〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 支援隊2016ツアー6・友好村5

8月18日友好村5

 

本日も、ベトナム友好村での奨学金贈呈の模様をお伝えします。すらっとしたビンさんの登場です。

       

彼女も高校まで自転車通学です。こうこうは、グエン・ティ・ミン・カイ高校で、個の名前のがっこうは、全国にいくつかあります。

 

彼女は、近くの村の人から、自転車をプレゼントされたそうです。親切な村人に好かれているのですね。バスもない通学路を、6キロも通っていたのですが、自転車をもらって便利になった半面、車の怖さを感じているようです。

 

立会人は、今回初参加の池日奈さん(創価大学二年)です。

       

     蓮の花奨学金証書

 

        ホアン ティ ビン

           Hoàng Thị Bình

 

      愛のベトナム支援隊は、友好村のトゥエン理事

    長のご推薦で、ビンささんに、XXX万VNDの

    奨学金をお贈りします。

 

        岩崎 航(わたる)さんの詩を贈ります。

              オタオタして

       すぐ動揺して

          弱っちい心だ

          だからこそ

          闘うことが美しい

 

          支援隊の激励の言葉:弱っちい心をだんだん強くして闘

          える心にしていきましょう。

 

      2016年8月10日

       愛のベトナム支援隊

         奨学金寄贈者柴岡 財団

         立  会  人 : 池 崎 日 奈

 

日奈さんがお返しに頂いた絵は、地球の平和を願って描かれたものでしょうか。地球の上に太陽が輝き、

       

「ソ連」時代のピオネール(共産少年団員)のような子供が赤いスカーフをつけて躍っています。ピオネールは1922年設立されましたが。「ソ連」消滅と同時に、91年に解散しています。

 

そして、ビンさんが描いた絵の下に、何かメッセージがかかれていますね。何て書いてあるか内容を知りたいですね。

 

           写真提供:東北福祉大学 生田目学文教授

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:31 | category: 支援ツアー |
# 支援隊2016ツアー5・友好村4

8月18日友好村4

 

今日は、友好村の二番手・唯一の男性である、バオ君です。聾唖者です。二年前までは、お父さんが付いてきてくれましたが、今年からは、バオ君が独立したということでしょうか。一人でやってきました。かれは、友好村に住み込んでいる人ではありません。両親のもとから、三日通学しています。

 

生田目先生から贈呈です。

      

証書を読み上げる間、生田目先生の目を見ているバオ君の気持ちが読み取れますね。

 

               蓮 の 花 奨 学 金 証 書

 

                          チ  ン  クォック  バ オ

            Trịnh Quốc Bảo 君     

 

          愛のベトナム支援隊は、友好村のトゥエン理事長

               のご推薦で、XXX万VNDの奨学金を贈ります。

 

               岩崎 航(わたる)さんの詩を贈ります。

                            絶望の歌は

                            そのうち尽きるが

                            希望の歌は

                            尽きることがないはず

                            そう信じて 進む

 

                       支援隊の激励の言葉:希望の歌を歌いながら、自分

                       で自分を励ましながら進んでいきましょう。

 

       2016年8月10日

 

         愛のベトナム支援隊

                  奨学金寄贈者: 桑田 弘一郎

          立  会  人 :   生 田 目 学 文

      

そして、また、目と目が合う・・・新鮮な気持ちになります。

      

ちょっと絵は見にくいようですが、花瓶に入った花を描いてくれました。

 

 バオ君は、今まで、自宅から学校までの20キロを自転車とバスを乗り継いて通学していましたが、最近は、バス通学に一本に切り替えたようです。日本の状況と違い、バスがまず定時に来ないです。そもそも定時という時刻表などみたことないです。毎日の無事の通学を祈らざるをえません。

 

           写真提供:東北福祉大学 生田目学文教授

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:06 | category: 支援ツアー |
# 支援隊2016ツアー4・友好村3

昨日のアクセスは百獣の王でした。110・・まるで私のゴルフのスコアです。

ご訪問ありがとうございました。

 

8月18日 友好村3

 

本物の蓮の花奨学金奨学金証書は、一番上に日越の国旗を配しています。また、証書はベトナム語で書かれています。ここでは、日本の方のために、日本語で掲載します。本日のみ、ベトナム語も掲載します。

 

また、今年から、気分一新で奨学金証書の模様替えをして、左下に大きな蓮の花を載せましたことは、7月頃のブログでご紹介した通りです。

       

奨学金証書の文言を掲載し、奨学金を出して下さった方々に敬意を表したいと思います。また、今回、宮城県仙台市の岩崎航さんの詩を掲載できました。岩崎さん親子の真心のお気持ちに深く感謝します。奨学金贈呈だけでなく、岩崎航さんの生きる姿を伝える言葉も贈呈できたことは、奨学生に新たな力になったと確信します。

 

トップバッターは、ヴー・ティ・リエンさんの登場です。昨年は、ベトナム友好村の連絡ミスで、このリエンさんしかいませんでした。彼女が6人分を1人で受けたのです。今年の参加者は竹入さんを除いてはじめてですので、私が最初に出ました。

       

       

          蓮の花奨学金証書

              ヴー  ティ  リエン

                    Th   Liên  さん

 

        愛のベトナム支援隊は、友好村トゥエン

         事長のご推薦で、リエンさんに、XXX

         VNDの奨学金を贈ります。

 

   岩崎 航(わたる)さんの詩を贈ります。

        ふと、心が沈む

        ときもあるけれど

        胸の奥の

        火を打つ石は

        失うまい

 

       支援隊の激励の言葉:心の中にある希望に火を

        つける石は大事にしておきましょう。

  

       2016年8月10日

   愛のベトナム支援隊

   奨学金寄贈者 柴岡 財団

   立  会  人 : 北 村  元

       
絵を描いてきてくれました。花にミツバチがとまっています。
              

日本語の証書はここまでです。

彼女は、確か、少数民族出身の子です。明るい子です。

 

以下は、奨学金証書のベトナム語版です。

 

  Giấy chứng nhận học bổng Hoa sen

   Người nhận: Vũ Thị Liên

   Được sự tiến cử của Giám đốc làng Hữu Nghị -

   ông Đinh Văn Tuyên, Hội viện trợ vì Việt Nam t

      hân yêu xin trao tặng em Liên suất học bổng

      X.XXX.000 đồng.

 

     Bài thơ được ông Iwasaki Wataru gửi tặng:

      Chắc sẽ có những lúc

      Trái tim bất chợt đau khổ

      Nhưng từ trong sâu thẳm lồng ngực

      Hòn đá đánh lên tia lửa đỏ

      Sẽ không bao giờ bị mất

 

Lời nhắn nhủ từ Hội viện trợ: Hãy luôn trân

trọng hòn  đá đánh lên những tia lửa

hi vọng nằm sâu trong trái tim của mỗi chúng ta.   

 

Ngày 10 tháng 8 năm 2016
Hội viện trợ vì Việt Nam thân yêu

      Những người hỗ trợ Quỹ  Shibaoka

      Người trao tặng: Kitamura Hajime

 

            写真提供:東北福祉大学 生田目教授

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:05 | category: 支援ツアー |
# 支援隊2016ツアー3・友好村2

8月18日 友好村2

 

以前、ヴィンフック省VAVAのタン前会長が、「今度は、皆さんが式典の一番最初に歌を歌ってくれるといいんじゃないか」と、話してくれました。日本では、大体、歌は最後の方とおもいますが、ベトナムはそういう点では、バリアフリーみたいな心をもっています。まず楽しく始めよう・・・という気持ちがあるのでしょう。

 

体操の前に、私が挨拶をしましたので、ちょこっと載せておきます。

       

「おはようございます。リンさんを除いて2年ぶりですね。

●この二年間、病気しなかった人 手を上げてください。(誰もいませんでした)

●この二年間、学校を休まなかった人 手を上げてください。(誰もいませんでした)

●この二年間、一所懸命勉強した人 手を上げてください。(手を上げようとした人が一人いました。手が動いたけど、周りの雰囲気であげませんでした)

 

人には「持つ人生」と「なる人生」がある――といったのは、ドイツの学者(エーリッヒ・フロムという人)です。

「持つ人生」とは、ほしいものを手に入れて満足する生き方。

 

では「なる人生」とは何でしょうか?「もの」でなく「自分が何になるか」を目標に、自分を磨き、なりたいものになる生き方です。

これは、人気がある職業を目指せと言いたいのではありません。

 

「何になりたいか」を自分で決め、それに向かって努力し、くじけても、それから学び、また努力する――得られた「結果」よりも、こうした過程そのものに人生の価値があると伝えたいのです。

 

今年の奨学金証書は、日本の障害者の詩人の言葉でお伝えします。今日は、奨学金を差し上げる前に、ここで5分間皆で簡単な体操をしましょう。

       

ここまでが、私の挨拶でした。皆勤賞ものの人とか病気をしなかった人はいなかったのです。そのくらい、普通の人にくらべて、健康は厳しいです。

 

でも、今回、会えないと思っていた奨学生が、遠くハティン省からきてくれました。バスに揺られておそらく6時間はかかると思います。チャーさんという奨学生です。写真は、チャーさんが奨学金を受ける時に貼り付けます。

       

では、奨学金贈呈の準備ができましたので、明日からご紹介していきます。

 

写真提供:東北福祉大学 生田目教授

 

          愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 12:37 | category: 支援ツアー |
# 夏ツアーの事前研修会 東北福祉大で・・・

夏ツアーの事前研修会 東北福祉大で・・・

 

愛のベトナム支援隊の2016年ツアーが17日から始まります。

ハノイ集合の8月17日まで、後10日あまり。

昨日(8月5日)、仙台市の東北福祉大学で、参加者でもある生田目教授を中心に参加者4名の研修会が行われました。

        

そこに、サプライズがありました。去年支援隊ツアーの通訳を務めてくれたリンさんが、応援に参加してくれたのです。リンさんは、いま、バリアフリーを研究のために、東京大学に留学中です。フルネームは、グエン・ティ・トゥイ・リンさんです。

 

ハノイ在住者のリンさんからは、いろいろな話が聞かれたと思います。

有意義な1時間の研修会だったのではないかと推察しています。

      

また、参加の学生さんは、寄付であつめられた衣類をもって帰ったそうです。

暑い日本から、あついベトナムへ・・・・困窮の中にいる人たちを少しでも助けようという気持ちから汗を流してくれます。

      

事前の研修は、とても大事です。毎年、生田目先生が開いてくださっています。ありがとうございました。生田目先生は、8月8日〜10日までの枯れ葉剤被害者の国際シンポジウムにも出席して、発表をされることになっていて、まず一回目の渡越をされます。

        

リンさん 、飛び入りの講師 ありがとうございました。

参加の学生さん・・・元気でハノイ集合して下さい。

 

   愛のベトナム支援隊・北村 元
                 Love&SuportVietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 05:32 | category: 支援ツアー |
# 2015支援隊ツアー9 人気の「ベビー空芯菜」
人気の「ベビー空芯菜」

 支援ツアーで一日汗を流せば、夕方の食事は、楽しみというものです。朝早く移動する時は、宿泊ホテルでの朝食はとれないので、目的地の空港に着いてすぐ食事をすることだってあります。

 昼食・夕食で選ぶメニューでは、結構空芯菜が多いです。ツアーの参加者から「おいしい」という言葉を聞くと、ホッとするのが正直なところです。

 25年前に、ベトナムに通い始めた頃、この空芯菜と白いご飯(当時は、少しくすんだ白米でしたが)があれば、十分だと何回も思いました。そして、茄子の漬物(ガ―)があれば、2〜3杯は、軽いです。
 
 今、ベトナムで流行の空芯菜に「ベビー空芯菜」があります。
      
http://www.viet-jo.com/home/magick_img.php/150908075944.jpg?part(300)
 通常の空芯菜に比べて小柄ですが、10倍も高い値段です。1週間前から予約をしなければ、手に入らないという店も多いほどの人気です。この「ベビー空芯菜」は、1kg当たり2万2000〜7万VND(約117〜372円)で販売されています。

 ハノイ市に住むXX・XX・タインさん(男性)は、ホーチミン市に出張する時に、お土産の代わりにベビー空芯菜を持ち帰ります。タインさんは、「この空芯菜の値段は食肉と同じくらいで、ハノイ市で売られている通常の空芯菜より10倍高いです。でもこの空芯菜の風味は独特で、鍋にすれば家族で2〜3kgは食べてしまします」と。

 ベビー空芯菜を栽培するホーチミン市フーロック協同組合員のサンさんの話では、ベビー空芯菜は種から栽培し、14日で収穫が可能。収穫時の長さはおよそ30cmだという。サンさんの家は2haの広さでベビー空芯菜を栽培しており、1日当たり60〜70kgを収穫しているそうです。収穫したベビー空芯菜はあっという間に売り切れ、売れ残ることはないということです。

 ちょっと試してみてくださいね。


                      愛のベトナム支援隊・北村 元
                                 Love & Suport Vietnam
               <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>
| comments(0) | - | 12:49 | category: 支援ツアー |
# 2015支援隊ツアー8 レストラン会計係との闘い
ベトナムドンの偽札
 
今年のツアーで、気を使ったことの一つは、ベトナムのニセ札です。ベトナム国家銀行(中央銀行)によりますと、2015年上半期に金融機関や国庫で発見されたベトナムドンの偽札の数は前年同期と比べて+9.5%増加したということですよ。

2013年上半期には、前年同期比▲42.8%減少と大幅に改善されましたが、悪の心が芽生えた人間が増えて、再び増加傾向にあるとか。
 
8月20日の夕食で、私が計算書をもってきた女生徒もめているのをご覧になった方もいると思います。

払ったおカネを数えて、金額は足りていれば、普通はそこで終わりですが、ベトナムの場合は、その次の段階に進みます。

もらったお札を一枚ずつ精査するのです。その時は、三枚はねられました。古いお札は特に受け取りません。そして、セロテープを貼ったお札もだめです。

そもそもこのお札は、オーストラリアの技術で造幣されたものです。
 
突き返しては戻され、また突き返し・・・食事の後にするゲームではありません。いよいよマネージャーを呼ぶことにしました。

マネージャーは、私の強い気配を察して二枚までは譲歩しました。が、最後の一枚・・つまり、セロテープを貼ってあるお札は、ガンとしてうけませんでした。私も、両替で金融機関からもらった札ですから、そうそう簡単にひけません。
ここが妥協点かなと思い、私もやむなく引きました。
 
 ベトナムのニセ札技術は、あまり高くありません。

 以下、偽札と本物を見分ける簡単な方法を紹介します。

1.紙幣を光に透かして、故ホー・チ・ミン主席の透かしの図柄及び偽造防止帯を確認。透かしの図柄がなく、帯の部分の文字・数字が鮮明でないものは偽札。

2.故ホー・チ・ミン主席の肖像画、国章、額面の文字、「ベトナム社会主義共和国(CNG HÒA XÃ HI CH NGHĨA VIT NAM)」の文字の部分を軽く触れて凸凹を確認。本物はインキが盛り上がってざらざらしているが、つるつるで凸凹がないか、凸凹があっても精巧でないものは偽札。

3.ブロンズ色のメタリックで印刷されたマークのインク色が角度によって変化するかを確認。マークは、10万VND札の右上、20万VNDと50万VND札の左下(いずれも紙幣の表)にある。角度を変えてもインク色が変化しないものは偽札。


4.透明な窓の部分を確認。この部分にエンボス加工で印刷された数字が鮮明ではないものは偽札。  
      
http://www.viet-jo.com/home/magick_img.php/150905014455.jpg?part(300)
ツアー参加者からお預かりしたおカネですから、ケチはつけられたくありません。レストランに入った客を客とも思わないベトナム女性は、ほんとうに強いです。食事で得たエネルギーを、全部使い果たしましたよ。受け付けてくれなかったお札は、運転手のチップに使いました。これは拒否されません。

                        愛のベトナム支援隊・北村 元
                                 Love & Suport Vietnam
               <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>
| comments(0) | - | 16:34 | category: 支援ツアー |
# 2015支援隊ツアー7 夢を叶えられる国に
夢を叶えた「自信と訓練」
 
二年か三年まえの支援隊のツアーで、フート省の田舎の小学校で、紙飛行機大会を行った。優勝した男の子が、「ベトナム航空のパイロットになりたい」 と言いました。あの子は、その後どういう風に成長しているのだろうか、と時々思い出します。
 
 写真の男性はグエン ・クアン・ダットさんは、1991年生まれ。現在24歳。
          http://www.viet-jo.com/home/magick_img.php/150904081448.jpg?part(300)
 ハノイ市出身の彼は、格安航空会社ジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)の機長だ。ベトナムで最年少の機長として、注目を集めています。

 ダットさんは、ハノイ市チューバンアン高校の特別クラスの生徒でした。

 父親はパイロットで、母親は大学講師。2009年、彼は貿易大学の対外経済学科に合格しました。しかし、入学から3か月後には、航空会社のパイロット養成所に転入していたのです。

 「面接は非常に緊張しました。試験を受けに来ていた人はたくさんいて、6次試験の上に健康診断もありました。合格者は私の他に3人で、私が最年少でした」ダットさんはそう話す。

 9割の経費補助を受けてニュージーランドとイギリスで2年間の研修を受けた後、ベトナムへ帰国。4年間は副操縦士として、訓練飛行と実際の飛行と合わせて飛行時間計3500時間の経験を積んだ。そして2015年6月末、ダットさんは24歳でベトナム最年少の機長に昇格した。

 彼が所属している航空会社には、ベトナム人機長は3人しか居ない。他の2人は1974年と1979年の生まれだ。「若いということにはメリットもデメリットもあります。そんなに若くて大丈夫なのかと思う人も多く、だからこそいつでも努力に努力を重ねて、自分自身を肯定しなければならないのです」と彼は言いました。

 新しいポジションに配置された時には、3kg痩せたこともあったという。
 
「日々4000kmを移動しつつ、600人を超える乗客と数億USDに相当する機体の安全を絶対に守らなければならず、そのせいで痩せてしまったのです」
         
http://www.viet-jo.com/home/magick_img.php/150904081448_2.jpg?part(300)
 父親がパイロットという家庭環境はよかったにしても、アメリカではアメリカン・ドリームの実現がほとんどなくなりつつある半面、アジアの小国ベトナムでは夢を叶えらる国になりつつあるようです。

                         愛のベトナム支援隊・北村 元
                                 Love & Suport Vietnam
               <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>
| comments(0) | - | 21:07 | category: 支援ツアー |
# 2105支援隊ツアー6 女性兵士の行進
私たちがハノイを離れた8日後に。ベトナムは、建国70周年を迎えました。1945年に、ホーチミンさんが、フランスからの独立を宣言してから70年を迎えたのです。しかし、独立は宣言したものの、その後のベトナムの動きは、皆さま ご存知の通りです。

この日、2015年9月2日・・・
およそ800万人のベトナム人が、この日、9月2日、最低一つか二つのユニフォームを着て、独立記念日=建国記念日に何らかの行事に参加したとみられます。

大規模な組織をもつ、陸軍、空軍、海軍は言うに及ばず、退役軍人、労働者、農民、企業家、若い労働者、女性、少数民族が、パレードに参加しました。
 
ここであえて、一枚の写真を出すとするなら女性兵士の行進です。ベトナム戦争に義勇兵として参加した559部隊の女性兵士には、随分お会いしてきましたが、現役の若々しい女性兵士には会ったことがありません。
      
 そして、ご覧のようなミニスカートでの堂々の行進です。
 
 彼女らが戦う日が来ないことを切に祈りたいと思います。559部隊の女性兵士は、戦うことで青春を失っただけでなく、枯れ葉剤によって子どもを産める体を失ったことは、これほど女性の夢を奪い、女性の尊厳を踏みにじる惨禍はありません。
 
 不戦の日がつづきますように! 女性兵士よ! もうちょっと、左右を気にして、横一線に並んでほしいですが。

                         愛のベトナム支援隊・北村 元
                                 Love & Suport Vietnam
               <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます> 
 
| comments(0) | - | 18:53 | category: 支援ツアー |
# 2015支援隊ツアー5 8月10日という日
ベトナムの8月10日 
 
私たちが毎年贈呈する奨学金の証書には、いつも、必ず同じ日が記入されています。それは、XXX年8月10日です。なぜかというと、1961年8月10日に、アメリカ軍が初めて 枯れ葉剤の試験撒布を、ベトナム中南部のコントゥム省で行いました。その日を二度と忘れえぬ日として、記入してあります。

ベトナムの奨学生は分かっていると思いますが、今度のツアーで、日付けが間違っていませんかと聞いてきた人がいたので、今、書いています。 

この日が、ベトナム政府の制定で、ベトナム枯れ葉 剤被害の日となりました。その日に一番近い日曜日前後には、全国的に枯れ葉剤被害者の日として、大々的なイヴェントが行われます。 

1961年8月10日は、コントゥム省の国道14 号線上にヘリで枯れ葉剤を初めて撒布した日ですが、ベトちゃん、ドクちゃんが生まれたところは、同じ省ですが、撒布場所からみると、 すこし離れた南側です。

コントゥム省は、もう山岳地帯で、標高も高くなっています。国道14号線も、昔のホーチミン・ルート(北ベトナム軍が南下する道路)でした。アメリカ軍が、北からの兵士が移動する ルートとして目をつけていた道路です。

この1961年8月10日の3日後に、ドイツのベルリンを完全に二分する鉄条網の設置がされ、そこからほどなく、ベルリンの壁の建設が始まった、そういう時代的背景があります。東西冷戦のはじまりの象徴です。

そのことを、大庭さんが発行している『チアーズ』という情報紙9月号(8月15日発行)に書かせてもらいました。

1945年にドイツが無条件降伏をして、ヨーロッパにおける第二次世界大戦は終了しました。しかし、この瞬間からドイツの分割統治が始まったのです。ドイツは東と西に分けられ、それぞれがソ連、アメリカによる統治のもとで再スタートを切ることになったわけです。
 
 しかし、首都のベルリンは、ドイツ民主共和国(以下東ドイツする)に入りましたが、ここも東側と西側による共同管理となりました。
 
 ところが、1961年8月13日深夜2時、東ドイツの人民警察と人 民軍が鉄条網とバリケードにより街を分断。何のため? ドイツ連邦共和国(以下西ドイツとする)への労働力の流出を防ぐためでした。
 
 その二日後には壁の構築が始まった。9月20日までに全長12kmの壁が完成。
           

          建設中のベルリンの壁

 さらに西ベルリンの周囲は全長137mに及ぶ鉄条網で取り囲まれ、これ以後西ベルリンは陸の孤島となってしまいました。監視体制を強めた東ドイツは、東から西へ亡命する人を容赦なく射殺したのです。

                          愛のベトナム支援隊・北村 元
                                 Love & Suport Vietnam
               <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます> 
 
| comments(0) | - | 14:14 | category: 支援ツアー |
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links