〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 東北福祉大学・ベトナム・スタディツアー報告書から(4)完

昨日のアクセスは117でした。ご訪問ありがとうございました。

 

東北福祉大学の学生さんの最後は、三浦柾由美さん。

報告書を見ると、初日の支援活動の記録担当者だったらしく、一日目の様子を書いてくれていますので、それを掲載したあと、三浦さんの感想を載せます。

 

 

友好村訪問(8 18 日)

三浦柾由美

 

1 日目私たちはベトナム友好村を訪れた。

今回奨学金の贈呈をした学生はホアン・ティ・ビンさん、ザップ・フエン・リンさん、ヴー・ティ・リエンさん、チン・クオック・バオくん、グイ・ティ・ゴック・トウさん、レ・ティ・フオン・チャーさんの6 人であった。

 

ホアンさんは外見上の障害はなく、何の勉強をしている時が1 番幸せですかという質問にヘアーメイクの勉強と話していたように、一緒に奨学金を贈呈した竹入希望ちゃんと池崎日奈ちゃんがぷれぜんとしたヘアアクセサリーを喜んでつけていたのが印象的であった。

 

ザップ・フエン・リンさんは右足に障害を持っている。やはり前に出てきてと言われ少しの距離を歩くのも大変そうだった。

 

ヴー・ティ・リエンさんは去年参加できなかった人たちの分を含む6 人分の奨学金を受け取った子だ。

 

チン・クオック・バオくんは高度の難聴であり、声を出しての会話はできないが手話を使って話してくれた。毎日自転車で6 キロ、バスで14 キロの長い距離を通学している。周りの音が聞こえないため車や人、物の位置を目で見て判断しながら移動している。ベトナムの道路は信号があってないようなものな上にバイクの量も凄まじい。日本でも周りの音が聞こえない中歩くのは危険だ。そんな中毎日長距離を休まずに登校してると聞き、バス1 時間の通学で文句を言っている自分が情けなくなった。

 

グイ・ティ・ゴック・トウさん(写真・下)は去年口唇裂の手術を受けた。

     

レティ・フオン・チャーさんは去年3 月にお母さんが脳梗塞で倒れてしまい遠く離れた故郷へ帰ってしまったが忙しい中今年は顔を出してくれた。

 

置かれた環境や枯れ葉剤による影響は人それぞれだが勉強がしたくて一生懸命学んでいるということは全員に共通していた。

 

ヴィンフック省(8 18 日)

三浦柾由美

 

今回の奨学金贈呈は5名に贈呈した。一人一人に奨学金の贈呈とお米の贈呈をしたあと日本サイドから2 曲の歌のプレゼントをした。笑顔で聞いてくれた。

 

今回奨学生であるティさんは去年お手伝いでサトウキビを絞っていた際、機械に手を巻き込まれ、小指を失ってしまった。

 

家庭訪問はクアンくんの自宅へ訪問させてもらった。クアンくんは2016 3 月3日に英語のインターネット・オンライン数学コンテストで230 点で全体の20 位、翌年の3月4 日にベトナム語でのインターネットオンライン数学コンテストで260 点で3 位に入賞している。

 

恥ずかしがり屋なようで一人一人の奨学金の受け渡しをするのに前に出てきた時もずっと下を向いており、バスの中でも洋服に顔を埋めていた。その姿が可愛らしかった。

     

     終始顔を隠すクアン君

 

家に到着するとクアンくんの親戚たちが笑顔で迎えてくれた。クアンくんの叔父にあたる方もおり、城川さん(看護師さん)の健康診断を受けた。以前肝臓を悪くしており手術を受けたそうだ。今でもたまに体調が悪くなる時があるそうで、本来なら病院に行くべきだが、病院までの距離も遠いうえに金銭的にも余裕がなく行っていないと言っていた。顔色も悪かった。

 

彼に日本円をあげたら少年のように大喜びして皆に見せびらかしていた。代わりに

10 万ドンをくれた。その10 万ドンは私にとって貴重な宝物になった。

 

その日は非常に蒸し暑かったため水道まで私を連れて行ってくれ、この水で涼むんだとジェスチャーで教えてもらいコミュニケーションをとった。

お昼ご飯として岩田和子さんと佳子さんの手作り混ぜご飯を振る舞ったら皆喜んで食べていた。

   

   岩田佳子さんが苦労して作った青森の地鶏の炊き込みご飯

 

それでは、三浦さんのツアーの感想です。

 

三浦柾由美

   

   奨学金贈呈に立ちあった三浦さん(右)

 

今回私は初めて参加させていただきましたがとても貴重な経験をしたと思っています。

一緒に奨学金を贈呈し、10 日間ともに過ごした仲間たちは、年齢、職業、住んでいる場所、それぞれ違うため色々な価値観や物の考え方を学べ、教えてもらいこのツアーに参加しなければ出会えなかった人たちであり出会えてよかったと思いました。

 

物価も日本と比べて相当安く今回、ある1 人に渡した奨学金の額が日本円で9000 円と聞いた時、果たして9000で何ができるのだろうかと思いましたが、9 割は賄えると聞いて驚きました。

 

牛の贈呈をした時ありがとうと言いながら泣いていたのも信じ難く、24日に友好村に再訪問してスイカ割り大会をした時も枯れ葉剤の影響でどこかしらに不自由があったりするのが目に見えてわかる子供達が大勢おり、枯れ葉剤が撒かれてから何十年経った今でも影響を受けている人たちが多くいるということを学びました。

   

このツアーに参加して日本では経験できない事や多くの感情を学ぶことが出来、今後の人生に役立たせることが出来たらいいなと思いました。ありがとうございました。

   

   ダナンのミーケ・ビーチで遊ぶ三浦さん(右)と池さん

 

++++

 

以上で、東北福祉大学から参加の4人の学生さんの経験のご紹介を終わります。

 

今年もまた、小さなドラマがたくさん生まれることを期待しています。

 

            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:27 | category: 東北福祉大学 |
# 東北福祉大学・ベトナム・スタディツアー報告書から(3)

昨日のアクセスは171でした。時間をかけて読んでくださったことに、感謝します。

 

今日は東北福祉大学の3人目、浦山裕佑さんです。

参加した去年は、一年生でした。一生懸命動いてくれました。何かを掴んでくれたと思っています。一年生から参加する人はすくないのですが、よく思い切って参加してくれたと感謝しています。

 

浦山裕佑 (写真下・左)

   

VAVA 本部(北村註:ベトナムの枯れ葉剤被害者の全国組織のことです)へ行き、リン会長との会談を行って枯れ葉剤被害者の方が抱いている気持ちや

置かれている現状、また、ベトナム政府として行っている支援や活動についても知ることができ枯れ葉剤や戦争などについて深く考えるためのきっかけとなりました。

 

これを機に私たちも枯れ葉剤について理解を深め風化させないために日本にいる人に伝えていかなくてはいけないと感じました。

 

また、リン会長の「枯れ葉剤投下国に対する気持ちは原爆の被害を受けた人と同じだろう」その言葉が重くも未来向いて歩き出しているように思えるものでした。ツアー全体を通して愛のベトナム支援隊の支援を涙を流し受け取ってくれる人がいたり、たくさんの人が支援を必要としている実態を知りました。

 

被害者の方との触れ合いが全くできていなく、迷惑をかけてしまった部分もあったので次回参加する時は積極的に触れ合おうと思いました。日常ではできない経験ができ、とても為になりました。

 

もう一つ、VAVA本部を訪問した時の記録も、浦山さんが記録してありましたので、掲載します。

 

VAVA 本部訪問(8 23 日)

浦山裕佑

ハノイ市内にある、枯れ葉剤被害者協会本部に予定していた時間よりも早く着き、VAVAのグエン・ヴァン・リン会長や職員の方との会談が始まった。部屋には私たちが訪問した日付と愛のベトナム支援隊の文字が映し出され、テーブルにはたくさんの竜眼があり、とても歓迎されているようだった。始めに会長の挨拶があり、次にツアーの団長である北村さんの挨拶があった。その後、私たち学生がリン会長にVAVA の活動や枯れ葉剤被害者のことなどの質問をする時間があり、3 人の学生が質問をした。

 

・学生「今私たちは愛のベトナム支援隊として枯れ葉剤被害者の方を支援させていただいてるのですが、ベトナムとして国としての支援はどのような状態なのでしょうか。」

・リン会長「今現在、ベトナムでは第4 世代まで影響がでています。特に2 世代と3 世代の障害がありました。なので、生活や心身、治療を行って医療的にも支援しています。また、いろいろな制度もあります。例えば、1 世代の方には毎月支援金を送っています。他にも社会保険や奨学金制度もあります。政府だけでなく国民や国外からも支援してくれています。」

 

・学生「ベトナム戦争時に枯れ葉剤を使用した国に対して何か怒りや憎悪などの特別な感情はありますか。」

・リン会長「ベトナムの枯れ葉剤被害者の人々は勇気を出して頑張って生活をしています。世界の戦争の被害者は、その国に対してあまりいい印象ではないでしょう。戦争を引き起こした国に対して皆は怒っている。ですが、戦争の結果についてはあまり考えないようにしていて、未来へ向かっています。失礼ですが、この質問は広島の人に聞いても同じようなことを言うと思います。」と笑みを浮かべながら答えた。

 

・学生「世界的に枯れ葉剤の理解が薄いと思っています。何世代も被害が出るという点で原爆の被害者と似ています。だんだん風化が進み記憶が薄くなっていると思いますが、政府として風化をさせないために行っていることはありますか。」

・リン会長「科学者がどうして何世代の被害が続くのかなど研究をしています。ベトナムでは戦争博物館などを建てて歴史を知ってもらうことをしています。」

 

全ての質問に対してリン会長は丁寧にゆっくりと答えてくださった。

会談は終始穏やかに進み2 時間ほどで終わり、支援のお礼にと額に入った感謝状とたくさんの竜眼をお土産に下さった。

   

   右から、リン会長 竹入さん 浦山さん

 

家庭訪問という現場を私たちは、大事にしています。奨学金を渡しているだけでは、ほとんどのことがみえていません。お宅に伺って、はじめて、かなりの部分が見えてきます。私たちが訪問している省の中では、ヴィンフック省が、本当に良く協力してくれます。

 

またほかにも、ハイフォン市のVAVAもよく家庭を把握していますので、家庭訪問はやりやすいです。

 

今年も、2〜3軒訪問したいと計画しています。

 

            愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:42 | category: 東北福祉大学 |
# 東北福祉大学・ベトナム・スタディツアー報告書から(1)

東北福祉大学・ベトナム・スタディツアー報告書から(1)

 

昨年2016年に実施された愛のベトナム支援隊ツアーでは、東北福祉大学から4人の学生さんが参加してくれました。

生田目教授が作成された報告書に、その4人の学生さんが提出したツアーを終えてという感想文が載っています。報告書を制作された生田目先生のご許可をいただきましたので、今日から4回にわたり、掲載順にご紹介してまいります。

 

一番最初は、早川 優理さんです。

 

ツアーをきわめて楽しんでくれた一人だと思いましたが、見えないところで苦労されていたのですね。

(写真は、ヴィンフック省で奨学金贈呈に立ちあう早川さん:奨学金受領者と同じくらいの笑顔を見せる人は、意外と少ないです

 

早川優理

今回初めて愛のベトナム支援隊の活動に参加して、予想以上に得るものがあった。そしていかに自分の視野が狭いかを思い知らされた。

 

まず、活動以前にカルチャーショックが大きく、今まで自分が生活してきた日本との差に驚いた。当たり前に感じてきた、食あたりに臆せず食事ができていること、トイレが綺麗なこと、家の扉が閉まること、交通ルールが守られていることなどが、その場所によっては当たり前ではなかった。

 

活動の中でも自分が予想していたよりもはるかに枯れ葉剤の影響が大きくその症状は様々であった。体の痛み、かゆみを訴える人、背が伸びなかったり、足の向きが違ったり、目が見えなかったりといった症状の人もいた。それが何世代にも渡って被害が続いていることに恐怖を感じた。

 

正直、しっかり支援活動だと思いながら活動しなければ同情してしまいそうだった。ベトナムではどんな被害にさらされている人でも、皆さん生きることに対して前むきに考えていた。

 

どんな状況でも勉強を頑張りたいという彼らの姿勢は見習わなければいけないと思った。今回は初めての支援活動だったが参加できてよかったと思う。いろんなことが初めてで食が合わなかったりと苦労する場面もあったが、こなければ分からなかったことだらけだった。

 

今回経験し学んだことをどう自分なりに生かしていけるかを考えながら生活できればと思う。


         愛のベトナム支援隊
                   Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:33 | category: 東北福祉大学 |
# スタディ・ツアーを前に(4・完)
東北福祉大学の学生さんによる『スタディ・ツアーを前に』は、最終回になりました。
大学一年生の意気込みです。

+++

【樋口志歩】子ども科学部子ども教育学科1年

 「異文化に触れて自分の視野を広げたい」 これがベトナムスタディーツアーに参加しようと思った理由です。高校生の時海外研修に行った先生や友達に、外国に行くと自分の考え方が変わるから一度ってみたほうがいいといわれたからです。

 大学生になり、このスタディーツアーの企画を知り参加することに決めました。そしてベトナム戦争の最大の被害である枯葉剤についての本を読みました。その本には日本は枯葉剤ではなく原子爆弾が投下されたこと、1945810日には日本への枯葉剤散布計画案が提出されていたこと、日本がアメリカに降伏したことで枯葉剤はベトナム戦争で使用されたことなどが書かれていました。これまでは枯葉剤被害についての知識はありませんでしたが、他人ごとではなく日本ともかかわりの深い問題だと思いました。

 私は「戦争を繰り返してはいけない」と考えています。そして戦争を知らない世代の2代目です。ベトナム戦争が終わって50年がたち、4世代目にあたるベトナムの方はどのような思いで生活をしているのでしょうか。枯葉剤は日本に散布されなくてよかったと考えるだけではなく、何か私たちにできることはあるのでしょうか。

+++

戦争絶対悪・・・の確信を深める旅になるといいですね。
戦争ほど残酷なものはありません。

4人の学生さん、ご協力ありがとうございました。楽しく支援活動をしましょう。

                愛のベトナム支援隊・北村 元
            Love & Support Vietnam

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

       © 2011-2012 Love & Support Vietnam All rights reserved.
 

| comments(0) | - | 18:15 | category: 東北福祉大学 |
# スタディ・ツアーを前に(3)
 今日は、東北福祉大学の3回目です。

ツアー参加を前にした大学2年生の思いです。

+++

【石山芽永】総合福祉学部社会福祉学科2年

 私にとって初めての海外となるベトナム。

 ベトナムから連想するもの…ベトナム戦争にフォーにアオザイ、それから…
実に知識が乏しい。

 それでも一番初めに思い浮かんだのはベトナム戦争に枯葉剤です。ただ、つい最近までの私の知識として昔「ベトナム戦争」があって「枯葉剤」がまかれたということだけでした。「ベトナム戦争」「枯葉剤」という言葉を聞いたのは教科書と1960年代後半を描く日本映画ぐらいだったと思います。自分の中にもう昔のことというイメージが勝手にあった気がします。

でも戦争が終わって40年たった今も枯葉剤によって苦しんでいる人がたちたくさんいることを知って、昔の話なんかではなかったと思いました。なんだか恥ずかしくて申し訳ない思いがしました。

 だから私は現地に行って今のベトナムを見て、ベトナム戦争、枯葉剤についてもっと知りたいと思います。あとは、ベトナムがどんな国でどんな文化なのか、ベトナムの国、人そのものについて少しでも知ることが今回の私の目的です。

+++

ご協力ありがとうございました。素直な文章ですね。

普通の旅人が行かないフート省など、とってもいい経験になると願っています。

石山さんは、どんな体験とどんな思いを胸につめて帰るでしょうか。カルチャーショックもあるでしょうね。足で稼いだ経験や自分の想像を超えたものが、いずれ血となり肉となり、知識や自身へと変わっていくと思います。

ハノイ集合を楽しみにしていますよ。

                 愛のベトナム支援隊・北村 元
            Love & Support Vietnam

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

       © 2011-2012 Love & Support Vietnam All rights reserved.
 

| comments(0) | - | 08:30 | category: 東北福祉大学 |
# スタディ・ツアーを前に(2)

昨日に続いて、スタディツアーを前に の2回目です。

東北福祉大学3年生の学生さんの心意気が伝わってきます。佐藤諒さんです。

+++

【佐藤諒】総合マネジメント学部情報福祉マネジメント学科3年

私は現在、ストリートチルドレン芸術祭という団体で活動させてもらっています。もともとは子どもに興味があったわけではなく、「国際的な何か」をしたいと漠然と考えていました。友人の勧めでこの団体に参加し、活動していくうちにストリートチルドレンや、発展途上国についての関心が強くなっていきました。

次第にスタディツアーに行く機会があればぜひ参加したいと考えるようになりました。現地に行ってストリートチルドレンや途上国の環境を生で見てみたいと思ったからです。

そして、自分が生で見て、聞いて感じたことを、自分の言葉で人に伝え、支援に繋げていきたいです。今回は直接ストリートチルドレンに関わる支援ではなく、枯れ葉剤被害に遭われた方たちの支援ということですが、この二つの問題はつながっています。

背景を知り、知らないものを知れば、知っていたものも別の観点から深く考察することができるようになると思います。枯れ葉剤の被害やベトナムの現状についてしっかり学びたいです。

+++

まず、現地をみる・・・この姿勢が大事と思います。百聞は一見にしかず・・・です。

私も、以前、フエでストリートチルドレンの支援の番組を作りました。暑い日差しのなかを、物売りに歩く女の子・・フエの町を歩き回ったのが、懐かしいです。

でも、いま、ストリートチルドレンは、今、ハノイの表通りからは消えましたね。
ハノイでお会いするのを楽しみにしています。

                 愛のベトナム支援隊・北村 元
            Love & Support Vietnam

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

       © 2011-2012 Love & Support Vietnam All rights reserved.
 

| comments(0) | - | 11:20 | category: 東北福祉大学 |
# スタディ・ツアーを前に(1)

愛のベトナム支援隊の夏のツアーが迫って来ました。

今年は、東北福祉大学の先生と学生さんが参加してくださることになりました。

そこで、ハノイへの出発を前に、スタディ・ツアーに寄せる思いを、綴って頂きましたので、4日間にわたって、ご紹介することにしました。私たちも、今回、皆さんにお世話になりますが、一緒に活動できることを楽しみにしております。

++++

【阿部真帆】総合マネジメント学部産業福祉マネジメント学科4年

 スタディーツアーに参加するきっかけは漠然とした、インドシナ半島の国を見てみたいという好奇心でした。

 スタディーツアーに参加するに当たり、私はベトナムの歴史について調べることにしました。ベトナムの成り立ち、フランス植民地時代、日本=フランス占領期、そして第二次世界大戦以降のベトナム戦争を含めた数々の戦争。現在のベトナムになるまでは様々な闘いがあったことを知りました。

 そして何よりも一番興味があったのは、ベトナム戦争です。筆舌に尽くしがたい戦争であり、その後遺症は40年近く経った今でも、戦争経験のない世代も含めてベトナムの人々をジリジリと苦しめています。そして彼らに対する支援は万全とはいえません。

 そんな中でも頑張って生きている人たちがいることを知り、彼らに会ってみたい、と強く思いました。これが私のスタディーツアーへ参加する理由です。

 ベトナムは昨今急激な経済発展を遂げてきました。現在はやや停滞の傾向にありますが、2025年までの世界都市別平均経済成長率(プライスウォーターハウスクパース調べ2009年)では1位ハノイ、2位ホーチミンシティと上位を独占しています。

 また、映画・コウノトリの歌(2001/ベトナム・シンガポール/監督:ジョナサン・フー,グエン・ファン・クアン・ビン,ベトナム戦争を北ベトナム側の視点で回想形式で描く)という作品を見ました。この作品の中で、ベトナム人映像作家チャン・バン・チュイ氏のナレーターで、「時は過ぎ行く、だが傷は消えない。死者の墓石からも、生きる者の心からも。あの戦争は本当に終わったのだろうか」とつぶやくシーンがあります。

 経済的に勢いのある国であると同時にベトナム戦争の傷跡が残っているという二つの姿を持っているベトナム、という国を実際に見て感じて、今後のベトナムについて考えてきたい、そう思い参加することを決めました。

+++

 勉強していますね。実際目で見て、描いたイメージと同じなのか、違うのか・・その実感がさらに次の勉強へのステップになると思います。

 阿部さん、ご協力ありがとうございました。33度の世界に行きます。体力をつけておいてください。

                     愛のベトナム支援隊・北村 元
            Love & Support Vietnam

            <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

       © 2011-2012 Love & Support Vietnam All rights reserved.
 

| comments(0) | - | 18:06 | category: 東北福祉大学 |
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links