〜愛のベトナム支援隊〜 Love and Support Vietnam

枯れ葉剤被害者を支援しよう!寄付金受付中!今年の衣類は目標達成!ご協力ありがとうございました!

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# ご寄付を頂きました!

昨日のアクセスは、きっかりと100でした。

ご訪問ありがとうございました。

 

ご寄付を頂きました!

 

こちらシドニーは、寒さが募ってきました。

が、そういう時でも、半袖や短パンの男女がいて、驚きます。

この南半球の寒い時期が、ベトナム・支援ツアーの準備期間です。

 

ご寄付を頂いて、どういう風にしようかと真剣に考える時期です。

        

6月25日 相澤 暢子さま シドニー 寄付金

 

子どもたちの勉学に欠かせない学費、教科書、文房具の購入・・時に制服・・・毎年8月は、上級の学校への進学、進級を9月控えた準備で、子どものある家庭は物入りの時期です。

        

頂いたおカネを奨学金として使わせていただきます。

ありがとうございました。

 

       愛のベトナム支援隊

   会計:櫻井恵美子 責任者:北村 元
                   Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 11:06 | category: 寄付金 |
# 16蓮の花奨学生からの手紙 後期-ニンビン省

昨日は、120丁度のアクセスがありました。ありがとうございました。

 

今日は、ニンビン省の蓮の花奨学生3人目のフエンさんからの手紙です。フエンさんは、千葉の川津康代さんと広島の薄木久瑠実さんの奨学金で勉強しています。

 

 敬愛するKAWAZU YASUYOおばあさん、薄木くるみさん、そして愛のベトナム支援隊の皆さんへ

 

 手紙の最初はKawazu Yasuyo(川津康代)おばあさん、薄木くるみさんとベトナム支援隊の皆さんにご健康とご多幸のお祈りを申し上げます。

 この間、私と家族は伝統のテトを暖かく幸せに過ごすことが出来ました。がんばってきた一年の後に、この時は家族全員が集まり、お互いのために時間を使ったりする時期です。昨年は、家族の全員の健康も仕事も、そして勉強も安定しましたから、とてもうれしいでした。

 

今年の学年は私にとって大事な学年です。知識の量とスケジュール表はかなりハードになり、毎朝病院に研修に行き、昼はわずかの時間で昼ごはんを食べ、午後は学校に勉強に行き、夜は図書館で自習に行くというスケジュールです。ですから、普段は故郷に帰ることが出来なく、殆ど電話で家族と繋がっています。勉強は大変ですが、電話で親の元気な声が聞こえてきて、励ましてくれましたので、疲れが癒されます。

       

 今、中央産婦人病院でインターンをしています。毎日、出産婦人と赤ちゃんに会い、お母さんのすばらしさを感じています。そして、一人の赤ちゃんが無事に生まれることは神聖なことだと感じるようになりました。

       

 出産のときは、出産婦が様々な危険に向き合うことが分かってきました。子供を無事に生むために、出産婦は頑張ります。そして、毎日、たくさんの患者さんに会えるので、人生の様々な不幸な宿命を見ることができて、自分はもっと努力しなければならないと分かりました。両親と愛のベトナム支援隊、Kawazu Yasuyoさん、うすき くるみさんとニンビン省VAVAにご恩を返すために、頑張ります。

       

 家族とニンビン省の枯れ葉剤被害者に代わり、私は皆さんに感謝の気持ちを申し上げます。これからも頑張るのを皆さんと約束します。

 

 近いうちにまた皆さんに話したいと思います。

 

 お元気で。孫のドー・トゥ・フエン(Do Thu Huyen)

 

++++

 

【北村から一言】

 

お手紙ありがとうございました。

元気で、夜まで勉強していることがわかりました。

 

研修中の、ハノイの中央産婦人科病院は、ハノイにある中央レベルの病院の一つですね。ここでは、年間3万人以上の子供が生まれています。

ハノイにある他の中央レベルの病院は、国立小児病院 越独病院 バックマイ病院で、いまフエンさんがインターンをしているのは国立産婦人科病院です。

 ベトナムは2007年から人口ボーナス期(15〜64歳の生産年齢人口が、それ以外の人口(従属人口)の2倍以上ある状態)に入りました。人口ボーナス期は35年続き、その後は高齢化社会に突入すると予想されています。

 

病院研修はいろいろなケースに巡り合える絶好の機会であり、たくさん勉強できると思います。優れた先生にも巡り合えることを祈っています。

 

心身ともに健康で、貴重な経験を積んでください。

 

       愛のベトナム支援隊

             Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:32 | category: 奨学生からのお便り |
# 16蓮の花奨学生からの手紙-ニンビン省

今日は、ニンビン省の蓮の花奨学生2人目のトゥ・フオンさんです。トゥ・フオンさんは、この1年、静岡県のグループ・しみずの方々の奨学金で勉強してきました。

 

氏名:Nguyn Th Thu Hương (グエン・ティ・トゥ・フオン)

Ninh Binh省のNho Quan C高校の12cクラスの学生(翻訳者リンさんの註:12Cは高校3年生のこと)

 

 Ninh Binh省VAVAのTa Quang Chinh

 愛のベトナム支援隊 グループ・しみず御中

 

 私はグエン・ティ・トゥ・フオン(Nguyen Thi Thu Huong)と申します。今、ドゥック・ロン(Duc Long)社にあるNho Quan(ニョー・クアン) C高校の生徒です。新しい春季到来のたびに、筆を借りて、皆さんにご健康とご多幸のお祈りを申し上げたいと思います。また、皆さんのご支援に感謝の気持ちを申し上げます。

 

 最近、テレビで紛争のニュースをみて、ベトナム戦争のことを連想しました。私の大好きなベトナムには人類を壊滅する枯れ葉剤が撒かれて、おじいさん・お父さん・子供という3世代まで影響を及ぼしています。

       

私の家族の中では、父と伯父はその影響を受けています。そのため、家族の期待と、社会の期待に応えるために、私は頑張っています。

 また、枯れ葉剤について、詩を作りましたから、お送り申し上げます。

 

枯れ葉剤

誰ということなく、枯れ葉剤が

米軍に撒かれて、哀愁がただよう

あらゆる戦場に枯れ葉剤の飛行機が飛んでいる

人類にとって傷心だろう

大きな頭や、痙攣している体、そして笑うことが出来ない顔

(枯れ葉剤に)汚染されたら、孤独の人になる

子どもを産んだら、さらにかなしくなる

痙攣の連続で、自らの身体と感じられないだろう

祖国の戦争に参加するのは当然だ

ただ、汚染されたと分かったら、子供を産なければよかったのに

3世代まで拷問のような生活になる

奇麗な身体もない

だんだんと死の道に向かう

家族と社会は面倒をみてくれる

平和と独立の毎日が望ましい

今人生、世界を変えたいと思う

しかし、恩返しために、透明の水が毎日流れている

世の中では、損得に一喜一憂することより、やるべきことがあるだろう

祖国のために身も心も尽くすことであったり、患者の体の痛みを緩和したり、

ということではなかろうか

 

 ここで筆を置きたいと思います。愛のベトナム支援隊、グループ・しみずの皆さんのご健康とご多幸をお祈りいたします。皆さんのお気持ちに感謝しております。

 

Nguyen Thi Thu Huong

Ninh Binh, Nho Quan, Duc Long社、

Duc Long,2017年3月2日

孫のNguyen Thi Thu Huongより

 

+++

 

【北村から一言】

 

トゥ・フオンさん お手紙ありがとうございました。

フオンさんの得意な“詩”が登場しましたね。

なかなかよくかけています。素晴らしい詩です。

世の中では、損得中心が主流になっていますが、そういう価値観ではなく、もっともっと共生社会を産む価値観を大事にしようということですね。

その通りだと思います。

 

私たちは、本当に微力ながら、弱者支援を心がけてきました。

そして、われわれ民衆が強くなって行かなくてはならないと、考えます。

 

大学目指して、一気に進んでください。

学問もまた、そういう共生社会の現出に大きく貢献するに違いありません。

すべての学問が、平和・共生のためのものでなくてはなりませんね。

 

8月に大学に合格してお会いしましょう。

 

        愛のベトナム支援隊

             Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:07 | category: 奨学生からのお便り |
# ご寄付を頂きました!

昨日のアクセスは201でした。覗いてくださってありがとうございました。

 

ご寄付を頂きました!

 

6月21日 平井 尚子さま 市川市 衣類

 

毎年、衣類支援のご協力をありがとうございます。

 

子どもたちの衣類の使い方をみていると、良いもの、より新しいもの・・着やすいもの、などによって、大学生は学校に着ていったり、高校生は制服を着用しない日に私服として着るのを楽しみにしていることがわかります。

      

今年もありがとうございました。8月17日からの愛のベトナム支援隊ツアーで、できるだけきめ細かく有効に使わせていただきます。

 

       愛のベトナム支援隊

   会計:櫻井恵美子 責任者:北村 元
                   Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 09:11 | category: 寄付:衣類 |
# 16蓮の花奨学生からの手紙後期-ニンビン省

今日からは、ニンビン省の蓮の花奨学生からの手紙をご紹介します。ディン・トゥアン・ロン君です。彼は、今年の6月いっぱいまで、静岡県のグループ・しみずからの奨学金で勉強しています。

 

Yen Khanh, Ninh Binh2017年3月2

氏名:Đinh Tun Long(ディン・トゥアン・ロン)

生年:1998

住所:Ninh Binh,Yen Khanh,Yen Ninh

水利大学の一年生

 

愛ベトナム支援隊・グループ・しみずさま

そして、シロカワ・エリコさま

 

 今日はまたペンを持ち、愛のベトナム支援隊とグループ・しみずの皆さんに手紙を書くことが出来て、うれしくと思っております。2017年旧新年のたびに、愛ベトナム支援隊とグループ・しみずの皆さんのご健康とご多幸をお祈りいたします。また、愛のベトナム支援隊のご発展もお祈り申し上げます。

 

 貴支援隊とグループ・しみずの皆さまへ。私は水利大学の学生になってから、もう一年に経ちました。

       

自分の家族はまだいろいろと困難があるので、大学に入るのは家族にとっても、私にとっても大きなチャレンジです。しかし、それだからこそ社会に身も足も運ぶために、自ら努力しなければならないと、自分に励ましています。

 

 また、貴支援隊とグループ・しみずのご支援は大きな意義を持っていると思います。その支援は人と人の愛情と責任を表す行為ですから。そのため、貴支援隊とグループ・しみずはこれからもより発展しますように心から祈っております。ぜひ困難に逢っている人たちを助けていただければ、幸いです。

 

 私は近いうちに、故郷ニンビン省で皆さんにまたお会いしたいと思っています。筆を置く前に、もう一回申し上げますが、皆さんに感謝の気持ちを申し上げます。

 

 皆さんのご健康とご多幸をお祈りいたします。

 心の底から本当にありがとうございました。

 

ディン・ティエン・ロン(Dinh Tuan Long

 

+++

 

【北村から一言】

 

手紙を受け取り、本日ブログに載せました。

丁重なお手紙に感謝しています。

 

水利大学での勉学に、奨学金が少しでも役に立てば、これほど嬉しいことはありません。

困難をかかえながらも、ご一家が健康でいられることに、とても喜びを感じています。

 

今年のロン君への奨学金証書の文言には、東京大学の土木の専門の先生の一言を載せました。より一層、元気で頑張ってくれることを祈っています。

 

8月に元気でお会いしましょう。

 

     愛のベトナム支援隊

           Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:50 | category: 奨学生からのお便り |
# 16蓮の花奨学生からの手紙-ダナン市ァΥ

昨日のアクセスは184でした。

ご訪問を感謝します。

 

今日は、ダナン市の最後の蓮の花奨学生からの手紙です。

ラ・ティ・カム・ヅエンさんです。彼女は、小田 昭六・ヤイさんからの奨学金で勉強しています。

 

ダナン2017年3月10日

 

小田 昭六・ヤイさま 皆さまへ

 

 こんにちは。私はラ・ティ・カム・ヅエンと申します。奨学金を下さり、本当にありがとうございました。この手紙を通じて、小田さま、皆さまに感謝の気持ちを申し上げます。その奨学金のおかげで、勉強のために必要なものを買うことが出来て、残りの金額は家族の生活費のために、お母さんにあげました。

 

前回の学期は頑張ってきました。高校2年の科目はどれでも難しいです。特に数学です。ですから、勉強に集中しました。分からないところがあれば、友達に聞いて、皆さんは親切に教えてもらいました。

 

今、自分が一番好きな科目は何かわかりました。それは化学の科目です。化学は難しいですが、面白いです。時々実験をやって、無事に成功しました。成功できた気分はとてもうれしいです。

 

 そして、皆さんはお元気ですか?トアンお兄さんはまだ入院していますから、私はお兄さんと一緒にいます。お母さんはかなり忙しいです。ある時は、家に帰って、2時間経つか立たないうちに、病院に慌てて行きます。ギアお兄さんは身体が痛くて、息が苦しい状態ですから、入院したり退院したりを繰り返しています。

 

家族の生活費を支えるために、今年のテトはお母さんと一緒にロックを売りに行きました。皆さんは、ロックがどんなものかご存知ないですね。ロックは幸運という意味で、誰でもロックを家に持ち帰りたがります。

      

末筆ながら、、皆さんのご健康とご多幸をお祈りいたします。

皆さんのこどものラ・ティ・カム・ヅエン(La Th Cm Duyên

 

+++

 

【北村から一言】

 

お手紙ありがとうございました。

お父さん、お兄さん二人・・・の体調が悪くて、お母さんとヅエンさんに、いろいろと負担がかかっていますね。

手紙の文章からもよくそれが伝わってきます。

 

生活が大変なこともよく知っております。お母さんとヅエンさんが健康でなければ、一家が大変になりますので、どうか、健康に十分注意して、学校生活を送ってください。

 

私は、「ロック」という植物をしりませんでした。手紙の翻訳者のリンさんが、親切にも画像をつけてくれましたので、よく分かりました。

リンさんは説明文も付けてくれました。

(りん:ロックかは「祿」という小さな植物の名前です。その植物は仏壇に捧げると、幸せが来ると信じられます。特に、テトの時に、年のはじめですから、ベトナム人はロックを必ず買いに行きます。ロックの写真を添付しました)。

 

幸せを売りにいったのですね。

どのくらい売れましたか? どういう人が刈ってくれましたか? 何時間くらいかけて売ったのでしょうか。利益はでましたね?

 

そういうことも、手紙に書いてくれると、お宅の事情もわかります。

 

そういう中で、人に負けずに勉強して、良い成績をとってください。

8月にお母さんと一緒にあいましょうね。

 

      愛のベトナム支援隊

           Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 12:29 | category: 奨学生からのお便り |
# 16は鵜の花奨学生からの手紙 後期-ダナン市

ダナン市の蓮の花奨学生の4人目はトゥオン君です。トゥオン君は、東京の小田昭六・ヤイさまからの奨学金で、零細企業の立ち上げ中です。身体障碍者として身長も1メートルそこそこで、頑張っています。

 

敬愛するのパトロン(訳者りんさん註:後援者のこと)の皆さんへ

 

 皆さんに感謝の気持ちを申し上げるために、この手紙を書きます。皆さんのご支援のおかげで、私は仕事の成果を出すことが出来ました。

       

パトロンの皆さんのご健康とご多幸をお祈りいたします。

ファン・ミン・トゥオン(Phan Minh Thương

 

+++

 

【北村から一言】

 

お手紙ありがとうございました。

この手紙では、小田昭六さまに、トゥオン君の思いは半分しか伝わりません。思いを伝えるのは、やはり言葉です。仕事の成果は、何なのか・・・どうしたから成果がでたのか・・奨学金を出して下さっている方だけでなく、支援をしている人たちにも、励みになることではないでしょうか。

そういうことを考え始めても良い年齢だと思います。

 

「ITはトゥオンに」・・そういう会社を将来立ちあげてください。

 

元気で、8月に会いましょう。

トゥオン君の笑顔を待っています。

 

      愛のベトナム支援隊

           Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:58 | category: 奨学生からのお便り |
# 16蓮の花奨学生からの手紙-ダナン市

ダナンの蓮の花奨学生3人目は、ダン・ホン・アン君です。片目は先天的に失明状態で生まれました。アン君は、東京の山本邦子さんの奨学金を使って勉強しています。

 

 Da Nang,2017年3月10日

Mrs. YAMAMOTO KUNIKO  

支援隊の代表者Mr.KITAMURA

 

 私はダン・ホン・アン(Dang Hong An)と申します。私は元気で過ごしており、情報工学の専門の勉強を続けています。

       

 まず、何年も連続で奨学金を下さり、本当にありがとうございます。ヤマモトクニコさんと愛のベトナム支援隊(キタムラさん)に感謝の気持ちを申し上げます。皆さんのおかげで、私たちはよりよい生活を送ることが出来ます。皆さんのご期待に応えるために、これからも頑張ることをお約束します。

 

 末筆ながら、皆さんとご家族のご健康とご多幸をお祈りいたします。

 私の両親からも皆さんによろしくと申しています。

 

孫のダン・ホン・アン(Đng Hng Ân

 

+++

 

【北村から一言】

 

元気に勉強を続けていることをしり、嬉しく思います。

御両親もお元気ですか?

お母さんは、忙しく働いていらっしゃることでしょう。

生活のため、アン君のために、一筋に働いていることを、常に忘れないで下さい。

 

手紙が、相変わらず短いです。お金を出して下さっているヤマモトさんに、安心していただけるように、喜んでいただけるように、暮らしのこと、勉強の内容、成績などを御報告するのです。

この手紙では、情報工学の何を勉強し、何をめざし、どんなことに苦労しているのかわかりません。

 

感謝の気持ちはかかれていますが、自分の生活のことが全くかかれていません。これではだめです。 もっともっと他人のきもちになってかいてください。手紙は手紙でなくて、報告書です。

 

8月に会う時には、良い知らせを教えて下さい。

ご一家お元気で過ごしてください。

 

きたむら

 

      愛のベトナム支援隊

           Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 10:02 | category: 奨学生からのお便り |
# 16蓮の花奨学生からの手紙-ダナン市

昨日のアクセスは、133でした。うれしいですね。

 

ダナン市の蓮の花奨学生からの手紙の二通目は、ドー・ドゥック・クオック君です。ドー・ドゥック・クオック君は、オーストラリア在住の相澤暢子さんからの奨学金で特別学校で勉学しています。

 

Khue Trung,2017年3月9日

お礼の手紙

 

 アイザワ・ノブコさま 蓮の花奨学金・愛のベトナム支援隊の皆様  御中

 

 私のことを助けていただき、測り知れないほどの愛情をいただき、本当にありがとうございました。

 

 相澤さんと皆さんの支援のおかげで、今日の私になることが出来きました。皆さんのご支援は私にとってプレゼントであり、奨励の言葉です。私はそれらを心にいれて、前の困難を乗り越え、勉強を続けていきます。

 

 相澤さんと皆さんに一番言いたいのは感謝の言葉です。皆さんのご期待に値するために、頑張ります。約束します。

       

 最後に、もう一回申し上げますが、心の底から深くお礼の言葉を申し上げます。

 

 ドー・ドゥック・クオック(Đ Đc Quc

 

++++

 

【北村から一言】

 

お礼の手紙とタイトルを付けたお手紙をありがとうございました。

クオック君は、口数も少ないし、手紙も短いですね。もっと自由に、思い切り自分を表現してほしいと思います。

 

周りを見渡せば、私たちにはしらないことばかりです。奨学金を出して下さっている相澤さんや私たちに、いろいろと教えてください。

 

私たちは、家族のことも知りません。健康のこと、自分の悩みなどもっともっとたくさん書いてください。そういう姿勢は、大事だと思うのです。

 

健康も強そうではないので、元気で頑張ってください。

 

       愛のベトナム支援隊

           Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 08:53 | category: 奨学生からのお便り |
# 16蓮の花奨学生からの手紙-ダナン

今日から、ダナン市の蓮の花奨学生の手紙をご紹介します。リーさんです。もう中学生になります。千葉県の吉田玲子さんからの奨学金で勉強しています。

 

ホア・クイ(Hoa Quy=住所の地名です) ,2017年3月10日

 

敬愛するのおじいさん、おばあさん、

 支援隊のおじいさん、おばあさん、叔父さん、叔母さん、お兄さん、お姉さんとお別れしてからあっという間に半年が経ちましたね。今日はまた皆さんに手紙を書くことが出来ました。

 

 まず、皆さんにご健康のお祝いと感謝の気持ちを申し上げます。今回、奨学金をいただき、本当に光栄です。私が困難を乗り越えるために、今回の奨学金はただ物質的な支援だけではなく、精神的な支援も含まれていると感じます。

 

家族のことですが、普通です。家族は気まぐれに病気になっています。お母さんは家族の生活費をほんの少し支える安い給料で、工員をやっています。

       

しかし、この仕事を見つけるのが難しかったので、給料が少なくても毎日やってきました。しかし、時々お母さんは病気になります。お父さんの健康状態はよくなく、みなささんがご存知ように、一年中病気が続いています。

 

私たちの姉弟は、今年は上級の学校に進学する年ですから、いままでよりももっと圧力が感じられます。

       

 支援隊のおじいさん、おばあさん、叔父さん、叔母さん、お兄さん、お姉さんはいかがお過ごしていますか? お元気ですか? これからも皆さんからご支援を頂ければ、助かります。

 

この間、私も病気になって、入院しました。今はもう大丈夫です。皆さんのご期待に値するように頑張りますので、ご安心ください。

 

このお手紙を通じて、皆さんに「ありがとう」の言葉をお伝えしたいです。近いうちに、ぜひ皆さんにお会いしたいです。最後に、もう一回ですが、皆さんのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

 では、今回の手紙はここまでさせて頂きます。皆さんの便りを楽しみに待っています。

おじいさん、おばあさんの孫、グエン・ティ・リー(Nguyn Th Ly

 

++++

 

【北村から一言】

 

お手紙ありがとう。

入院したあとは、順調にかいふくしていますか? リーちゃんは、やはり1年に1回か2回・・入院しますね。健康には、人以上に注意しましょう。

お母さんが働きにでて、お父さんが家で療養なさっていますので、リーちゃんと弟のムン君とで仲良く、家の仕事を手伝っていきましょう。

勉強しながらでとても、大変でしょうが、お母さんを助け、お父さんに元気になっていただくには、大事なことです。

 

でも、そういう大変な中で勉強して、立派に成長したひとは、数多くいます。困難に負けずに頑張ってください。ムン君と励まし合って、ご両親を助けていってくださいね。

 

8月に会いましょう。

 

      愛のベトナム支援隊

           Love & Support Vietnam
      <本ブログの無断転載・複製を固く禁じます>

| comments(0) | - | 19:15 | category: 奨学生からのお便り |
Comments
Mobile
qrcode
our visitors!
ブログパーツUL5
****books****
Shizuoka Today
your time
Search this site
Sponsored Links