〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 少数民族の若手女性起業家

昨日のアクセスは181でした。ありがとうございました。

 

少数民族の若手女性起業家

2018年02月09日公開

 

皆さん、ご無沙汰しております。
Threads 代表の東山です。

今回ご紹介するのは ライチャウ省 のスス(Susu)さんという若くしてホームステイ事業を興そうと奮闘している女性です。
花モン族のススさんは昨年ハノイの大学を卒業したばかりです。
彼女は流暢な英語を話し、加えて医学部卒業。
そんなエリートの彼女がなぜ帰郷して起業の道を選んだのか、インタビューを通じて彼女の独特な世界観を覗いてみることにしました。

  

   ハノイから来た感満載で、とにかく目立ったあの星のスウェット
   (左から2
番目がススさん

 

     

   ススさんとの出会いはライチャウ省で行われたローカルホームステイ講習会

 

ススさんに出会ったこのホームステイ講習会とは、平たく言えば、民泊事業がうまく行っている会社の社長さんがライチャウ省に来て、現地の人たちに洋食の調理法を教えるという内容のものでした。
社長さんの料理の腕が一体どのくらいプロフェッショナルか分かりませんが、少数民族の女性たちにはとても勉強になったそうです。
講習の成果としてビーフシチューを作って頂きました。
が、やはり山風でした。
(スープがサラサラ…)

 

ホームステイ事業の起業にいたるまでのインタビュー

 

東山:それでは、ススさんよろしくお願いします。まず、そもそもなぜハノイの大学に行ったのですか?

ススさん:やはり憧れなんですよね、大都会というものが。高いビル、いろいろな国から来る人、美味しい料理とか。

東山:山生活はやはり退屈ですか?

ススさん:今はそうだと思わないけど、まあ当時は出たくて仕方がなかったですね。

東山:ハノイの大学に行けたのはすごいですね!それに医学部!なぜ医学部を選んだのですか?

ススさん:なぜ医学部かですか?進学相談をしてくれる人がいなかったからかな?山に住んでいるせいなのか分かりませんが、高校の時は生物の成績だけはとても良かったです。もしかしたらその影響もあるかもしれません。

東山:そっか!山に住んでいるから、生物なんて余裕ですね!僕は覚えるのが苦手だから、生物は大変でした…。 ところで、英語専攻でもないのにすごく英語を話すのが上手ですね。

ススさん:ネットで勉強しました!アメリカドラマを観て。

東山:なるほどですね。日本人の英語レベルが世界的にも低いと言われているけれど、アメリカドラマがもっと流行ればいいのかな?

ススさん:そうかもしれないですね。 でも私、最近は韓国ドラマしか見ないのですが、韓国語は全然話せませんよ。

 

東山:総じてハノイでの大学生活はどうでしたか?

ススさん:最初の一年は楽しかったですね!全てが「ワォ〜!」って感じ。そしてだんだん慣れてきて、どうしても悪いところに目が行くようになっちゃいます。ハノイはやっぱり人が多いですし、空気も汚い。

 

東山:なるほど。まあ基本人ってそうですよね。気になり始めると目についてしまいます。でも、さらなる刺激を求めてホーチミンとかには行かなかったんですね。

ススさん:それも考えたけど、でも今は山が恋しい。とりあえず数年はここでのホームステイ事業に専念します。

東山:ススさんは、せっかくハノイの大学を出たから、親からもそれなりの期待があると思います。そのまま地元に帰るのってプレッシャーを感じたりしませんか?

ススさん: そういうプレッシャーはないですね、穏やかな毎日を過ごすだけで十分なんですよ。親も私が幸せなら何でも応援してくれますよ。だから結婚とかも自由にさせてくれるし。何も言われない。

 

東山:すごい親御さんですね!結婚を急かさない少数民族なんて珍しいです。なんでですか?

ススさん:確かにそうかもしれませんね。もしかしたらクリスチャンだからというのもあるかもしれません。サパの教会へ行けば分かると思いますが、モン族の中にクリスチャンは結構いますよ。

 

東山:クリスチャン!なるほどです!ススさんが言う「穏やかな毎日を過ごすだけで十分なんですよ」というのもキリスト教の影響があるかもしれないですね?

ススさん:どうでしょう。ハノイに行く前は、歳をとったおばさんが言うようなそんな言葉は絶対口にしませんでしたが! あんなに憧れだった都市生活も一年で飽きてしまったので、結局は今を生きることが大事なんですよ!私は今を生きることで幸せを感じています!

東山:ほーーーー、確かに今を生きるのって大事ですね。でも、その考えだとどの仕事でもどの場所でも一緒で、別にライチャウに帰らなくてもいいんじゃないですか。

ススさん:それはやはり地元が大好きなんですよ。もっといろんな人にライチャウに来てもらいたいからです。そのために良いステイ先を用意しないとね。

  

東山:マインドが観光大使みたいですね!地元の同世代の友達はみんな何をしているんですか?

ススさん:観光大使!それいいですね!地元でも作りたいです、そういうものを。友達はバラバラですね。農業をやったり、売店を手伝ったりしています。

東山:そうですか。今日は本当にありがとうございました。ホームステイ事業が完成したら教えてくださいね。

   

ススさんはベトナム北部にあるライチャウ省の シンスオイホー(Sìn Sui H に住んでいます。出典:vietjo

 

シンスオイホー(Sìn Sui H  北村註;ライチャウ省の北部です。シンホー郡にありますが、その北はもう中国領です。

 

 

           愛のベトナム支援隊

             Love & Support Vietnam
          <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:13 | category: ベトナムのあれこれ |
Selected Entry
Categories
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links