〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 【エージェント・オレンジとは 14・完】

昨日、ついに23万台を突破しました。そして、昨日のアクセスは130でした。

 

【エージェント・オレンジとは 14・完】

エージェント・オレンジの子どもたち3

 

シカゴ・トリビューンによると、戦争中に、アメリカは、エージェント・オレンジは無害であると言っていた。いや、これは、シカゴ・トリビューンが報道しなくても、とっくの昔に真実だった。アメリカ政府はエージェント・オレンジ剤関連の特定の疾病にかかっている退役兵に現在治療などの恩典を提供知る一方で、アメリカ政府は、ベトナムでエージェント・レンジで健康障害を引き起こしている問題については、エージェント・オレンジとの関連を認めることを拒否している。ベトナム赤十字は、エージェント・オレンジカレンの被害者は300万人に上ると推定している。

       

    Paula Bronstein /Getty Images

 

上の二人は、かつての激戦地クアンチ省カムロ―郡に住む親子だ。左の息子は、38歳にもなるレ・ヴァン・カインで、柱を挟んで立っているのが、母親のグエン・ティ・フエンだ。息子のレ・ヴァンには複数の障害が生まれつきつきまとっている。耳が遠い。足に奇形性がある。精神障害を負っている。彼には車椅子が離せない。そして、最大の問題は、初老の母は三重苦の息子の面倒をみるには、肉体的、精神的に不可能なことだ。母親のフエンは、すでに2人の子供たちも失っており、政府からわずかな手当てを受けているに過ぎない。

 

既に見てきたように、エージェント・オレンジが使われた地域の子供たちには、水頭症、先天性異常の一つである口唇口蓋裂、精神障害、ヘルニア、合指症や6本の手の指とつま先、脊椎披裂やいろいろな遺伝病に苦しんでいる。 しかし、シドニーにあるガ―ヴァン医学研究所の2006年の研究に代表されるように、エージェント・オレンジがこれらの障害を引き起こしたと証明するのは難しいというのが、アメリカを中心とする国際的・医学的所見の風潮である。

 

22のエージェント・オレンジ研究の調査評価をした2006年のガ―ヴァン研究では、親がエージェント・オレンジに曝露したケースでは、先天性欠損症の子どもを産む危険性を明らかに増すと結論づけた。

 

だが、この結論によって、被害者に対する国際的理解が好転したかといえば、そんなことはない。親も子も、辛い毎日の生活が、変わりなく続いている。

       

                    Paula Bronstein /Getty Images

 

障害を持つ子を、特製のカートで外に連れ出した母は、ショッピングセンターの近くに止めて、カネとモノを乞う。「この子のためならば恥を忍んで・・・」という気持ちに違いない・・と思ったのは間違いだった。

 

フエ市で出会った親子がいる。

フエの市場で物乞いをしていた経験のある母親だ。「恥ずかしいと思ったことはありませんか?」

私は勇気を振り絞って聞いた。

「こどもの治療のためなら、何でもします。恥ずかしいと思ったことなど一度もありません」

お腹を痛めた母親は、本当に強い。

 

       

                     Truc Ly, Vietnam / Reuters | World Image

 

タイビン省の小さい村では、家具も何もないガランド―の冷たい部屋で、ドアン・ティ・フォン・ガムは、水色の毛布の下で縮こまっていた。部屋のうす汚れた壁は、彼女の怒りとある種の闘いを示していた。彼女は、暴れるのと、重度の精神状態のため16才から隔離されていた。彼女は、いま38歳だ。

彼女の父親は旧兵士で、重い病気の父親はこの部屋の隣室で寝ている。戦争中にエージェント・オレンジに曝露され、重い病気にかかっていた。

 

         

                               Truc Ly, Vietnam / Reuters | World Image

   

村から村へと訪問先を替えれば、訪問した数だけ新たな写真が生まれる。旧兵士のドー・ドゥック・ジウの家の上の方にある砂丘で、彼が見せてくれた墓は、12人の子供たちのために造った集団墓地だった。12人の子供すべてが障害児として生まれて、生後間もなく息を引き取っていった。この墓の隣りには、狭い土地がある。それは、いまはまだ生きているが、症状の重い病気になっている娘たちの、亡くなった場合に用意してある土地だった。

 

ジウは、北ベトナム軍の兵士であった当時、有毒枯れ葉剤に曝露したのだ。20年以上の間、彼と妻は、どの親もそうであるように健康な子供が欲しいと願ってきた。生まれきては一人ずつ、自分たちの子どもは死んでいった。夫婦は、これは呪いか不運であると思い、彼らは祈り、祈祷師を訪ねたりしたが、役には立たなかった。

 

彼らがエージェント・オレンジについて知ったのは、なんと15人目の子供が生まれた後だった。その子もまた関連の病気だった。

 

枯れ葉剤被害者家族にとって、エンドレスの苦しみと忍耐の日々が続く。

トンネルの出口は、走っても走っても見えてこない。(おわり)

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                   Love & Suport Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 04:29 | category: 枯れ葉剤情報 |
# 【エージェント・オレンジとは 13】

昨日のアクセスは260に上りました。大きなBig Tale Wind は、大きな感謝の気持ちを生み出します。この風を、枯れ葉剤被害者と分かち合いたいです。ベトナムでも、アメリカでも、オーストラリアでも、韓国でも、被害者家族がなかなかTale Wind を感じることはないでしょう。ログを生み出します。この風力・・を枯れ葉剤被害者に届けたい。これが、Head Wind になっても、負けることはないと、被害者に伝えたいと思います。

【エージェント・オレンジとは 13】〜エージェント・オレンジの子どもたち2

 

ドラム缶に付けられたオレンジ色の帯から、中身がエージェント・オレンジと呼ばれたわけである。アメリカ軍は、南ベトナム政府への軍事支援のために、1961年から10年にわたって、3万平方マイルの旧南ベトナム領土に、およそ8000万リットルを撒布した。 狙いは、以前にも書いたように、通称ベトコンや北ベトナム正規軍の食物供給を減少させて、北側陣営を「いぶり出して」、弱体化することだった。

調査によれば、ダイオキシン濃度は、土壌、食物、そして旧アメリカ軍基地の近くで生活する人の血中や母乳ではびっくりするほど高い残留濃度を示している。

水頭症をもったチャー・ミーは、頭蓋の肥大化によって、脳障害を起こしている。何かしきりに、訴えかけようとしているようにお燃える・・のだ。

       

しかし、枯れ葉剤の影響を受けているのは、ベトナムの家族だけではない。ベトナム戦争の参戦国の兵士と家族に共通に見られる。

 

オーストラリアでは、ほぼ60,000人の兵士が戦場に派遣された。ますます多くの元兵士、その子供たち、そして第三世代の孫たちが、エージェント・オレンジ曝露の影響と戦っている。

 

クインズランド州サンシャイン・コーストのホープ・ホワイト(39歳)は、線維筋痛症、脊髄の問題と不妊性に苦しんでいる。線維筋痛症(せんいきんつうしょう、 Fibromyalgia:略してFMと表記される時もある)は、全身に激しい痛みが生じる病気である。英語では、症候群であることを表現して、Fibromyalgia Syndrome:略FMSとも記される。

 

原因不明の全身の疼痛を主症状とする。不眠、うつ病などの精神神経症状、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、過活動性膀胱などの自律神経系の症状を随伴することがある。ドライアイ・ドライマウス、逆流性食道炎などの粘膜系の障害を合併しやすい。疼痛は腱付着部炎や筋肉、関節などにおよび、体幹や四肢から身体全体に激しい疼痛が広がる。

 1968年に、彼女の父はベトナムのフック・トゥイ省に1年間駐屯した。そこは、エージェント・オレンジが広範に撒布されたところだ。

 

「私には、若い時からいくつもの健康問題を抱えていた — 特に私の脊椎の変形で。 私は、脊椎の問題で、多量の薬物投与、理学療法と治療によってかろうじて立てている。 私は、私の体それ自体が常に戦っている感じで、ベッドから起き上がれない日もある」と、彼女は説明する。

 

 

ヒュー・ロック(3歳)水頭症である。

       

 

トゥー(5歳) こちらも水頭症である。

       

オーストラリアには、現在エージェント・オレンジの影響を受けた被害者の数や関連疾病の統計の記録はないが、動物実験ではダイオキシンへの曝露が女性の不妊症につながることを示した。

 

「私が話したベトナム退役軍人の娘全体に、子供のいないことが非常に一般的であるとがわかった」と、ホープは言う。 「そのことが、夫と私に大きな衝撃を与えた。子供を持てないことが、かなり我々の人生を大きく変えた」

 

枯れ葉剤の世界的権威で、引退した上級科学者であり、ハットフィールド社顧問であるウェイン・ドゥワーニチュック博士は、「将来において、無数のより多くの世代で影響を受けることがありうる」と警告する。研究では、ダイオキシンが遺伝暗号に影響を及ぼさなくなるまでに、今後さらに、6世代から12世代を経なければならないことを暗示しているという。

 

それが進行していくなら、これほど恐ろしい武器はない。言ってみれば、未来を奪う武器でもある。

 

身体的奇形をもつチュン・ミン・ヒエップ(16歳)は、ダウン症候群のチャン・ティ・ゴック・ニュー(8歳)の口に、朝食を運ぶ。

        

 

脳性麻痺と四肢の硬直化をもつチャン・ティ・ヴィー(6歳)ちゃん 少女だ。

        

アシュ・アナン(ニューズ・モード)撮影Photo: Ash Anand / NEWSMODOSource:Supplied

 

今回で数字は13回ですが、7−1,7−2があるので、合計14回となります。次回で、一区切りにします。読んで下さった方が感じることはそれぞれ違うかもしません。しかし、生まれてきていない世代がどこまで苦しまなくてはならないのか・・という解答のない疑問が誰の心にも生まれてくる点で、この兵器はやはり悪魔の兵器であることに間違いはないでしょう。

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                     Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 04:47 | category: 枯れ葉剤情報 |
# 【エージェント・オレンジとは 12】

昨日のアクセスも156と、確実に三桁をキープしています。ご一読くださりありがとうございます。

 

【エージェント・オレンジとは 12】〜エージェント・オレンジの子どもたち1

 

エージェント・オレンジの子どもたちという副題をつけて、数回おはなしする。

 

ベトナム戦争終結から40年も経過している。当然のことながら、自分の足で立ち上がっていなければならない国だ。

 

だが、表面の華やかさの陰に、まだまだエージェント・オレンジの影響で立ち上がれない人たちがあちこちにいる。ベトナム戦争中に撒布された史上最強の毒物が、そこここで彼らの足を引っ張っている。敵の天蓋とされた緑の覆いを剥ぎ取り、木から葉を落としたのは、その化学化合物だ。

 

その汚染物質、ダイオキシンは、人はもちろんのこと、ベトナムの生態系に、土壌の中に、そして、場所によっては人が食する川魚にも残留している。

 

ベトナム戦争中にほぼ480万のベトナム人がダイオキシンに曝露し、40万の死を引き起こしたと言われる。以前のブログにあげた通り、ダイオキシン関連の疾病は、ガン、先天性欠損症に始まり、皮膚疾患、自己免疫不全、肝臓疾患、社会心理的影響、神経的欠陥と消化器系統の病気に至るまで多岐に及ぶ。

 

ダイオキシン関連と認定された疾病の数は、アメリカが少なくて、ベトナムの方が多い。ベトナムの赤十字によれば、エージェント・オレンジのために最高100万人が、現在、障害をもったり、健康問題を抱えており、そのうちの10万人が子供である、という。


子どもの例を紹介しよう。

  

       

ここに並んで寝ているのは、全員が水頭症の子どもたちだ。左からヒューロック(3歳)、ティ・ニー(12歳)12際には見えないが。ティン(4歳)、トゥー(5歳)

 

来る10月25日は、世界脊椎二分症と水頭症の日だ。こんな日があることをどのくらいの人が知っているのか。まして、こんな日があっても、この子たちの生活には何の変化もないだろう。水痘症になった子どもたちは、高い確率で生存がむずかしい。

 

ちなみに3月3日は、世界先天性欠損症の日である。これも、ほとんどの人は知らない。

       

ホーチミン市のゴー・ヴァップ孤児院(下)では、生後5ヵ月のホン(上)が、少し上から見下ろす黄色のテディベアを除けば、人けのないところで、金属に囲われた小児用ベッドの中から物静かに眺めている。

       

彼女の頭からは、巨大な筋肉の塊が成長してきている。これは脳ヘルニア(Encephaloceleといい、まれな神経管欠損症である。頭蓋骨の先天性亀裂を通じた脳組織の突起としてあらわれたにび。研究ではエージェント・レンジの曝露に起因しているのではないかと疑われている。Encephalocele催奇形性所見に使われる用語で、飛び出た物を脳瘤(のうりゅう)といい、頭蓋開口を介した脳の部分的突出を意味する。頭蓋の大きな欠損によって脳が露出した状態である外脳〈症〉ほど重度ではないとされているものの、ベトナムでの手術では成功例はないと聞いたが、私には確証はない。

 

ホンの将来は厳しい。 彼女は、手足と視覚障害、精神障害と発作による麻痺で苦しむことが想像される。日本でも、数ある脳外科手術の中でも脳瘤の手術はかなり難しい手術である。

       

南部の大都市ホーチミン市のトゥーヅー病院の中のエージェン・オレンジ病棟に、13歳のチャン・フイン・トゥオン・シン(上)が生活している。彼は、フレーザー症候群という先天性形態異常で、完全に瞼が癒着した潜在眼球、部分的合指症、腎臓異常および生殖器奇形を特徴とする稀な常染色体劣性遺伝性疾患である。チャンの面倒を見ている看護婦は、彼女がいかに毎日激しい叫び声をあげて過ごすかを説明する。そして、彼は自分のベッドの中で前後に揺れるように体を揺する。

 

2006年12月号のナショナル・ジオグラフィック日本版には、「戦争が生んだ悲劇」として紹介され、次のように記事は書かれている。

 

ベトナム・ホーチミン市の障害児施設に横たわる女児は、思い障害を抱える。病名はフレーザー症候群。遺伝子の異常でまぶたや指がくっついたまま生まれるなど、先天性の奇形を伴う病気だ。ベトナム戦争中に米軍が大量に散布したダイオキシン類を含む枯れ葉剤が元凶となって、多くの人々がこうした障害に苦しんでいる。はっきりした因果関係は立証されていないが、ベトナムの人々はそう信じて疑わない。(つづく)

 

子どもたちの写真は、アシュ・アナン(ニューズ・モード)撮影

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                  Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 04:17 | category: 枯れ葉剤情報 |
# 【エージェント・オレンジとは 11】

昨日の当ブログへのアクセスは、160に上りました。感謝申し上げます。

 

夕べのか細い三日月は見事でした。残照も見られます。

       

 

【エージェント・オレンジとは 11】

 

レッド・ハット作戦 ( Operation Red Hat) は、沖縄本島アメリカ軍基地に毒ガスが貯蔵されていることが明るみに出たのをきっかけに、これを島外に移送するため1971に実施されたアメリカ軍の一連の作業である。

 

19697月18沖縄県美里村の知花弾薬庫(現・沖縄市嘉手納弾薬庫地区)内の「レッド・ハット・エリア」で致死性のVXガス放出事故が起き、アメリカ軍人ら24人が病院に収容されたことを米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。これによって、同施設内に毒ガス兵器が存在することが明らかになり、アメリカ軍はこの事実を認めた。

 

貯蔵量は致死性のものを含め1万3千トン、アメリカ合衆国以外で配備されているのは沖縄だけだと伝えられて、住民は不安と恐怖に包まれ、怒りの声が広がった。

 

アメリカ軍はハワイ諸島の西方約1400kmに位置するアメリカ合衆国領ジョンストン島に毒ガスを移送することを決定。琉球政府主席の屋良朝苗は、「毒ガスは沖縄の人々に知らされずに持ち込まれた。撤去は沖縄側の責任ではない。アメリカが撤去にかかる地元の費用を一切負担しないというのは道理が通らない」と日米両政府に訴え続けた。日本政府は当初「軍事機密」を理由に関与を避けていたが、代替道路建設費など60万ドルを日本政府が負担することで決着した。

 

1971、2回にわたり、知花弾薬庫から東海岸の具志川市(現うるま市)の天願桟橋まで11km-13kmの行程を、延べ1300台以上のトレーラーで移送作業が行われた。ガス漏れを検知ため、トレーラーにはウサギが乗せられていた。

 

ジョンストン島は、廃棄武器のゴミ捨て場と化し、プルトニウムや枯れ葉剤で汚染の島となった。

       

一見きれいにならべられているので騙されてはいけない。所詮は悪魔の兵器なのだ。以下が記事の翻訳だ。

 

写真は、残ったエージェント・オレンジが入ったドラム缶である。この保管物投棄場は氷山の一角にすぎない。ここには、100万ガロン以上あった。ドラム缶の多くは、ハワイに近いジョンストン島の砂に漏れているのが見られる。

 

この島は、エージェント・オレンジで重度に汚染されているだけでなく、プルトニウム爆弾を搭載したソー・ミサイル(PGM-17 ソー(Thor)は核弾頭を搭載する射程2,400kmのアメリカ合衆国の準中距離弾道ミサイル (MRBM) )による3回の核事故で、放射性プルトニウムで高度に汚染されている。うち一回は60年代初期に発射台で爆発事故を起こし,発射台と島は恒久的、致死的に汚染している。

 

結局、これらのドラム缶に入っていたエージェント・オレンジは、契約商船によって海上で焼却された。 焼却中に、時々、太平洋を広範囲に汚染しただけでなく、民間人のクルーもかなり汚染した。 (放射性のハードウェアのほとんどは、砂に埋設されたか、海に投棄された)

 

この記事は、Global Researchの記事を引用しているのだが、もし本当なら、ジョンストン島そのものと、周辺に海に残留ダイオキシンがみられるのではないか・・と思う。荒っぽい処分方法である。それは、片づける方にも、危険が及ぶからだろう。気軽に調べにいけるところではないので、現状がどうなっているか謎である。

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 04:34 | category: 枯れ葉剤情報 |
# 【エージェント・オレンジとは 10】

昨日のアクセスが141でした。こつこつと訪ねて着てくださる方に感謝でいっぱいです。

シドニーは快晴。今日も、少しだけ勉強しましょう。

 

【エージェント・オレンジとは 10】

 

1972年4月に、受け取ったエージェント・オレンジ55ガロン入りの、25,266個のドラム缶は、ジョンストン環礁の保管地域に置かれた。 到着したドラム缶全体のうち、8,990個は漏洩がみられた。化学剤漏れのドラム缶のうち、4,050個は新しいドラム缶に移し替えた。4,668個は中身を入れ替えずに修理した。そして、14個については、「手を付けない」ままにした。その結果、除草剤の入ったドラム缶の総数は、258個減った。

         

    枯れ葉剤が運びこまれたジョンストン島 撮影日・撮影者 共に不明

 

4,804個の汚染した空のドラム缶も、廃棄待ちにした。これらは当初受け取った(上記の数には入っていない)時に、既に漏えいしていたドラム缶であり、保管中に容器を替えたドラム缶であり、輸送中に漏洩が出来てきた新品のドラム缶であった。従って、上記の数と汚染したドラム缶との総数は一致させることができない。

 

HO(オレンジ除草剤)の到着で、島へ出入りする人が多数にのぼった。アメリカ空軍、アメリカ環境保護局(EPA)、そして、オレンジ除草剤の廃棄作戦に関わる契約業者などだった。合計でオレンジ除草剤のドラム缶24,795個は、1977年7月27日と8月23日の間に処分された。このことも、後に本の少し触れておきたい。

 

+++++

 

本日の記述は、wikipedia英語版からとったものである。数字がどのくらい正確か分からないが、エージェント・オレンジの入ったドラム缶の劣化が如何にひどいものであったかを物語るストーリーである。

          

看板なのかシールなのか・・・エージェント・オレンジ被害者と書かれ、下の方に・・ベトナム語で「すいません、アメリカ軍兵士」と書かれている。ベトナム人に対するものか、自軍の兵士に対するメッセージか?

 

ということは、これらドラム缶が置かれていたベトナムの領土でも、当然ドラム缶の劣化・漏洩があったと考えるのが当然である。まして、エージェント・オレンジを撒布用飛行機に積み込む時に、こぼしたりしたことも含めて、最大の貯蔵置き場だった、中部のダナン空港や、南部のドンナイ省のビエンホア空港が汚染の最大のホッとスポットになったのは自明の理であろう。 

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:50 | category: 枯れ葉剤情報 |
# 【エージェント・オレンジとは 9】

昨日のアクセスも114と、三桁をキープ・・。こういう地味な記事に立ち寄って下さる方々に感謝の気持ちを表します。

 

今日の説明は、数字が多くて頭がぐらぐらするかもしれないが、我慢して読んで欲しい。

 

【エージェント・オレンジとは 9】

 

ベトナムからオレンジ除草剤を運び、保管するにあたり、もう一つの問題が起きた。

 

1971年に、アメリカ議会が、レッド・ハット作戦中に、沖縄知花弾薬庫からオレゴン州ウマティラ兵器庫への化学兵器の輸送を禁止するため、対外有償軍事援助法( Foreign Military SalesFMS=アメリカ国防総省が行っている対外軍事援助計画。アメリカ製の兵器を有償で提供・輸出するもの)改正案(公法91-672)を可決した。

 

そのうえ、この改正法律は、アメリカ全50州に対し、他国にある神経ガス、マスタードガス、エージェント・オレンジなどの化学兵器の移動を禁止したのだ。

 

公法91-672は、さらに、国防総省に対し、アメリカ合衆国外でこれらの化学兵器を破壊することとした。処分問題に対する議会および国民の利害関係の結果、国防総省が将来の武器援助、サルベージまたは処分を待つために、137万ガロン(55ガロン入りドラム缶で25,266個)をジョンストン環礁へ移動させる決定をした。

 

貨物船・M/T トランスパシフィック号は1972年3月10日にベトナムのダナンに到着した。その後フー・イエン省トゥイ・ホア空軍基地から運ばれてくるドラム缶を積み込むために、3月15日にカイン・ホア省カムライン湾に出発した。その後さらにサイゴンに向かい、エージェント・オレンジの入った25,200個あまりのドラム缶(55ガロン入り)、総量1,386,000ガロン)を積み込んだ。

 

1972年4月18日に、貨物船・M/T トランスパシフィック号は、太平洋中部のジョンストン島に到着して、積み荷を降ろした。ペイサー・ホー(PACER HO)作戦が始まった1972年4月中旬から7月中旬まで、ドラム缶の劣化が進み、作戦はドラム缶の継続的な補修を必要とした。

 

ジョンストン島に着いた全オレンジ除草剤(HO)は、レッド・ハット作戦中に戻って来た化学兵器のための武器保管区域に隣接する環礁の北西隅に置かれ、直ちに柵で仕切られた。レッド・ハット作戦の化学兵器と全オレンジ剤の保管地域は、軍隊と軍属にも「立入禁止地域」と特定された。この際、貯蔵地域の位置が重要だった。臨時職員と恒久的居住者の宿舎から距離を置き、島から蒸気と匂いを季節風が吹き飛ばす所に置かれた。(つづく)

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 04:40 | category: 枯れ葉剤情報 |
# 【エージェント・オレンジとは 8】

昨日のアクセスは175でした。ご訪問ありがとうございました。日曜日でも、訪問してくれた方がいらしたことに、感謝です。

 

【エージェント・オレンジとは 8】

 

私は【エージェント・オレンジ5】で以下のことを書いた。

 

エージェント・オレンジの生産は、1970年代に中止された。既存の枯れ葉剤は回収され、焼却によって破壊された。そして、もう使用されていない。このことも、後日、もう少し詳しく報告したい。と。

 

武器としての枯れ葉剤は無くなったかもしれない。そう信じたい。しかし、ベトナム、カンボジア、ラオスの領土の地中にはまだ残留している。旧兵士の人体や、第一世代からは、第二、第三世代が悪魔の形として引き継いでしまった。

 

では、道義的にももう使えなくなってしまった枯れ葉剤をどうしたのか・・・アメリカ軍が動き出した。このことを、3回にわたって報告したい。

 

Operation Pacer IVY

 

ペイサー・アイビー作戦は、南ベトナムからエージェント・オレンジを運び出し、太平洋上のジョンストン環礁に保管するアメリカ空軍の1972年の作戦だ。作戦名のIVYは、InVentorY.の省略形として選ばれたものと見られる。同じく、ペイサーHO作戦(Hrbicide Orangeオレンジ除草剤という訳名にしておく)は、ベトナムからエージェント・オレンジの置き場所を変えるアメリカ国防総省(DOD)の関連計画を指している。

 

目的

 

国防総省副長官は、オレンジ除草剤(HO)(ベトナム戦争中に混合した撒布用枯れ葉剤)の使用を停止したのは、1970年4月15日だった。使用停止は1970年4月15日から1971年9月13日まで続いた。

 

その翌日の9月13日付けで、レアード国防長官(第10代国防長官)は、次のような指令を出した。

       

「私は、このほどベトナム共和国(旧南ベトナムのこと)とアメリカ本土にあるオレンジ除草剤の貯蔵の諸問題を検討した。私は、オレンジ除草剤のすべての貯蔵を出来る限りすみやかに実行してアメリカ本土に戻すことを決断した。ベトナム共和国、アメリカ本土ともに、すべての貯蔵オレンジ除草剤は、不純物として容認できないレベルであり、焼却処分することになる。残った貯蔵の除草剤をどうするかの選択肢は検討する。

 

ベトナム共和国にある全オレンジ除草剤をアメリカの管理下に戻すため、我が国在越大使館にベトナム政府と交渉するように、国務省/国防総省の合同メッセージは整った。

 

アメリカがベトナム共和国にあるすべての除草剤を管理するという想定のもとに、アメリカ本土への速やかな移送のために、必要な行動を起こしてほしい。(以下略)」(Alvin L. Young著 『エージェント・オレンジのベトナムからの移動と最終決着』より)

 

この指令に基づいて、ベトナムの第7空軍は、ベトナムにあるすべてのオレンジ除草剤をジョンストン環礁に移動するペイサー・アイヴィー作戦を開始したのである。

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 05:03 | category: 枯れ葉剤情報 |
# 【エージェント・オレンジとは 7−2】

今日も、エージェント・オレンジの勉強を続けたい。

       

【エージェント・オレンジとは 7−2】

 

Non-Hodgkin's Lymphoma

 

非ホジキンリンパ腫  悪性リンパ腫は「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」に分けられる。ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。非ホジキンリンパ腫は、リンパ球が癌化して無制限に増殖し、リンパ節やリンパ組織(扁桃、脾臓など)にできものを作ってくる病気。

 

Parkinson's Disease

 

パーキンソン病  筋肉運動に影響を及ぼす神経系の進行性の障害。パーキンソン病は、脳が出す運動の指令がうまく伝わらず、スムーズに動けなくなる病気です。脳は、大脳、小脳、脳幹(のうかん)に大別されます。パーキンソン病では、脳幹に属する中脳の「黒質(こくしつ)」という部分と、大脳の大脳基底核(だいのうきていかく)にある「線条体(せんじょうたい)」という部分に異常が起こっていることが明らかにされています。

 

Peripheral Neuropathy, Early-Onset

 

末梢性神経障害、初期の発症  麻痺、うずいていて、運動マヒを引き起こす経系の故障。アメリカ退役軍人省の評価規則では、除草剤曝露から1年以内に、少なくとも10パーセントの機能障害が出ていることが条件だ。

 

 三種類の末梢神経のうち、運動神経に傷害がおこると、筋力が低下したり筋肉が萎縮します。感覚神経の傷害では、しびれや痛みがおこり、痛み・熱さ・冷たさなどの感覚が鈍くなってきます。自律神経の傷害では、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、勃起不全、下痢・便秘などがおこります。

 

 この末梢神経系に故障がおこった状態を、末梢神経障害またはニューロパチー(ニューロパシーと呼ぶ方が英語に近い)という。

 

Porphyria Cutanea Tarda

 

•晩発性皮膚ポルフィリン症  肝機能不全が症状としてでること、太陽にあたる部分の皮膚が薄くなり、慢性的に繰り返し水疱が発生するなどが特徴である。アメリカ退役軍人省の評価規則では、除草剤への曝露から1年以内に、少なくとも10パーセント機能障害があることが条件だ。

 

晩発性皮膚ポルフィリン症は比較的一般的なポルフィリン症で主に皮膚に影響を及ぼす。鉄が病気の原因のなかで重要な役割を果たしている。症状には皮膚の露光部や創傷部の脆弱性および水疱がある。患者では肝疾患の発生頻度が増加する。晩発性皮膚ポルフィリン症は最もよくみられるポルフィリン症で、日光に当たると皮膚が弱くなり水疱ができます。

 

Prostate Cancer

 

前立腺ガン  前立腺ガンは男性に最も共通のガンの1つ。前立腺がんは、この前立腺の細胞が何らかの原因で無秩序に増殖を繰り返す疾患である。早期の前立腺がんには特徴的な症状はなく、あるとしても同時に存在する前立腺肥大症による排尿の障害(尿が出にくい、回数が多いなど)や下腹部の不快感などがある。
 

Respiratory Cancers (includes lung cancer)


呼吸器系がん(肺がんを含む)  肺、喉頭、気管と気管支ガン。

 

Soft Tissue Sarcomas (other than osteosarcoma, chondrosarcoma, Kaposi's sarcoma, or mesothelioma)

軟部組織肉腫(骨肉腫、軟骨性肉腫、カポージ肉腫または中皮腫以外のもの)筋肉や脂肪、線維性組織、血管、身体の他の支持組織に発生するがん。

 

もう一つ、付け加えておきたい病気がある。二分脊椎症である。これは第二世代以降の疾病である。

Spina bifida (except spina bifida occulta) in children of veterans exposed to Agent Orange

 

二分脊椎症(にぶんせきついしょう)とは、先天的に脊椎骨が形成不全となって起きる神経管閉鎖障害の一つ。脊柱管の背側が一部分、開いたままになっている状態。先天的な神経管の欠損により,脊髄せきずい膜や脊髄の一部が脊椎より突出し,神経障害をきたす状態。

 

母胎内で胎児が脊椎骨を形成する時に何らかの理由で形成不全を起こし症状の軽いものは気付くことなく終わるが、時に本来、脊椎の管の中にあるべき脊髄脊椎の外に出て、癒着や損傷をしていることがある。このように二分脊椎症には症状の重い開放性の二分脊椎症と症状の軽い潜在性の分脊椎症があるが、枯れ葉剤との関係に置いては、後者は対象外だ。脊髄髄膜瘤ともいう。下肢の麻痺や変形、膀胱直腸障害に因る排泄障害などが症状として見られる。

       

アメリカ、ニュージャージー州に住むライアン・アルバートソン君(当時6歳)スピナ・ビフィダに苦しむ。彼は第三世代だ。祖父のベトナムでの従軍が原因で、スピナビフィダを患っている。 (ジェームズ・ナットウェイ氏撮影)

 

枯れ葉剤という武器は、結局、敵味方を選ばなかったということだ。

このような先天性欠損症などがあるが、とりあえずアメリカ退役軍人省が出した2015年の公衆衛生の広報は第一世代がかかる病気ということに限定したためそれらは掲示されていない。ほかの病気については、いつか機会を見て触れることにする。

 

次回は、別の角度から、エージェント・オレンジを語りたい。

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 04:08 | category: 枯れ葉剤情報 |
# 【エージェント・オレンジとは 7−1】

【エージェント・オレンジとは 7−1】

 

では、こういう最大の毒性をもったエージェント・オレンジに曝露すると、人体にどういう疾病がでてるか・・を簡単に触れておきたい。簡単にふれたつもりだが、病気の数が多いので、A4-4枚という量でも、ブログという狭い枠の中では長く感じるので、二回分けて、明日も掲載することにした。

 

アメリカ退役軍人省が2015年に出した公衆衛生のエージェント・オレンジ曝露に関する広報である。退役軍人省が出した病名に日本語を付けたが、病気の説明は、必ずしも退役軍人省が出した公衆衛生の広報の内容に追随していない。若干長くなっても、分かりやすく説明してあるつもりだ。

 

以下は、アメリカ退役軍人省が出した病名である。

 

アメリカ退役軍人省は、特定の病気が退役兵の現役時代の適格兵役に関連がありうるとしている。 これらは、「推定の疾病」とされている。アメリカ退役軍人省は、特定のガンと他の健康障害を、兵役期間中にエージェント・オレンジまたは他の除草剤への曝露と関連した[推定的病気]と認めた。復員兵とその家族は、下記にリストした病気に対して援助(北村註:治療・給付などを指す)を受ける資格がある。

       

AL Amyloidosis
アミロイドーシスとは、アミロイドと呼ばれる異常蛋白質が脳、心臓、腎臓、消化管、神経など全身の様々な臓器に沈着し、機能障害をおこす病気の総称。稀有な病気。

 

Chronic B-cell Leukemias

慢性B細胞白血病  白血球に影響を及ぼす一種のガン。

 

Chloracne (or similar acneform disease)

塩素ざ瘡(または類似したざ瘡様病気)  化学物質への曝露後すぐにおきて、ティーンエージャーの中に認められるにきび様の肌の状態。アメリカ退役軍人省の評価規則では、除草剤への曝露1年以内で、少なくとも10パーセントの機能障害があることが条件となる。 下は、塩素挫創(クロルアクネ)の症状である。

       
Diabetes Mellitus Type 2

況薪尿病 これは、身体がきちんとホルモン・インシュリンに反応できないことから生じる高い血糖値が特徴。

 

Hodgkin's Disease

ホジキン病  全身リンパ腫の腫脹、肝臓、脾臓の腫大と骨髄への病変の波及が主症状進行性貧血を特徴とする悪性リンパ腫(ガン)。

 

Ischemic Heart Disease

虚血性心疾患  冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞したりして心筋に血液が行かなくなること(心筋虚血)で起こる疾患 胸痛か胸の圧迫感を感じる。
 

Multiple Myeloma

多発性骨髄腫  血液細胞の1つである「形質細胞(けいしつさいぼう)」のがんです。骨髄の中には形質細胞という細胞があり、免疫グロブリンと呼ばれる蛋白を作っています。この蛋白は細菌、ウイルスなど体内に侵入してきた異物を攻撃します。多発性骨髄腫とは、1つの形質細胞が必要ないにもかかわらず、どんどんと増殖する病気だ。
 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:19 | category: 枯れ葉剤情報 |
# 【エージェント・オレンジとは 6】

ダイオキシン対策は今や社会問題となっている。ダイオキシンとは、酸素と塩素または臭素を含む約210種類の芳香族化合物質の総称である。その中で、塩素基が48個持つものが毒性を示し、その構造式は、先日も示したようにPCBに類似している。人体への影響として、ダイオキシンは生分解性が悪く、生物濃縮しやすい性質があり、ラット実験等では微量で発ガン性を示す。

 

「ダイオキシン類は燃焼過程でごく微量の塩素源と未燃物が反応して生成されることが確かめられている。その結果、ダイオキシン類は人類が火を使い出して以来発生しているともいえる。事実、最近の分析結果では、ストーブのすすやタバコの煙、炭焼きステーキなど身近なもののほか、数千年前の地層からも検出されたとの報告もなされている」(厚生省小冊子)

 

ダイオキシンは塩素源(漂白紙、塩、しょうゆ、海水,PVC等々)と炭素源が空気中で約250400の不完全(低温)燃焼することによって発生する。

       
現在、日本国内で年間約5kgのダイオキシンが生成されているといわれ、このような生成環境から現在日本の発生源の約8割(4kg)が都市ゴミの焼却から生まれる。 従って主なダイオキシン抑制は、焼却炉の設備の問題となる。

 

ゴミを燃やすと難分解性で有毒な環境汚染物質である「ダイオキシン」ができるが、

では、難分解性のダイオキシンの寿命はどうなのか?

 

【エージェント・オレンジとは 6】

 

ダイオキシの寿命:ダイオキシンの半減期は、それがどういう場所にあるかによる。人体の中にあれば、20年ということもありうるが、半減期は11年〜15年。環境の中では、半減期は土壌のタイプと浸透度の深さによって変わる。ダイオキシンは太陽光に分解されるので、葉や土壌の表面では、状況によって1年〜3年である。埋められるか、表面の下で、または、河川や水の他の物体の沈殿物の表面、もしくは、深く埋まったダイオキシンは、半減期は100年以上になることがある。

 

薬学での半減期とは、薬成分の血中濃度が半減するまでの時間を指す。一般知識でなじみのある半減期とは、ある放射性同位体が、放射性崩壊で、その内の半分が別の核種に変化するまでにかかる時間をさし、たとえばウラン238(原子番号 92 質量数 238)半減期 45 億年であり、地球ができたころの約半分になっていると考えられる。


          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam

| comments(0) | - | 09:57 | category: 枯れ葉剤情報 |
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links