冬らしくない、夏近しを思わせる気温が続いています。

東北学院大学の皆さんをホテルでお見送りして、クリスマスカードを10枚書いて、郵便局にいき、切手を貼って投函し、そのままホアンキエム湖の歩行者天国を歩きました。

 

昔懐かしい遊びを見ながら、学生さんと過ごした1週間の後の心の空洞を埋めました。

 

色の濃い。ちょっと危険を感じる駄菓子が売られていました。仙台駄菓子をなつかしく思い出しましたが、これはちょっとド派手な色ですね。

      

チョイ・チュエンもやっていました。箸とボールで遊ぶ素朴な遊びです。やはり上手でした。資格を持っている人のようでした。

      

両側に竹を動かす人がいて、その間を渡るゲームです。名前を忘れました。

      

竹馬もありましたが、日本と乗り方が違います。竹馬を使って、かつてはエビ漁をしていました。この子、股割きにあって、動きがとれません。

      

縄跳びもやっていました。

      

      

      

長く続いていたのですが、黄色のシャツの男の子がすべてを潰しました

      

 

綱引きは面白かったですね。 参加者がどうしても片方に偏ってしまいます。

       

シャボン玉飛んできましたが、この女性、許可なしで営業しているらしく、常に係官の動きを木にしていました。

     

ダーカウの発祥は中国と言われています。その歴史は意外と古く、紀元前5世紀頃から楽しまれていた伝統的なものです。ダーカウとはベトナム語の呼び名で、世界共通ではシャトルコックと呼ばれています。ちなみに、発祥の地中国ではチェンズです。

     

     

毛筆で字を書く古老がいました。結構の人気でした。

     

最後に、ホアンキエム湖の湖畔に、入れ墨をした若い女性が、湖面を眺めているのを見つけました。

     

このシリーズ 今日で終わります。

 

私は、今日シンガポールに出ます。


            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:56 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
# 写真でつづる冬のベトナム8

12月のハノイ 8

 

昨日のアクセスは140・・・クリスマス・イヴにも拘わらず、訪問してくださった方々に・・・ありがとうございました・・とお礼を申し上げます。

 

東北学院大学(仙台市)の経済学部共生社会経済学科のフィールドワークは、昨日無事に、終えました。

 

一日二軒の枯れ葉剤被害者家庭の訪問、ソンラー省の小学校分校の訪問、枯れ葉剤被害者協会(VAVA)本部での「人の幸福とは何か」の問題を話し合い、ホーチミン・トレイル博物館での見学、地元のハノイの大学生との二度にわたる交流・・最後は、ホーチミン廟の前の広場ですべての日程をこなしました。

      

成功の手ごたえに、ホーチミン廟の前で飛びあがるフィールドワークの学生たち。

 

枯れ葉剤被害の聞き取り、訪問家庭での足湯、合唱、バイオリン演奏、衣類の贈呈、たくさんのことをおこない、一所懸命被害者に寄り添おうとした姿勢に、感銘を受けました。「目で見たことが一番真実」を,一同に実感したようです。

 

今日、ハノイを飛び立ち・・日本に帰国します。

 

野崎 明先生、伊藤優作さん 遠藤良記さん 奥山寛也さん、糠澤圭太さん、千田瑛理香さん、山田崇弘さん、横田絵美さん、吉田佳純、渡邊佳奈子さん どうか良いお年を。

 

来年2月10日の同大学共生社会経済学科での発表会に向けて、新年早々から準備に入るそうです。

 

大成功を祈っていますよ。

 

            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:45 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
# 写真でつづる冬のベトナム7

12月のハノイ 7

 

昨日のアクセスは、178・・・。読者のすばらしいビッグ・クリスマス・プレゼントでした。

ありがとうございました。

 

今日は、クリスマス・イヴ。

世界的に見れば、クリスマスの本来的意義はとっくに薄れています。

しかし、こういう機会に、世界の平和を考え、差異を越えて子どもたちに笑顔を作っていこうと考えることは、大事なことだと思います。

ベトナムでフィールドワークをと、バイトをして資金を作ってベトナムに来た東北学院大学の学生たち9名は、23日、ハノイ郊外のベトナム友好村を訪問して、施設の中で暮らす子どもたちと笑顔のひと時を楽しみました。

 

サンタの出発式です。

      

学生サンタ(糠沢圭太さん・3年)が同施設の10教室を訪問しながら、お菓子と歌のプレゼントをしました。子供たちの笑顔がはじけました。

      

笑顔ミニ特集です。

      

      

      

      

      

      

      

      

         

      

      

      

      

      

      

      

      

学生たちの皆が、子どもたちの心に平和が宿ることを願っていました。ベトナム語で平和は「ホアビン」 漢字で書けば「和平」・・・来る年の平和を前進させさせるために、平和行動が求められています。子どもの平和無しに世界平和はないでしょう。

      

 

            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:49 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
# 写真でつづる冬のベトナム6

12月のハノイ 6

 

12月23日。クリスマス・イヴイヴです。

いま、ベトナム時間の午後11時。ハノイ市内の通りは、どこでも、バイク、車で、大授渋滞です。

      

私が泊まっているハノイ市内のホテル前も、人の流れ、車の流れ、バイクの流れがきれません。バイクのエンジン音がひっきりなしに、ホテルの部屋に入ってきます。

 

夜中の2時3時になれば、この流れは少し止まるかもしれませんが、12時 午前1時頃までは、人の流れは止まらないでしょう。

 

不夜城のハノイです。

 

            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 01:19 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
# 写真でつづる冬のベトナム5

# 写真でつづる冬のベトナム5

12月のハノイ 5

 

12月22日、東北学院大学経済学部共生社会経済学科の野崎 明教授と9名の学生(代表・渡邊佳奈子さん)が、ベトナム北部の、ラオスと接するソンラー省モクチャウ郡にあるタ・ニエット小学校分校を訪問しました。

      

 

歌とバイオリン演奏・サッカー試合をして、分校の子どもたちにクリスマスプレゼントをしました。

      

サッカーでは小学校5年生を4組に分け、トナーメント方式で戦いました。生まれて初めてサッカーボールを蹴る子どもたち。勝負を忘れて、男の子も女の子もボールを追いました。

      

ひたすらにボールを追い続けた子ら。最後はPK戦。優勝を告げられると、飛びあがって喜びあっていました。

      

優勝したチームの子どもたちにメダルを奥山寛也さん(3年生)から優勝メダルをかけられると、また大きな喜びが広がりました。

      

      

狭い講堂では、私たちのために、お茶を入れてくれる子がいました。

      

小5を対象に、横田絵美さんがバイオリン演奏を披露しました。

      

遠く日本から大事に運んできたバイオリンです。ポカンと口を開けながら、初めて聴くバイオリンの音。肩を組んで聴く子。

      

ひときわ大きな拍手を贈っていました。

 

最後は、ホーチミンの歌を、全員で合唱して、お別れ。狭い講堂から、元気のいい歌声が校庭に流れていました。

      

東北学院大学の学生さんたちも、山の分校の子らと交流できた手ごたえを実感していました。分校の可愛い子らの健やかな成長を祈りたいと思います。

 

この日午前中、気温29度という真冬の中の夏日。お昼が過ぎると急に風は冷たい北の風になり、山の街は濃い霧に覆われていました。

 

            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:25 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
# 写真でつづる冬のベトナム4

12月のハノイ 4

 

真冬の割には温かい今年の北部ベトナム。日中で29度も。

東北学院大学経済学部共生社会経済学科の学生さんたち9名(代表:渡邊佳奈子さん3年生)が、野崎 明教授と、ベトナム戦争枯れ葉剤被害者の家庭を、フィールドワークCという授業の一環でベトナム・北部を回っています。

 

私も同行しています。

 

今日は、ヴィンフック省イエン・ラック郡のグエン・ゴック・タイン君(小5)とグエン・ヴァン・ミン君(5歳)の家を訪問しました。枯れ葉剤被害者の第3世代の被害者です。

      

病名は、先天性(遺伝性)魚鱗癬[と思われます。

 

尋常性魚鱗癬[じんじょうせい ぎょりんせん]

常染色体優性遺伝形式をとる。生まれたときは症状がないが、乳幼児期になってから発症する。ほぼ全身の皮膚が極度に乾燥し、特に四肢の伸側と下腿の前面に強く出る。皮膚症状は夏に軽快し、冬に増悪。汗がほとんど出ない場合が多いため、体温調節が難しく、夏場は熱中症になりやすく、冬は角化による亀裂によって歩行に支障をきたす場合もある。

 

学生さん達は、家族や被害者協会の役員から被害状況を聞いた後、足湯を施したり、歌を歌い、バイオリンも演奏して、被害者の心の奥に寄り添って行きます

      

タイン君とミン君が学生さん達による足湯サービスを受けている間、横田絵美さん・3年生)も、激励の役を果たしたいとバイオリン演奏を買って出ました。

         

3年間の練習のブランクをものともせず被害者の少年たちに癒しを贈りました。

 

お母さんのトゥーさんは、自らもバイオリンの演奏を聴きながら、足湯を進める学生さん達の動きをみていて、涙が込み上げてきました。

         

一人、壁に向かって涙を流している姿が、私たちの心を引っ張りました。

 

山田崇弘さん(3年生)も、トランプで手品を披露。「手品を覚えていてよかった」と。

 

すべてが終わったあと、お母さんのグエン・ティ・トゥーさんは、涙をうかべながら、こう話してくれました。

「近くにいても子どもから離れようとする人もいるのに、離れた遠くから来てくださって、子どもに近づこうとする方々がいて、感動しました。日本の学生さんに感謝しています」

 

ヴィンフック省の冬の日の午後の一齣・・・優しい日差しが射していました。

 

             愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 00:00 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
# 写真でつづる冬のベトナム3

12月のハノイ 3

 

テレビやテレビゲームの発達で、民間の伝統的な遊びが、姿を消しつつあるのは、どこの国も同じです。

 

ベトナムの伝統的なゲームのチョイ・チュエンがそれです。

         

それは、箸をテーブルの上や、道路でもいいのですが、下に置いて、右手で小さいボールを植えに向かって投げてる間に、右手で箸を一本、左手に運びます。これで1級検定に合格です。

やってみると、かなり難しいゲームです。

 

             愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

 

| comments(0) | - | 00:30 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
# 写真でつづる冬のベトナム2

12月のハノイ 2

 

昨日は、晴れ。今日は、曇り。気温は昨日より高めです。

今朝もホアンキエム湖を歩きました。

 

両手をベストのポケットに突っ込んだおばあさん。寒そ!

でも、気温は高いんです。私半袖で十分。

      

朝もやに霞むホアンキエム湖です。色を失った朝です。

      

湖畔を快適に走る自転車

      

音楽に聞き飽きたのか、子どもの顔が歪んできましたが、一番前で耐えているのはえらいです。

      

今日もたくさんの人で賑わいそうです。

明日もアップできるかな? また見てください。

 

             愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 14:16 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
# 写真でつづる冬のベトナム1

12月のハノイ 1

 

昨日のアクセスは171でした。皆様 ありがとうございます。

夏のツアーの御報告をしばし中断して、12月のハノイを写真でつづります。

 

今、ハノイに来ています。昨日、16日にハノイに着きました。

シドニーの雨に、定時に飛行機のドアを閉めたのに、離陸は40分の遅れ。大した雨じゃないのに、込み合うんですね。

シンガポール発も、定時前にドアを閉めたのに、ここでも30分遅れ。

おかげで、スンがポール空港では何も買えず。

 

ハノイは、結構涼し目でした。でも、昼間は、何かすると汗がにじみます。

 

そして、ご存知の方も多い、ホアンキエムの周辺は、土日は歩行者天国になりました。ちょっと回ってみました。

 

湖畔は、車がいなくなって、街の写真館の稼ぎ場所になっていました。

      

恋人同士か、婚約記念か・・監督の注文も大変です。なかなかそろいませんでした。

こんなことは妊娠前にやっておかないと、飛んでもないことになります。

 

通りでエレキギターを弾いている人がいました。

観衆はただ一人。大いに受けていました。

      

滞在中、出来れば毎日載せたいですが、そうはいかないでしょうね。

 

では、また明日。

 

             愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam


      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 13:30 | category: 写真でつづる冬のベトナム |
Categories
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links