〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 枯れ葉剤の日 点描
我が家の庭に、毎日来る鳥の一羽です。

昨日ブログにタンポポの最後の姿を写真に撮りましたが、撮影してから3時間もしないうちに強風が吹いて、飛んで行ってしまいました。

さて・・・・
 810日は枯れ葉剤の日でした。枯れ葉剤被害者のなかで、この日を元気で迎えられた方がどくらいいらっしゃるのでしょうか。介護する家族の方のご苦労は計り知れないものがあります。

各省の枯れ葉剤被害者協会が、家庭を訪問して、激励の品物を贈るのですが、恒久的な解決にはなりません。その日の各地の様子を、ほんの少しご紹介します。

ニンビン省:ニンビン省枯れ葉剤被害者協会は、85日枯れ葉剤被害者協会本部からの1億ドン(約5000米ドル)基金を使って、特に貧しい家庭10世帯に贈り物を贈呈した。省内には、4600人超の被害者が疾病に苦しんでいるという。

西隣りがカンボジアとなるビン・フオック省(省都:ドン・ソアイ)では、人民委員会、祖国戦線委員会の代表らが、50万ドン相当の品物もって、やはり枯れ葉剤被害に苦しむ貧しい15世帯に贈った。ビン・ロン郡(カンボジアに近い)では、63人が、枯れ葉剤の被害に苦しんでいる。

ベトナム北部のランソン省:85日に、省内のチャン・ディン郡(省都ランソンの市の北部にあり、郡の東部は中国と接している)とヴァン・クアン郡(省都ランソン市の西方にある)地区で、枯れ葉剤被害者協会が合計20の団体が、枯れ葉剤被害者家族に50万ドン相当の品物を贈呈した。

             愛のベトナム支援隊・北村 元           
        Love & Support Vietnam
 
       <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>
 
       ◎2011-2013 Love & Support Vietnam All rights reserve.

| comments(0) | - | 09:19 | category: 枯れ葉剤の日 |
# 今日は枯れ葉剤の初撒布から51年目です
今日は、コントゥム省のダクトに、1961年に初めて枯れ葉剤が撒布されて51年目に当たります。改めて、これまでに枯れ葉剤被害で亡くなられた方のご冥福を祈り、今なお苦しんでいる方々の、心の安寧を強く強く祈らざるを得ません。

8月6日(広島)、8月9日(長崎)、8月10日(ベトナム)・・・アメリカの戦争犯罪の日が立て続けに連なっています。日本とベトナム・・・もっともっと連携していいのではないかと思うのですが、日本政府のベトナム枯れ葉剤被害支援なんて聞いたことありませんね。この問題に関して、日越の官の連帯などありませんしね。日越議連・・・なんて、こういう問題でほうっかむりしているんでしょうかね。日越の民の連帯もそれほど大きくありません。長年枯れ葉剤被害者を応援してきましたが、いつも感じるのは、枯れ葉剤被害者支援って、人気がないんですね。議員にしてみれば、票にもならない・・・日本の官にしてもアメリカの顔色を伺っているのか、民にしてもあまり格好のいい支援だと思っていないのか。

原爆、そしてエージェント・オレンジ・・・共に必要悪だったと、アメリカは思っているのか。はっきり言えることは、共に”絶対悪”なんですよ。枯れ葉剤を撒かれたベトナムは当然のこと、連合国の撒布国の兵士たちも、その家族も、同じ症状で苦しむ愚を、二度と犯してはならないのです。撒いた方に影響はないとおもっていたのか、これはブーメランの武器だと、なぜ認識できなかったのか。

昨日のブログで、共同通信の記事を借用して、ご報告しましたが、やっと、中部のダナン空港北端の湿地帯で除染作業が始まりました。やっと・・・です。

昨日のニュースを、もうちょっと違った角度で補足して、ご報告します。

+++ 

CDM-スミスは、ハットフィールド社と共同で、ダナン国際空港で環境修復の作業管理に関してベトナムの政府と協働作業するための事業を、USAIDから受注しました。この事業は、ダナン空港で歴史的なエージェント・オレンジ汚染から生じる人間と環境のダイオキシン曝露を減らすことを主眼としたものです。

ダナン空港は、ベトナム戦争中に大量のエージェント・オレンジが貯蔵され、空中撒布のための積荷作業などが行われて、数十年経過した今も、土壌と沈殿物では高レベルの残留ダイオキシンがアクティブで、ダイオキシン「ホットスポット」(重度汚染地)と呼ばれています。ダナン空港環境修復プロジェクトは、ベトナムにおいて、アメリカ政府の最も優先順位の高い活動の1つです。

              沈殿物です↑

ダナン空港のダイオキシン改善プロセスは、住宅地に近接するセン湖とそれに連なる付近の湿地からでる汚染沈殿物など環境修復事業現場の土壌と沈殿物の掘り起こしが必要となります。掘り出された土壌などは、現場近くに設けられた堆積構造現場に輸送され、そこで熱処理による脱着工法によって土壌の改善
作業を行います。

                  もう、ここへは住民は立ち入れません。↑

このプロジェクトの目標は
、以下の通りです。1 7万3千立方メートルの汚染土壌と汚染沈殿物、ベトナム政府が定めた浄化基準値以下に改良する。そのことによって、ダナン空港の拡大が出来る必要条件を満たすことと、空港周辺で暮らすほぼ80人の居住者の健康と安全に寄与することとする; そして、(2)この工法の幅広い普及のため、革新的な改良技術と方法論の開発と実験を兼ねる

ハットフィールド、確証サンプリング結果とレポートを第三者的、且つ技術的な評価を提供し、確証サンプル抽出法でベトナム技術者と科学者を訓練することだけでなく、改良プロジェクトを通してサンプリング作業におけるコーディネーター役としてプロジェクト・スタッフを援助する。ハットフィールド社は、ベトナム政府関連機関が参加して、ダイオキシン除染のためアプローチ評価能力を構築するための技術的援助をする他、大規模環境修復プロジェクトの実施に関連する技術と知識を習得するための能力向上にむけた技術協力も提供する


+++

ということになります。

因みに、CDMスミス
を紹介しておきます。

世界各国の官民の顧客に、水、環境、輸送、エネルギーと各種施設で長期的な総合解決案を提供している。包括的コンサルタント業務エンジニアリング、建設会社として、ライフサイクル全体のプロジェクトを通じて、例外的な顧客サービス、良質な結果と永続的な価値を
提供している。

本部:アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ケンブリッジ市

創立:1947年 1970年に法人格取得。現在、世界各国に5000人以上の社員を有する。

          愛のベトナム支援隊・北村 元
        Love & Support Vietnam

       <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

       © 2011-2012 Love & Support Vietnam All rights reserved.
 

| comments(0) | - | 09:21 | category: 枯れ葉剤の日 |
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links